アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

進化の道

進化への道
THE HIGHWAY OF PROGRESS

 

東洋の賢人たちは人間の生き方について道標として用いるのにわるくないと思われる多くの知恵の言葉を後世に残している。
The sages of the Orient left to posterity many words of wisdom that might well act as guide posts along the way of life.

 

中国の諺の中に「千里の旅は一歩から始まる」という意味の言葉がある。
Among the Chinese proverbs is one statement to the effect that "a journey of many miles begins with one step."

 

この頃のように間断なき活動と無数の新発見の行なわれる時代に、また宇宙人とコンタクトしたとか指導を受けているとか称する無数の宗教団体の主張のさなかに、そしてさまざまのうつろいやすい環境のなかにあって、活動はただ一歩で始まるという考えのもとに、右の知恵の言葉をよく味わって自分自身を安定させるのもいいことだ。
In these days of restless activity and innumerable new discoveries, in the babble of uncounted creeds claiming space contacts and guidance, and in the uncertain whirl of diversified circumstances it is well to contemplate this bit of wisdom and stabilize oneself in the thought that action begins with one single step.

 

目標がいかに遠かろうが近かろうが、一時に一歩しか歩めないのだ。
That regardless of how far or how near the goal may be there can be only one step taken at a time.

 

目的の方向に人間を運ぶのは前方か後方ヘの第一歩なのである。
It is the first stride forward or backward that will carry a man in that direction.

 

このことはわれわれの日常生活のあらゆる活動にもあてはまることで、統一された生命を生かすための出発においても全く真実だといえる。
This is true of every act of our daily lives and is just as true in our start to live a unified life.

 

きまりきった古い習慣から自分を脱出させて新しい習慣の道に沿って出発するには、一時にただ一歩だけを必要とするのであるが、しかしその歩みは完全なものでなければならない。
It takes but one step at a time to lift us out of the rut of the old habits and start us on the highway of the new, but that step must be complete;

 

われわれは片足を前方に出したまま片足を古い習慣のなかにとどめておくわけにはゆかない。こんなことでは進歩したことにならないからだ。
we cannot put one foot forward and keep the other in the rut, for in such cases we will have made no progress.

 

しかしこれは多数の人が宇宙的な生命の新鮮さのなかに前進しようとしながらもやっていることである。──”因”の広大さのなかに前進しようとしながら、一方では伝統的な信念や意見などの狭い概念に固執しているのである。
That is what many people are doing in their effort towards moving into the newness of cosmic life ─ trying to go forward into the vastness of Cause while clinging to the limited sense conceptions of traditional belief and opinions.

 

進化の道を歩むには勇気と信念を必要とする。
It takes courage and faith to walk the road of progress;

 

疑い深い人はいつまでも同じ古い習慣のなかにとどまるだろう。
the doubter will remain forever in the same old rut.

 

本人はより大きな知識の方ヘ自分の視力を向けるかもしれないが、自分の立っている地点から自分を解放して一歩を踏み出さないかぎり、いつまでも神秘の夢を見続けるだろう。
He may turn his vision towards greater knowledge but it will remain forever a dream of mystery unless he releases himself from the spot upon which he stands and takes one step forward.

 

かつて故国から船出した先駆者たちが信念と勇気を失い、船を旧世界の港に停泊させたまま、ただ新大陸の夢ばかりを見ながら日を送っていたとすれば、アメリカは今日どんなになっていたことだろう。
What would this country be today if the pioneers who set sail from lands across the sea had lost faith and courage and spent their days merely dreaming of the new land while their ships remained anchored in the ports of the old world?

 

もし少数の人が既知のものと末知のものとのあいだの割れ目に橋をかけようという信念を持たず、その橋に第一歩を踏み出そうという勇気を持たなかったとしたら、人類が恩恵に浴している無数の科学的発見はいまだに”因”の領域にあることだろう。
The thousands of scientific discoveries that have benefited humankind would be still in the realms of Cause if some few men had not had the faith to bridge the gap between the known and the unknown and had the courage to take the first step upon the bridge.

 

われわれが今日楽しんでいる多くの物事は、新しい知覚の領域に突入するほどの勇気を持っていた少数者にその功が帰せられてよい。
The many things that we enjoy today may be laid to the credit of the few who were courageous enough to move forward into new realms of perception.

 

生命の全体のなかヘ足を踏み入れることがわれわれを未踏の世界に運ぶということは真実であるが、もしわれわれがいつも目に見えるもののみの世界にとどまるとすれば、われわれの存在はどんなになることだろう。
It is true that the step into the wholeness of life carries us into the unexplored but what would our existence be if we remained always in the world of the obvious?

 

いかなる問題でもそれを探究することはわれわれを沈滞から知識と進歩ヘ導くのである。
Delving into any subject takes us from stagnation to knowledge and progress.

 

だれもが新しい物事のなかヘ足を踏み入れて、永続的な進歩の学校で研究する特権が与えられているのであるから、崩壊の状態または静止した精神状態のままにある必要はない。
There is no need for any one remaining in the state of disintegration or static mental condition when everyone is privileged to step into the newness of things and study in the school of everlasting advancement.

 

人間が束縛される場所というものは存在しない。
There is no place to which a man is bound;

 

その学校が行為に満ちた世界のなかにあっても、事実に満ちた宇宙のなかにあっても、人間は自由に前進できるのである。
he may go forward freely whether it be in a world of acts or in the universe of facts.

 

静止というものはない。
There is no standing still;

 

人は上か下のいずれかヘ行かねばならないが、上方ヘの歩みこそとるべき正しい行為である。
one must go either up or down, and the upward step is always the proper one to take.

 

さまざまの文書が秘蔵してある地上の知識の貯蔵庫のすべては、宇宙の貯蔵庫内に保存されている知恵の片鱗さえも含んではいない。
All Of the storehouses of earthly knowledge in which various manuscripts are treasured contain not even a beginning of the wisdom that is held within the storehouse of the cosmos.

 

一歩踏み出せば人間は永遠の学習の道に足をのせることができる──制限や束縛を知らない”因”の研究所内にのみ存在するもろもろの事実の絶え間なき発見の道に──。
One step can set a man on the highway of eternal learning - the everlasting revelation of facts that exist only in the laboratory of Cause which knows no limitations or boundaries.

 

しかし、あなたが第一歩を踏み出した後は、あなたの理解力が許す限度以上に急速に旅をしないよう忍耐のレッスンを学ぶことである。
But after you have taken the first step, learn the lesson of patience so you may not try to travel faster than your understanding will permit.

 

一歩であなたはその路上にあるだろうが、前方には無数の歩みがある。あなたがある目標に到達してもなお”永遠”を通じて旅しなければならないからだ。
One step will set you on the highway, but there are billions of steps ahead of you, for after you have reached a goal you still must travel through Eternity.

 

人間は知らなければならぬ物のすべてを知ることはけっしてできない。もしそれができたとすれば万物に終わりがあることになるからだ。
Man can never attain the totality of all that is to be known, for if he could do that there would be an end to all things.

 

これが真実であることがわかっているのに、どうして人々はあせって先頭を切りたがるのだろう。
Knowing that this is true, why be impatient to forge ahead?

 

われわれが踏み出す歩みはいずれも新しく、
Each step we take is new;

 

そして各歩みはその前に到着した地点からみれば、最初の歩みになるのである。
each step is the first one from the point that we have previously reached.

 

理想を持つのはよいことだ。
It is well to have ideals;

 

活動を続けようという刺激を得るために、われわれは前方にある生命の完全さをときどきのぞき見することは許されるが、全く未来にのみ目を向けているならば現在の美をかならず見失うのであり、いばらの畑のなかヘ転げ込んで、のがれ出ようともがきながら大きな苦しみを味わうことになるかもしれない。
we are given glimpses now and then of the fullness of the life ahead of us so that we may be inspired to continue action, but if we keep our eyes totally upon the future we are sure to miss the beauty of the present and we may stumble into a briar patch and endure much suffering while trying to extricate ourselves.

 

大切なのは、若さというものは絶えず新鮮化される想念の結果であるということ、および生命は活動であるということである。それが進化なのだ。
Remember that youth is the result of constantly renewed thoughts and life is activity - it is progress.

 

いかなる達成の分野に第一歩を踏み出してもそれは新しい努力の開始であり、しかもそれは知覚から生まれた確信を必要とする。われわれの現在の視界を超えて存在する広漠さについての確信を必要とするのである。
The first step taken in any field of accomplishment is an initiation into a new endeavor and requires a certainty that is born of perception - an assurance of a vastness that lies beyond our present line of vision.

 

新しい歩みのいずれもが何をもたらすかはあなたにも私にもわからないが、その旅は行なわれねばならない。そして信念のみがわれわれに真実を洩らすのである。
Neither you nor I know what each new step will bring but the journey must be made and only faith will reveal truth to us.

 

地上の生活を通じてわれわれは多くを学んできた。
Through our life on earth we have learned a great deal;

 

しかし”因”の領域ヘと敢然と進むにつれて、これからまたどんなに多くを学ぶことになるだろう。
how much more we shall learn as we venture into the realms of Cause.

 

われわれが結果の世界(現象の世界)でこれまでに知ってきた以上にもっと大きな美を知るだろう。
We shall know much more beauty than we have known in the world of effects.

 

このような知識ヘの到達は困難ではない。ただ一歩の踏み出しそのものが、これまでわれわれにとって未知であった室の錠をはずすカギであることを証し得るのである。
Our admittance to such knowledge is not difficult - just one step can prove itself the key that will unlock the chambers heretofore unknown to us.

 

「明るみに出ない秘密は存在しない」といわれている。
"There is nothing,," we have been told, "that shall not be revealed."

 

心の勇敢な人の視界にとっては、真理は閉ざされることはない。
To the vision of the brave in heart no truth can be concealed.

 

ただ一つの犠牲、すなわち古い習慣的想念の解放が、あなたがこれまで可能だと夢見てきたよりもはるかに大きな報酬をもたらすだろう。
One single sacrifice - the releasement of old thought habits, may bring rewards far greater than you have ever dreamed possible.

 



 




 


「人間は四つの感覚器官を持つ」<< Prev | Next >>「信念」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)