アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

リンゴの木の寓話

リンゴの木の寓話
THE PARABLE OF THE APPLE TREE

 

暑い夜だった。その談合はごく楽しかったので、夜の華麗さなどは問題ではなかった。私たちはロサンゼルス郊外のある家の中庭でくつろいでいた。
It was a warm evening, the discussion which for me was all absorbing overshadowed the beauty of the night, as we relaxed in a patio in suburban Los Angeles.

 

ファーコンと他の一人の紳士が、この地球上に住んでいる異星人の家ヘ私を案内してくれたのである(訳註=ファーコンとは新アダムスキー全集第一巻『第2惑星からの地球訪間者』に出てくる火星人)。
Firkon and another gentleman had brought me to the home of some of their people who are living here.

 

ファーコンは私に話しかけた。「私たちはあなたがマスターと呼んでいる”人”にあなたを会わせようと計画していたのですが──私たちはその方を”賢者”と呼んでいます──、その計画は実現不可能となりましたので、人々に伝えるようにと次のような寓話をその方からことづかってきました。
Firkon addressing me said, "'We had planned to have you meet the One you call the Master, who we call the Wise One, but as those plans were not possible to carry through, He asked me to give you this parable to be shared with the people.

 

リンゴの木は創造と再生の象徴として見事に役立っています。
"The apple tree lends itself very nicely as a symbol of creation and re-creation.

 

リンゴの実の親である木は種子からはじまりますが、種子の内部には『リンゴの木になれ』とせきたてる宇宙的な衝動があります。
The tree as a parent for the apple started from a seed within whose heart was the cosmic urge to express.

 

母なる大地の胸の中から種子は美しい、実のなる樹木に成長し、その木は実を生じる可能性をいっぱいにあらわしています。
"From the bosom of mother earth the seed grows to a beautiful and productive tree expressing its full potential in bringing forth fruit.

 

季節にしたがって、柔らかな新しい葉が成熟し、優美な花が誇らしげにその色を見せ、芳香は花粉を引き寄せます。個々のリンゴの実の成長には雨風を必要とします。
According to the seasons, tender new leaves grow into maturity, delicate blossoms proudly display their color and fragrance attracting pollen and the elements required for the growth of the individual apples.

 

再生の種子を含んだ果実が、その目的を達成することができるように、花々はゆっくりとその美しさを放ちます。
Slowly the blossoms release their beauty that the fruit bearing the re-creative seed may fulfill its purpose.

 

実が充分に熟したとき、それは木からもぎ取られるかまたは地面に落ちます。こうしてそれは親から離れるわけです。
"When the fruit is fully mature it is either picked from the tree, or it drops to the ground - thus it is separated from the parent.

 

もしリンゴが人間と同様なものだとすれば、自身の美しさと自由意志とを喜び誇り、結果の(現象の)世界のなかだけでエゴを発達させて”因なる親”を忘れてしまうでしょう。
If the apple were like man it would exult in its own beauty and free-will, developing the self ego in the world of effects only, forgetful of the Cause parent.

 

人間は自分の内に満ちている力を体験していません。”因なる親”を忘れているからです。
"Man has not experienced the full potential of his being, for he too is forgetful of his cause parent.

 

その結果、永遠に価値のあるものを求めながら結果(現象)の迷路のなかにさまよっています。
As a result he wanders in a maze of effects, ever searching for that which has lasting value.

 

最小の実体または知性といえども、それが失われたり不活動になったりすることはないので、そのために”父”の家ヘ帰る無数の機会が人間に与えられています。
"Untold opportunities are granted to man to return to his Father's household for there is no smallest part of essence or intelligence that is lost or is not ever active.

 

肉体という衣服が他の場所で活動を続けるために生命の炎を放ってしまうとき(訳註=肉体が死んだとき)、細胞の知性は肉体の諸元素を元のチリに変えるのに多忙をきわめています。
"When the garment known as the body releases the flame of life to continue its activities elsewhere, the cell intelligence is busy changing the elements of the body into the dust from whence they came.

 

しかし”宇宙の英知”の炎は更新されたエネルギーを注ぎ込む新しい容器(訳註=別な肉体)を発見しています。
But the flame of Cosmic Intelligence has found a new vessel which contains renewed energy, in which to express.

 

こうして物体個々にたいして、奉仕と理解の高次な状態に進化するための機会が絶えず与えられているのです」
Thereby continually granting to individualized portions of matter the opportunity to evolve to a higher state of service and understanding."

 

ファーコンは続けた。「前にお話ししましたように、あなたがたが聖書と呼んでいる記録の書には、いま話した法則が述べてあります。イエス・キリストはかたわらの十宇架上の罪人に次のように言ったではありませんか。『よく言っておくが、あなたは今日私と一緒にパラダイスにいるであろう』
Firkon continued, "As we have told you before, your book of records that you call the Holy Bible, contains these laws that we tell you of, for did not Jesus the Christ say to the thief on the cross beside His, 'Verily I say unto thee, Today shalt thou be with me in paradise.'?

 

これは罪人が即時に生まれ変わることを意味した言葉です。
Therein expressing immediate rebirth.

 

明日あなたは、かつてこの地上であなたの妻であった人に会う特権が与えられます。
"Tomorrow you will be privileged to meet the one that you have known as your earthly wife.

 

その女性はいま金星で少女として生活しています。
She is now a young woman living on Venus.

 

彼女はあなたをかつての夫としてではなく、宇宙の兄弟として認めるでしょう。
She will not recognize you as her husband, but rather as a Cosmic brother.

 

彼女はこの地球上ですごした生活を思い出すことを望んではいません。現在の金星での生活には利己的な関心の束縛がないからです」
Neither will she wish to be reminded of her life upon earth, for her present life is free from the bondage of self and self interests."

 

次の日にこの約束は果たされた。
On the following day this promise was fulfilled.

 

それは私がけっして忘れることのできない体験であり、また人間は決して死なないという生きた証拠でもあった(訳註=この驚くべき体験は新アダムスキー全集第五巻『金星・土星探訪記』の中の第1編『金星旅行記』に詳述してある)。
It was an experience that I shall never forget and proof positive that we never die.

 



 



 


「過去の文明」<< Prev | Next >>「おわりに(結論)」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)