アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

名称

名称
THE NAME

 

”言葉”は不変であり、すべてであり、完全である。
The Word is changeless, whole and complete.

 

”名称”は”言葉”を具体化させたものである。すなわち”言葉”の広大さを多くの部分に分割し、そのあらゆる部分に所と形を与え、聴きとれる状態で発声できる力をそれに与えている。
The Name personifies the Word - divides Its vastness into many parts, gives place and form to each and every part and power of utterance in an auditory state.

 

地球と呼ばれる旋回する物質のかたまりは人間の肉体の耳にとって偉大な名称である。なぜなら、その表面で人類は進化し、本来の名のなき”物”の”名称”を語るために言語を習得していて、しかも地球は”宇宙”の内部でふたたび結合しようとして変化をし、いつかは消滅するからである。
The whirling mass of substance called the Earth is to the mortal ears a mighty name, for on its surface humankind evolves and learns a tongue with which to speak the Name of That which in Itself is nameless, yet Earth shall change and pass away in Time, to reunite within the Cosmos.

 

”言葉”は常に存在してきたし、未来にも常に存在するだろうが、”名称”には始めと終わりとがある。
The Word has always been, will always be, the Name has a beginning and an ending.

 

”言葉”は決して”名称”を生み出すことはしなかったし、未来においても生み出さないだろう。というわけは、このような行為においてはその無限性と永遠の”本源”の状態とを失うからである。
The Word has never given forth a Name and never shall, for in such act would lose its endless and eternal state of Being.

 

しかし自由意志と力とを与えられて、深い睡眠におちいって死の夢を夢見ている”人間”は、その目覚めの瞬間に活動を分類して意識と形あるものに名称を与えてきた。
But Man, to whom free-will and power was given, who slumbers deep and dreams his mortal dreams, has in his waking moments labelled action and given name to consciousness and form.

 

人間の目は最初は死の眠りでかすんでいた。
His eyes at first were dim with mortal slumber;

 

人間は眠りのもやを通してただぼんやりと見ただけであり、神の物質を形あるものに作り上げている振動(複数)の最も粗いものを感じたにすぎなかったが、しかし未来の目覚めの状態に至るために、各物体の記憶を保とうとして、それらの振動に名称をつけたのである。なぜなら、このような手段によってのみ人間は”宇宙の全体性”の認識に到達し得るからである。
he saw but vaguely through the mist of sleep, and only felt the coarsest of frequencies that shaped the holy substance into form, but those he named so he might build a memory of parts to guide his future waking states, for only by such means can he evolve to recognition of Cosmic Allness.

 

人間が出くわす物についての人間の知覚は少しずつ広がってゆき、人間の視力はしだいに明瞭になって、ついにはその意識的な知覚力は”名称”の背後にある超越的な”因”を見るのである。
Little by little man's awareness of that which he encounters expands, and clearer grows his vision till at last his conscious awareness be holds the transcendent Cause behind the Name.

 

”言葉の力”の充満した”基本的な実体”から、”因”の現象化された物が生み出されている。
Out of the Primal Essence has come forth, charged with the Power of the Word, the manifested utterance of Cause.

 

惑星群、もろもろの世界、月、星々や太陽、葉の茂った樹木、さえずる小鳥や雨、けもの類、はいまわる爬虫類や露など、すべてがそれ自身の言語で”言葉”をあらわしているのである。
The planets, worlds, the moon, the stars and suns, the leafing trees, the song bird and the rain, the beasts, the crawling reptiles and the dew, each in its own tongue expresses the Word.

 

しかし人間は各物体に”名称”を与えてきた。そして人間の注意が向けられるのはそこなのである。
But man has given unto each a Name and it is there that his attention lies.

 

現象が人間の”神”となってしまい、そして、本来名のないもので静寂にして見えないものでありながら、しかも名づけられたものすべてを存在させている”言葉”よりも上位に”名称”を置いてきたのである。
Manifestation has become his God and he has placed the Name above the Word, which nameless is and silent and unseen yet causes all the named things to be.

 


 



 


「言葉」<< Prev | Next >>「相関性」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)