アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

顕在意識と潜在意識

顕在意識と潜在意識
CONSCIOUS AND SUB-CONSCIOUS MIND

 

これまでもそうであったし現在もそうだが、潜在意識の心の状態と機能については広く誤った考えが行なわれている。
There has been, and is, widespread misunderstanding regarding the status and function of the subconscious mind.

 

この知識の欠乏のために多くの人々は人間にとって何ら価値のない秘教などに熱中しているのである。
This lack of knowledge has caused many people to get lost in mysteries which are of no value to humankind.

 

潜在意識の問題については多くの書物や教えがあるけれども、われわれは研究によってそれらが誤っていることがわかっている。
There are books and teachings regarding the subject, which we find by research to be wrong.

 

われわれが普通の活動を制御するために日常応用している知性であるいわゆる顕在意識の心はきわめて気まぐれで弱いのである。
We know that the so-called conscious mind, which is the intellect that we use daily to govern our normal activities, is very fickle and weak.

 

この心は各感覚器官から来る印象を受けてそれ自身の意見を作り上げ、不安、恐怖、その他のやって来る感情の変化を受けやすく、
This mind receives impressions from the senses and formulates its own opinions and is subject to uncertainties, fear, or any emotional change that comes its way.

 

しかもこの心は、過去の出来事の記憶や自分にとって未知の事柄について多くの知識を持っていると思われる(顕在意識の心が何となくそう考えている)潜在意識の心を信じているのである。
This mind gives credit to a sub-conscious mind which it feels possesses memory of past events and a greater knowledge of things unknown to itself.

 

このいわゆる潜在意識の心は実際には常に存在してやまない”宇宙の英知”と、意識において一体なのである。
This so-called subconscious mind is in reality one in consciousness with the ever present Cosmic Intelligence.

 

それは人間の肉体のなかの”魂の心”であり、
It is the Soul mind in the body of man;

 

肉体を建設して支えているものである。
that which built and maintains the body.

 

それは何ものをも恐れないし、個人的な関心の意味で何ものをもえこひいきしない。
It fears nothing and respects nothing in the sense of personal respect.

 

感覚器官の心(顕在意識の心)は陰であり、”魂の心”(潜在意識の心)は陽であって、この二つは一体である。
The sense mind is negative and the All-knowing mind is positive and they are one.

 

そのおのおのの利益を充分に楽しむためには、人間は感覚器官の心を訓練して”魂の心”の命令に従わせなければならない。
In order to enjoy the full benefits of each, man must discipline the sense mind to follow the dictates of the Soul mind.

 

この”魂の心”は感覚器官の心の知覚をときとして超えた活動を引き受けるかわりに印象類を与える。そして感覚器官の心が”魂の心”から受ける印象を完全に実行するまでは、ときどき印象を与えることを続ける。そのために感覚器官の心は正しい活動の体験をわかち持つことができるのである。
This mind gives impressions for action that is sometimes beyond the perception of the sense mind, and will continue to do so from time to time until the sense mind executes the impression perfectly, so that it may partake of the experience of right action.

 

たとえば教師が子供にたいしてある方法で何かをするようにと命じて、子供はそれをやらないで過失を犯したとする。ところが教師が子供にその過失を犯し続けさせるとすれば、子供は行なうようにと命じられた物事をする正しい方法を知るようにならない。
Just as a teacher would tell a child to do something in a certain way and the child did not do it, but made a mistake, if the teacher should allow the child to go on that way, would it ever know the right way of doing that which it was told to do?

 

 

No.

 

そこで教師は子供が正しい方法を知るようになるために、それが正しく行なわれるまで何度も行なうようにと命じる。そうすることによって子供はそれを正しく行なう方法について実際的な経験を持つのである。
Therefore the teacher, in order that the child may know the right way, insists that it be done over and over until it is done right and by so doing the child has the practical experience of how it is done.

 

われわれが自分を意識的な知覚のより広い状態のなかに導き入れるためには、制御力を感覚器官の心から”全知の”意識(魂の心)へ譲渡しなければならない。
To bring ourselves into a broader state of conscious awareness we must transfer the controls from the sense mind to the All Knowing consciousness;

 

そうすることによってわれわれは肉体をその自然の状態に変えるのである。
and by so doing we transform the body into its natural state.

 

われわれが心のなかでいだいている想念はわれわれのほうヘ類似な状態を引き寄せる。
The conscious thoughts that we entertain in our mind draws like conditions unto us.

 

もしわれわれが人間とは何であるかについて意識的な知覚力において広がることを望むならば、すでに役立ってくれた過去の各状態を適当な場所に置いてやらねばならない。そして無限の実体としての広大な理解を持つように進歩しなければならないのである──。
If we wish to expand in conscious awareness of that which we really are we must place the past conditions which have already served us in their proper place, and progress into the vast understanding of a limitless being.

 

人間が何であるかを知ってから、われわれは望むものをしっかりつかみ、望まないものを感覚器官の心から排除しなければならない。
Knowing what we are, we then have to hold fast to that which we want and eliminate from the conscious sense mind that which we do not want.

 

自分が望むものがそのとき所有するのに正しいものであるならば、われわれは必ずそれを入手し得るのである。
We are bound to get results if that which we want is the right thing for us to have at that time.

 

そうでなければ適当な時期に必要なものが手に入るだろう。
Otherwise we will get what we need at the proper time.

 

しかし人間は永遠の法則の働きについて信念と確信を持たねばならない。
But man must have faith and confidence in the workings of the eternal law;

 

もし本人が何らかの疑いを持つならば望ましい状態が実現するのをさえぎることになる。
if he has any doubt he will block the condition from appearing.

 

カラシ種ほどの小さな疑惑があっても物事を実現させない。しかし本人がカラシ種ほどの小さな信念を持つならば、希望する物事は実現するのである。
A doubt as small as a mustard seed will keep it from him, but should he have faith as small as a mustard seed he shall have the desired manifestation.

 

人間は生活の善き物事を望むことにより、そしてそれを持つことができることを知ったからこそ野蛮な状態から現在の文明ヘ進化してきたのである。
Man has risen from the savage state to the present civilization only by wanting the better things of life, knowing that he could have them.

 



 



 


「肉体、心、意識」<< Prev | Next >>「人間は四つの感覚器官を持つ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)