アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

宇宙の言語

宇宙の言語
THE LANGUAGE OF THE COSMOS

 

近年になってこの文明の歴史にかつてないほどの友好精神にたいする大きな気運が生じてきた。
In recent years there has been a greater trend towards the brotherhood of man than ever before in the history of this civilization.

 

ラジオ、テレビなどの出現は世界を共通の関係に結びつけている。
The advent of radio, television, etc., have united the world into a common relationship.

 

異なる国々の人々のあいだの意志交換が楽になるように一つの共通の言語を作る可能性について各国の学者間に多くの討論がなされてきた。
There has been much discussion among the learned men of every nation regarding the possibility of formulating a common language so that intercourse between peoples of different nations may be facilitated.

 

しかし気づいている人はほとんどいないけれども、実は一つの世界共通語が存在しているのである。それは人間の言葉ばかりでなくあらゆる生きものの言葉をも含んだ言語であり、
Although few men are aware of its existence there is a universal language ─ a language which includes not only the expressions of man but that of every living thing;

 

またきわめて簡単であるために新しく生まれた赤ん坊にさえ理解できる言語である。
a language so simple that even a new-born babe can understand.

 

われわれは人間のあいだに一つの世界共通語を作ろうというアイデアをいだいてきた。これはわれわれが人間の音声を理解することができるということに気づいていて、人間の音声なるものは本人の心を通過する想念をわれわれの利益のために説明してくれるためのものと考える習慣を発達させたからである。しかしわれわれの言語単一化の努力においては人間界以外の何ものをも含んではいない。
We have conceived the idea of a universal language among men because we are aware of being able to understand the human voice and have developed the habit of expecting the voice of man to interpret for our benefit the thought which passes through his mind, but we have not included in our efforts of unification any but the man kingdom.

 

一体なぜこうしなくてはいけないのか。さまざまの言語を作り上げている音声(複数)は自然そのものの音声と異なるものではない。
Why should this be so, for are the sounds which make up the various languages so different than those of nature itself?

 

人類の異なる種族がいろいろな音声や音の結合でもって話しているように、
As the different races of men speak with various sounds and combination of sounds;

 

この世の生きもののすべてが同じようにやっているのである。しかしわれわれはその生きものの言語を理解しようとはしない。
each form of life in this world does the same, yet we do not seek to understand them.

 

人間は自分を生命の一面だけに閉じ込めてしまい、宇宙の広大さにたいしてドアーをとざしている。
Man has limited himself to one phase of life and has closed the door upon the vastness of the Cosmos.

 

これは人間が、外界の事物から来る印象を受けるものとして肉体の感覚器官しか認めていないという事実によるものである。
This is due to the fact that he has given recognition only to the mortal senses which gain their impressions from outer things.

 

人間は肉体の感覚器官に刺激を与えるに足りる粗雑な音響のみを聞きとろうとする。そこで全体として宇宙の言語を解釈する能力を失っているのである。
He expects to hear only those sounds that are coarse enough to affect the physical organ of hearing and so he loses the ability to interpret the cosmic language as a whole.

 

この宇宙の言語とは何だろうか。
And what is this cosmic language?

 

それは意識的な感覚なのである。すなわちあらゆる形あるものを通じて話していて、それゆえに”全体”を不可分な一体として結びつけている声なのである。
It is conscious feeling - the voice that speaks through every form arid which, therefore, unites All into an inseparable unit.

 

宇宙にはこの意識的感覚という声でもって人間に話しかけることのできないものは存在しないし、またその言語を理解できないものはなに一つとして存在しない。
There is nothing in the cosmos that cannot speak to man with the voice of conscious feeling and there is not one thing that cannot understand that language.

 

それは最大の物体を通じて話すのと同じくらい明瞭に最小の物体を通じても話しているのである。
It speaks as clearly through the smallest thing as it does through the greatest.

 

あなたは宇宙のあらゆるものと関係がある。
You are related to everything in the cosmos.

 

意識という言語は万物によって話されているので、あなたが絶えずこの事実に気づいているならばあなたにとってあらゆる生きものを理解できる時が来るのである。
The language of consciousness is spoken by all, and if you will be continuously aware of this fact the time will come when you will understand every living thing.

 

樹木に茂る葉、小鳥のさえずり、カエルの鳴き声、ミツバチのうなる音、──すべてがあなたに語りかけるのであり、あなたはいろいろに個別化した径路を通じてあらわれている生命を理解するだろう。
The leaves upon the trees, the chirp of the birds, the croak of the frog, the hum of the bees - all will speak to you and you will understand life as it manifests through each individual channel.

 

最も小さな音響のいずれも人間の声と異ならない声になるだろう。そしてあなたはすべての生きものの意識を感じるだろう。
Every slightest sound will become a voice no different than the voice of another human and you shall partake of the consciousness of each thing that lives.

 

たとえば人はなぜ音楽に感銘を受けるのだろう?
Why is one affected by music, for instance?

 

それは人間が話すような言葉を話しはしないが、あるメロディーは大きな喜びの感情を生み出し、別なメロディーは悲しみの感情を起こさせたりする。また別なメロディーは人を高揚した状態にもする。
It does not speak words as a human speaks and still one melody not speak words as a human speaks and will produce a feeling of great joy, another of sadness, and still another will carry one into a state of exaltation.

 

それは音楽の大家に影響を与えるのと全く同様に、その調和の科学を全然研究したことのない人にも影響を与える。
It effects a person who has never studied the science of harmony just as it affects the one who is a musical master.

 

音楽は世界共通語である。それは”基本的な感覚”を通じて理解されるからである。
Music is a universal language for it is interpreted through the Cardinal Sense of Feeling.

 

なぜ人間は春になると大いに喜ばしくなり、生気溌剌となるのだろう?
Why is one very joyful in the springtime and vibrant with life?

 

また年が明けるとともにホッとするような感じが起こってくるのはなぜだろう?
Why does the feeling of quiet releasement come with the fall of the year?

 

その理由は、自然が宇宙の言語を話しているために、人間はそれに気づいていようがいまいがその言語を理解し、それによって影響を受けるからである。
Because nature speaks the cosmic language and man, though he realizes it or not, understands that language and is affected by it.

 

一つの宇宙的な言語が存在するということが事実でないとすれば、動物を人間の命令どおりに行動させるように訓練することは不可能だろう。
If it were not true that a universal language exists how is it possible to train animals to act according to man s command?

 

ノミのような小さな虫でさえも完全に演技するように訓練することはできるのである。
Even a little insect like the flea can be trained to perform perfectly.

 

これら動物の行為を導くものはたしかに人間の声またはフランス語、英語、スペイン語などで話される言葉などではない。
It is certainly not the human voice or the words spoken in French, English, Spanish or any other tongue that guides their actions;

 

それはいかなる可聴的な言葉よりも明瞭に話されている意識的な感覚という声なのである。
it is the voice of conscious feeling which speaks more clearly than any audible word.

 

宇宙の言語とは音響、光、想念などの波動である。
The language of the cosmos is the vibration or frequency of sound, of light and of thought.

 

それはただ一つの声、すなわち感覚という偉大な声なのである。
It is all one voice - the great voice of feeling.

 

それは雷鳴の大音響でもって話し、またわれわれの最も深い休息の静寂のさなかにおいても話している。
It speaks with deep reverberation in the thunder and it speaks in the silence of our deepest repose.

 

人間の最大の力はこの宇宙の言語を認識することにかかっている。なぜなら、最小の原子のいずれもが人間の話す言語を理解することができるということに人間が気づくとき、人間は大きな確信をもって非個人的に命令することになり、下等な生きもののすべては人間に従うことになるからである。
Man's greatest power lies in his recognition of this cosmic language, for when he realizes that every tiniest atom is able to comprehend the language he speaks he will impersonally command with greater certainty and all lesser forms of life will obey him.

 

人間は大きな達成の高所にまで昇るだろう。人間は最大のものと最小のものを知ることになり、それらを統一された活動に導くことができるからである。
Man, himself, will rise to vaster heights of accomplishment for he will know the greatest and the smallest and can guide them into united action.

 

意識の低次な声の一つである音響という媒体を通じて現れる宇宙の言語について述べてきたが、ここで想念について考えてみよう。
We have spoken about this language as it expresses through the medium of sound, which is one of the lower voices of consciousness, but let us now consider thought.

 

ここでわれわれは一歩高い段を登ったことになる。というのは、この想念伝達の形式を通じてわれわれは時間と空間を排除してきたからである。
Here we have taken a step higher for through this form of communication we have eliminated time and space.

 

想念という媒体を通じてわれわれは数千マイル彼方の人に話しかけることができるし、しかもこの連絡はほとんど瞬時になされるのだ。
Through the medium of thought we are able to speak to another although we are thousands of miles away and the contact is made almost instantaneously.

 

この意志伝達の手段によってわれわれは相手の肉体が睡眠状態にあっても話しかけることができる。
Through this means of transmitting a message we can contact another person even though their body is in the state of sleep.

 

意識的な想念というものは時間、空間、その他の諸条件によって妨げられることなしに働く使者なのである。
Conscious thought is a messenger that works unhampered by time, space or conditions.

 

このような伝達の形式(訳注=テレパシーを意味する)はあてになるものではなくそれはウソだといわれてきた。
It has been said that such form of communication cannot be relied upon but that is untrue.

 

想念が宇宙的な源泉から放射されたにせよ、個人的径路を通じて放射されたにせよ、われわれは意識的な想念の声によって絶えず導かれているのである。
We are being guided constantly by the voice of conscious thought, whether projected from a cosmic source or through a personal channel.

 

意識の声そのものにほかならない個人の直感力なるものにある程度気づいていない人はない。
There is no man who is not to some extent aware of his power of intuition which is nothing more or less than the voice of consciousness.

 

「私と”父”とは一体だ」とキリストが言ったとき、彼は宇宙の言語の完ペきな知識を持っていることを告げたのである。なぜなら”父”は”すべて”であるから、もし彼がそれと交わることができず、自己と”父”との関係を認めることができなかったとすれば、キリストは万物と一体になることはできなかったからである。
When the Christ, made the statement, "I and the Father are one" He was professing absolute knowledge of the cosmic language, for the Father is All and how could the Christ be one with all unless he was able to enter into communion with it and acknowledge his relationship to it.

 

元素の支配においていわゆる奇跡を演じた偉大な人々は、もし彼らがフィーリングという言語を理解せず、あらゆる生きものも同じ知覚力を有しているということに気づかなかったならば、奇跡をなしとげることはできなかったであろう。
The Great Ones who have performed so-called miracles in the controlling of elements could not have done those things if they had not understood the language of feeling and realized that every living thing also possessed the same awareness.

 

人間の直感力、動物の本能、物質の原子の親和力や吸引力などのすべてが、宇宙の言語が存在する証拠である。
Intuition in man, instinct in animal, affinity and attraction of atoms in matter are all evidence of the cosmic language.

 

全太陽系内の最小の波動のいずれも意識の声によって話されている言葉であり、人間の肉体の感覚器官がエネルギーの最小の運動にさえも気づくようにその感覚器官の心に警戒させるならば、本人は自分を”宇宙の知恵の殿堂”から分離させている神秘のベールを取り払うことになるのである。
Every smallest frequency in the whole system is a word spoken by the voice of consciousness and when man has alerted his mortal sense mind to the place where it becomes aware of even the slightest motion of energy he will have torn away the veil of mystery that separates himself from the Cosmic Halls of Wisdom.

 




 




 


「弛緩(リラクセーション)」<< Prev | Next >>「化学的な宇宙」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)