アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

自由意志か自己催眠か

自由意志か自己催眠か
FREE WILL OR SELF-HYPNOTISM?

 

この二つの選択権はあなたにある。今日の活動は明日の報いをもたらすからだ。
The choice is yours, for the acts of today bring the rewards of tomorrow.

 

楽しむべき報酬は”因なる英知”によって働かされている諸法則にしたがって生きている人たちに来るのである。──”すべてを創造する生命の原理”に敬意を表する人にだ。そしてこのような敬意は感激性や自己催眠を含むものではない。
Enjoyable rewards will come to those who are living according to the laws set in motion by Cause Intelligence - giving honor to the All-Creative Principle of Life, and such honor does not incorporate the characteristics of emotionalism or self hypnotism.

 

宗教やいわゆる霊的な教えは、大抵の場合、人類の心に真実の悟りをもたらしてはいない。
Religion and so-called spiritual teachings have not, in most cases,, brought true realization to the heart of humanity.

 

これらの宗教団体のなかには儀式のあいだに一時的な淘酔を起こす礼拝や誓いなどを行なっているものもあるが、その行事が終わったあとは、はなはだしい”たるみ”を感じさせる傾向がある。
Some of these organizations practice rituals and affirmations which produce a temporary intoxication during the performance of the rites but tend towards a tremendous "let down" after the service has been completed.

 

出席者のほとんどは世俗的な仕事にかえってから、適者生存の状態が待ちかまえている旧習にたちかえり、こうして人間は兄弟の保護者になるかわりにその兄弟を利用し続けるのである。
Most of the individuals attending, upon returning to their worldly pursuits revert to the old ways where the survival of the fittest attitude takes over, and man continues to take advantage of his brother instead of being his brother's keeper.

 

教会のなかでは自分の欲求にしたがって他人を助けたいと思い、憎悪があったところに愛と解釈される感情がわき起こってくるけれども、教会の外ヘ出ればこのような気持ちは変わってしまう。それが出席した際の行事によって起こされる一種の催眠効果にほかならないことがわかるのである。
In the religious sanctuary the individual feels that he would help any one according to their needs and where hate had been, there arises an emotion that is interpreted as love, but outside of the sanctuary these emotional influences change, which proves that they were nothing more or less than a form of hypnosis induced by the service that he attended.

 

催眠術者が被術者を意のままにしようとするときは、ある物を暗示してそれを相手の心にしっかりと保つように仕向けるのだといっても間違いではないだろう。
Is it not true that when a hypnotist wishes to put a subject under his control he suggests something which he asks him to hold steadily in his mind?

 

被術者がそうするならば本人は催眠術者の意志の犠牲になり、いかなる想念が与えられようともそれに従わさせられることになるのだ。
If the subject does this he becomes the victim of the hypnotist's will and is forced to obey whatever thought is presented to him.

 

術者は被術者に語ることを何でも信じさせることができる。
The hypnotist can make his subject believe anything that he tells him.

 

被術者にリンゴだと暗示してタマネギを食べさせることもできるが、被術者はその相違を見分けることはできない。このことは被術者が意志力ばかりでなく推理力をも失っていることを示している。
He can cause the individual to eat onions thinking that they are apples and he will not discern the difference, which proves that the subject has lost his reasoning as well as his will power.

 

むかしの宗教は右のようなやり方で大衆を支配した。
Religion in the early days held the upper hand over the masses through such actions as this.

 

魂を求める俗人たちは感動的な催眠状態になり、このためにそのような礼拝の方法を行なった抜け目のない人にとってたやすく餌食になったのである。
The Soul-seeking populace were thrown into a state of emotional hypnosis which made them an easy prey to the more clever individuals who perpetrated such methods of worship.

 

あなたはキャンプ・ミーティング(訳註=野外集会。主にメソディスト派の人々の行なう数日にわたる宗教的集会。アメリカで始められた)に出席したことがあるだろうか。この集会では参加者たちは非常に熱狂的な感動の状態におちいるので、ついには催眠状態におちいって正常な意識のあるときには絶対にできないようなことをするのである。
Did you ever attend a camp-meeting where the participants threw themselves into such a high emotional state that they were finally hypnotized into performing things they could never have done when in a normal state of consciousness?

 

この熱狂状態から覚めて、自分が何をしたか知っているかとたずねられると、彼らは知らないと答える。
After coming out of this emotional spell they were asked if they knew what they had done and the answer would be a negative one.

 

彼らが感じていることはただ”聖霊”に支配されたということなのだ。
All that they were conscious of was the fact that the Holy Spirit had them under control.

 

このことは彼らがある影響力のもとにひき込まれ、それが彼らから推理と意志の力を奪ったことを示している。
This proves that they were under an imposed influence which deprived them of their power of reasoning and will.

 

自己喝采しているある新興宗教団体類は、さまざまの方法によって起こされるこの感動催眠を用いている。
Some self-acclaimed Truth Centers are using this emotional hypnosis, induced by various methods.

 

無数の人々がそれによって病気が治癒したことを証言しているが、永久的な治癒または肉体の若返りは、扱われる諸状態の理解を通じて得られねばならない。それにあらゆる行為は意志が自由な意識的な状態にあるままに実行されねばならない。
Innumerable individuals are testifying to healings but permanent healing or the regeneration of the body must be attained through an understanding of the conditions to be dealt with, and the execution of all actions must be taken in a free and conscious state of will.

 

ほんとうの信仰は自己催眠の状態ではなくて知ることであり、個人的な自我の意志を”完全なる英知を持つ因の意志”の導きにまかせることである。
True faith is not a state of self hypnosis, it is a knowing, a willing of the personal ego will to the guidance of the All Intelligent Cause Will.

 

この”意志”とは人間そのものであって、もしこの”意志”が他人によって制限されたり支配されたりするならば、人は、思考し推理する人間として存在することを中止することになる。
The will is the man and if the Will is restricted or held in dominance by another the individual ceases to exist as a thinking, reasoning being.

 

人間は自己の力(複数)を理解して、自分の生活に望ましい結果をもたらすためにこれらの力をコントロールしなければならない。
Man must understand the forces of his being and control those forces to bring about the desired effects in his life.

 

望ましい活動に似た多くの結果が自己催眠によって生み出されることがあるというのは事実だが、本人が催眠状態から正常な心の状態に返っても体験を得た経過に気づいていない。
It is true that many effects similar to the desired actions can be produced through self-hypnosis but when the person has returned to his normal state of mind he is unaware of the process by which he gained the experience.

 

だからそれは本人のためにはならない。なぜなら本人はその特殊な体験にふたたび出くわすことはけっしてないからだ。そして本人は自分の意志を弱めてしまったのである。
It therefore does not benefit him for he is never able to contact that particular experience again, and he has weakened his will.

 

”意志”は人間の支配要素である。個別化された意識を人間または野獣、神または悪魔にする要素だ。
The Will is the controlling element of man's being - the element that makes the individualized consciousness a man or a beast, god or devil.

 

いかなる努力において成功するにしても、それは自己催眠によるのではなくてセルフ・コントロールによるのである。
Success in any endeavor comes not through self-hypnosis but through self-control.

 

常道から踏みはずれた意志は、あらゆる肉体の苦痛の原因となるが、その苦病は催眠術的な方法などによるたんなる意志の抑圧によってはいつまでも減少されない。
The perverted will is the cause of all mortal suffering but that suffering cannot be permanently lessened by a mere suppression of the will through any form of hypnosis.

 

意志と理解力が奉仕と達成の価値ある生活を生み出すように結合されなければならない。
The will and understanding must be united to produce a worthwhile life of service and accomplishment.

 

感動というものはきわめて容易に幻想的な結果を生み出し、個人を一時的な恍惚状態に高揚させるのであるが、それは肉体の若返り、または生命と宇宙の全包容的な理解に必要な”因の意志”にエゴの意志を転換することなどを実現させるものではない。
Emotionalism can very easily produce illusionary effects and lift an individual into a temporary state of ecstacy but it will never bring about the regeneration of the mortal body or the changing of the ego-will to the cause-will which is necessary for an all-inclusive understanding of life and the cosmos.

 

羊小屋に入る道はただ一つ。それは理解の分野において意識的な知覚力を広げることと、意志を弱めるかわりに意志の系統的な訓練をすることなどによるのである。
There is but one way into the sheepfold and that is through the expansion of conscious awareness in the field of understanding and a systematic training of the will rather than the deadening of the will.

 

キリストは言った。「肉体を斬る者を恐れないで、魂を斬る者を恐れよ」
The Christ said, "Fear not the man that slays the body but fear the man that slays the soul."

 

この個別化された魂とは人間の推理力と意志の力である。
This individualized soul is the reasoning and will-power of man.

 

新鮮さ、絶え間なき活動、想念の発達、思考の転換などは人閲に生活の歩調を続けさせる。
Newness, constant action, progression of thought, substitution and replacement of ideas keeps one in pace with life.

 

あなたが宇宙について広い理解を求めようとするならば、あなたは肯定したり否定したりする必要はなく、ただ自分自身と他人の改良のためという理由のもとに、あなたの感情の力を応用することだ。
If you seek a broader understanding of the cosmos you need not affirm or deny but use your emotional power with reason for the betterment of yourself and others.

 

感情の奴隷となるかわりに自分の感情をコントロールするのだ。一時的な自己催眠にすぎない、コントロールされない感情は罪の原因となる。
Control your emotions instead of being a slave to them, for uncontrolled emotion which is temporary self-hypnosis is the cause of crime.

 

あなたは同胞の生命を奪うようなことはけっしてしないだろうが、もし自己催眠にふけるならば自分の魂を殺すという罪をおかすことになるのである。
You may never take the life of a fellow-being but if you indulge in self-hypnosis you will be guilty of killing your own soul.

 



 




 


「感情のバランス」<< Prev | Next >>「弛緩(リラクセーション)」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)