アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

意識とは何か

意識とは何か
WHAT IS CONSCIOUSNESS?

 

意識という言葉は全創造物の基礎であるように思われる。
The term consciousness seems to be the foundation of all creation.

 

それは物質的なものではないが、しかし物質的な形ある物すべての表現を配分しているのである。
It is not a physical thing, yet it measures all expressions of physical forms.

 

それなくしては形あるものは存在し得ないだろう。意識とは生命そのものであるからである。
Without it no form could be or exist for consciousness is life itself.

 

それは諸元素を形ある状態に凝集させる力であり、またその形あるもののなかに知覚と生気とをひき起こす知性ある力なのである。
It is the power which gathers the elements into the formed state and it is the intelligent force which causes awareness and animation within the form.

 

”全包容的な意識”の意識的な知覚は、聖書のなかで”聖霊”と述べられているあのすさまじい力である。
Conscious awareness of the All-Inclusive consciousness is that tremendous power which is referred to in the Scriptures as the Holy Ghost.

 

それは創造されているもののなかに力として宿っている住人であり、その聖霊のならわしである不断の活動によって形あるものの成長を永続させているのである。
It is a dweller, as power, within that which is created, perpetuating the growth of the form by the constant action which is the law of It's being.

 

創世記のなかに記録されている創造の物語では、神が土のチリから人間を作ったと述べている。
The story of creation as recorded in Genesis says that God created man from the dust of the earth;

 

すなわち彫刻家が粘土から美しい像を作るように、神は諸元素から自分の姿に似せて一つの形あるものを作ったのである。
out of the elements He molded a form in His image and likeness as a sculptor creates a beautiful statue out of clay.

 

これを神は英知と力でなし遂げた。そして自分の完成した創造物を見てたいそう喜んだ。そこで神が”生命の息”として形あるものに化身したために、人間は意識的な存在、生ける魂となり、われわれが生命として知っている知的な活動力を持ったのである。
This He did with intelligence and power, and having looked upon His completed form creation He was well pleased, so He incarnated into the form as the Breath of Life and man became a conscious being a living soul, having the power of intelligent action, which we know as life.

 

だから、この知的な力は実際には”宇宙的な全体”なのである。その”宇宙的な全体”の知識の限界はどこにもないからだ。
This intelligent force, then, is actually the Cosmic Whole, for Its limit of knowledge is no where.

 

それは過去、現在、未来にわたって存在するあらゆる物の創造者である。
It is the creator of everything that was, is, and will be.

 

それは人間の魂であるのみならず万物の魂そのものであり、”宇宙の父性・母性原理”なのである。
It is not only the soul of man but the very soul of all things, the Father-Mother principle of the Cosmos.

 

われわれが知るかぎり、意識には始めがなかったし、また終わりもないだろう。それがすべてであり、アルファでありオメガであるように思われるからである。そしてそれは”三位一体”すなわち、
As far as we know consciousness had no beginning and will have no ending for it seems to be all in all, the Alpha and Omega, and is made up of the Trinity;

 

まず力、
first the power;

 

次に英知、
second, the intelligence;

 

それと三番目に、創造された形から成っているのである。
and third, the created form.

 

ヨハネは次のように言っている。「はじめに言葉があった。言葉は神とともにあった。そして言葉は神である」
John tells us - "In the beginning was the Word and the Word was with God and the Word is God."

 

言葉とは何だろうか。
What is a word?

 

それは表現された想念ではないだろうか。
Is it not a thought expressed?

 

そして想念は自己の存在を意識に依存しているのではないだろうか。
And does not thought depend upon consciousness for it's being?

 

そこでわれわれは次のことを認める必要がある。「はじめに意識があった。意識は神とともにあった。そして意識は神である」
Then we must admit that "in the beginning was consciousness and the consciousness was with God and consciousness is God.

 

ふたたび言うと、意識から想念が発したのであるから、結局「はじめに想念があった。想念は神とともにあった。そして想念は神である」ということになる。
Out of consciousness, again, proceeded thought so "in the beginning was thought and thought was with God and thought is God."

 

そして表現されるようになる想念は神とともにあり、しかも神(宇宙の因)であるところの言葉のもとヘ整然としてわれわれを返してくれるのである。
And thought becoming expressed returns us in proper sequence to the Word which is with God and is God.

 

活動を通じてこれら三つの化身は、常に意識のなかに存在しているものを形どおりの具体的な現実の現象として生み出すのである。
(Cosmic Cause) The incarnation of these three through action brings forth manifestation which is concrete realization in form of that which exists always in consciousness.

 

鉱物から”因”の領域に至るあらゆる物は、間断なき意識の活動によって一瞬一瞬変化している。
Everything from the mineral to the Cause kingdom is changed, moment by moment, by the everlasting activity of consciousness.

 

それが進化の道なのである。
It is the avenue of progress;

 

すなわち急速に肉体人間の意識のなかに落ち込んで来て、個人の理解力に応じて用いられるかまたは捨てられるかもしれない多くの概念に満ちた生命の流れなのである。
the stream of life ladened with ideas which drop into the consciousness of mortal man with great rapidity and which may be used or discarded, depending upon the understanding of the individual.

 

意識は魂の言葉を話す。それが魂であるからだ。
Consciousness speaks the language of the Soul, for it is the Soul.

 

この宇宙の言語は音声を発しないが雷鳴のように轟きわたっており、人間にたいしてすさまじい力でもって鳴り響き、人間の内部に存在するもろもろの観念を知覚させる状態を作り出す。──人間が言葉で表現しないとしても自分自身だけは知っていて、そのときでさえも他の人には理解されないかもしれないもろもろの観念を知覚させるのである。
This Cosmic language is soundless, yet it roars with a voice of thunder reverberating with a tremendous force upon the mortal form, producing a state of awareness as to the ideas that lie within him ─ ideas which only he himself knows unless he expresses them in words, and which even then may not be understood by another.

 

意識は万物の実体そのものであるが、それ自体は形なきものである。
Consciousness is the very substance of all forms, yet itself is formless.

 

意識は形あるものの活動の分野においてそれを組み立てる元素の支配者であり管理人である。なぜならこの英知ある力を通じて、形あるものとなる諸元素は意識的となるからである。
It is the ruler and keeper of all elements which compose it in the field of form-action, for through this intelligent force the elements which make the form become conscious.

 

意識は形あるものを作り上げたり崩壊させたりする。しかし意識は生も死も知らない。
It builds form and disintegrates forms yet it knows neither life nor death.

 

意識は静止しているけれどもそれは全能動的な力であり、それによって宇宙は維持されているのである。意識が存在する特定の場所というものはなくそれは至るところに存在する。意識の外には何も存在しないからだ。
It is motionless, yet it is the all-active power by which the cosmos is maintained; placeless, yet it is everywhere for outside of it there is nothing;

 

じっとしているけれども無限の力から成っているのである。
inert yet composed of unlimited power.

 

地球の成長と人類の成長は意識が存在することの実際の証拠または証明書である。
The growth of earth and the growth of man is the actual evidence or testimonial of consciousness.

 

想念自体は意識から成っている。
Thought, itself, is composed of consciousness.

 

天地の万物はこの母性父性原理の子宮のなかで妊まれてきたし、これからも妊まれ続けるだろう。
All things of the heavens and the earth have been and will continue to be conceived in the womb of this mother-father principle.

 

人間は肉体の形となって生まれ、年をとり、そして死滅するけれども、意識は永遠に若いままに存続するのである。
Man was born - into a physical form and will grow old and perish while consciousness remains everlastingly young in existence.

 

人間の息は意識によって配分されている。そして、天とは永遠の魂の意識と地上の人間の意識とのあいだにつるされた人間にほかならない。
One's breath is measured by consciousness, and Heaven is but a man suspended between the Soul consciousness of Eternity and Man*s consciousness of earth.

 

それはバランスのしるしまたは中心なのであり、そこには宇宙の真実の理解が存在するのである。
It is the mark or center of balance where the true understanding of the cosmos exists.

 

意識あるもののいずれもが、英知ある力のこの無限の海のなかの活動の焦点にすぎない。
Each conscious being is but a focal point of action within this great limitless ocean of intelligent force.

 

これら意識の活動の焦点と意識の”全体”とのあいだに分離はない。
There is no separation between any one of these focal points of conscious action and the Wholeness of consciousness.

 

長い時代を通じて意識的意識を意識的に気づくようになった人々はこのことを知っていて、この知識を彼らの日常生活に応用しているのである。
Those who have become consciously aware of concious consciousness through the ages have known this and have used the knowledge in their daily life.

 

彼らは自分自身を無限の意識体として認めていて、それによってその支配者になっている。
They have recognized themselves as the unlimited consciousness and thereby have become the controllers of it.

 

自分を意識ある存在だと主張している普通人は、個人的エゴの発達によって自己の本質と因の意識の理解とにたいして自分を盲目にしており、それゆえに本人は自分に潜在する能力の一パーセントの一〇分の一しかあらわしていないのである。
The average man who claims himself a conscious being has through the development of a personal ego blinded himself to the reality of his being and understanding of cause consciousness so that he is expressing not more than one tenth of one percent of his potential ability.

 

人間の前方に横たわるもろもろの可能性について考えてみることだ。そのとき人間は自分の知覚の領域を拡大しているだろう。
Think of the possibilities ahead of man when he shall have enlarged his field of awareness.

 

万事は神とともに可能になるとわれわれは教えられてきた。
We have been taught that all things are possible with God.

 

神とは意識である。したがって人間は自分が神であるために自分を意識から分離することはできない。
God is consciousness, and man cannot separate himself from consciousness for he is that.

 

ゆえに万事は人間でもって可能となるのではないだろうか。
Are not all things also possible therefore, with man?

 

イエス・キリストはこの無限の拡大性を理解して次のように言った。「私がしたことよりもあなたがたはもっと大きなことをするだろう」
Jesus the Christ understood this unlimited capacity for expansion when he said - "Greater things shall you do than I have done."

 

彼は自分や他人に何らの制約をも加えなかった。
He put no limitations upon himself or upon another.

 

あらゆる元素を支配する力が人間に与えられるのは、万物を通じてあらわれている意識の理解によるのである。
It is through the understanding of the consciousness, which is oneself, expressing through all forms that gives one the power to control all elements.

 

人間は自分自身に活動を起こすように命令できるではないか。
Cannot a being command himself into action?

 

意識はそれ自体の運動を指示できるではないか。
Cannot consciousness direct its own movements?

 

行なうべき力と指示すべき英知とを持つこの大宇宙力は、急速にすぎゆく意識的瞬間のすべてを利用する人ヘ万物を与えてくれる最も寛大な贈与者であるが、わき起こる思考に注意を払わない人の手中にあっては無情な死刑執行人となるのである。
This mighty Cosmic force, with power to do and the intelligence to direct, is the most generous giver of all things to those who utilize every fleeting conscious moment, but it turns a relentless executioner in the hands of those who pay no attention to its gift of ideas.

 



 




 


「知覚と思考」<< Prev | Next >>「肉体、心、意識」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)