アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

相関性

相関性
RELATIVITY

 

物質は”言葉”から起こった”因の鼓動”の結果としてあらわれている。
Matter manifests as an effect of the Cause impulse that rises from the Word.

 

静かな水面の中心に落とされた小石が静止した全水面に振動を伝えて最先端の範囲にまで運動をおよぼすのと同様に、”基本的な物質”が”宇宙の鼓動”によって振動させられたのである。
As a pebble dropped in the center of a still pool will send an impulse through the whole clear mass and stir its farthest boundaries into motion, so was the Primal Substance caused to vibrate by the Cosmic Impulse.

 

そして、中心に最も近いさざ波が最先端のさざ波よりも精妙であるのと同じく、”創造”の中心に近い物質が先端の物質よりも精妙である。
And as the nearest wavelets are finer than those at the ultimate extreme so is the substance close to the heart of Creation finer than that upon the outer edge.

 

物質の領域のなかにあらわれた”言葉”の各鼓動は、基本的な運動または集中化した鼓動を通じて存在物の形ある状態に発展しており、その鼓動からより大きな運動が生まれて、より大きな目に見える状態になっている。
Each impulse of the Word that has manifested in the realms of matter has evolved into its formed state of being through a primal motion or centralized impulse, out of which grew a heavier motion, swelling to greater perceptibility.

 

その基本的な振動はいささかもエネルギーを失うことなくして展開するのである。
The primal frequency goes into expansion without the smallest loss of energy.

 

静止した水面に起こされた最初の波は、進行しながら次の波にその力と生気とを与えることをわれわれは知っている。
We know that in the pool of clearest water the first wave that was started, in its passing, gave to the next its force and animation.

 

そしてそれは順次に次々と水の分子に付加された運動をわかち与える。
And that, in turn, imparted added motion unto the following molecules of water.

 

全質量の一体化なくして各分子は基本的な活動を知ることはできない。
Without the unity of the whole mass no particle could know the primal action.

 

宇宙は、水面の中心から律動的な運動が溢れ出る水溜りのようなものである。それは静かな広漠たる意識の海であって、その表面に無数の波動がわき起こるのである。
The cosmos is like unto the pool from out whose center flows the rhythmic motion - it is the clear calm sea of undivided consciousness upon whose surface there arises innumerable wavelets of vibration.

 

各物体は順次に同じ波動を含む。すなわち一つの基本的鼓動で始まって運動する無数の物体に発展するのである。
Each form, in turn, contains the same - beginning with one basic impulse evolving to countless particles of motion, each one attuned unto the primal urge.

 

再度述べると、活動の微小な中心点のいずれも運動の”大いなる中心”の子孫なのである。
Again, each tiny central point of action is offspring of the Great Heart of motion.

 

肉体人間の理解力にとっては、これらの無数の活動物体は地上の種々の世界における分離した物として知覚される。
To the understanding of the mortal man these countless points of action are perceived as separate entities within the varied kingdoms.

 

地上で人間は自己が見る密度の高い物質に鉱物という名称を与えている。
Upon the earth man gives the name of mineral unto the denser substance that he sees;

 

少し高度になると植物となり、さらに動物や家畜がその上に来て、次に”全体”を各部分に分割して本来は線などのないところヘ一線を引いている人間の意識の番となる。なぜなら”宇宙”全体を通じて”基本的な鼓動”が自ら化身し、ちょうど水面のさざ波がより大きなものを作り出すために自らを引き渡すのと同様に、地上のあらゆる世界の現象化した物体のすべては、自ら解放して進化してゆくからである。
a little higher is the vegetable, and then there comes the animal and fowl, which leads up to the consciousness of man who separates the Allness into parts and draws a line where no such line could be, for through the whole vastness of the Cosmos the Primal Impulse incarnates itself and as the ripple in the pool gave up itself to create something greater, so does each manifested form of each kingdom release itself into evolvement.

 

無数の鉱物はその鼓動を植物に伝え、次いで植物はより高次な動物の肉体の意識にエネルギーを伝える。
The innumerable minerals give up their impulse to plant life, the plant, in turn, releases energy unto the higher consciousness of flesh.

 

自分だけで生き得るものは存在しないし、いかにわずかなエネルギーといえども破壊されることはない。
There is nothing that can live alone, nor any spark of energy destroyed.

 

あらゆる鼓動は生きていて、永遠に活動し、物体ヘ通過して、その通過の途中にすべての物質を感情で満たし、”実体の海”にさざ波を作り出すのである。
All impulse lives and acts eternally, passing from form to form and in its passing charges all substance with emotion and creates ripples on the Sea of Being.

 

物質は進化の過程にあり、
Substance is in the process of evolvement;

 

意識は表現の過程にある。
consciousness, in the process of expression.

 

広大な音階を上下しながら力は急速に運動して現象化し、物質の一分子に触れてから次に他の分子に触れる。すなわち二つまたはそれ以上を混合して和音とするが、それはちょうど人間の各指がハープの無言の弦から楽音を作り出すのと同様である。
up and down the vast scale the force moves rapidly into expression, touching one particle of matter, then another - blending the two or more into a chord of harmony, just as the fingers of a man pluck music from the mute strings of his harp.

 

完全なメロディーを作り出すためには、各弦を何度も弾いて新しい音色の種々の結合を生み出さなければならない。
To produce a perfect melody the strings must be set in motion many, many times, making new tonal combinations - now soft and low, now rising to crescendo;

 

ときに柔らかく低く、ときにはしだいに強くなり、一時はもの狂おしいリズムと化し、次いでためらいがちな低い調子に変化する。あらゆる弦はメロディーのなかで生かされるための演奏者の弾弦を持っている。
one time in rapturous swinging rhythm, then changing to a lingering minor key - all strings awaiting the touch that stirs them to life within the melody.

 

各弦は”歌”全体にとって欠くべからざる存在なのである。
Each string is vital to the total Song.

 

”創造の欲”もこれも同様だ。すなわち物質の各原子は永遠に利用されていて、ときにはバラの茂みまたは樹木を作りあげるし、
So it is with the Song of Creation - each atom of substance is used eternally, now making up a rose bush or a tree;

 

ときには人体内で混ざり合い、ときには猛獣の体内に存在する。
now mingling within man, now in the beast;

 

低下して物体となれば、次にふたたび昇華して不可視なものとなる。
descending into form and then once more ascending to invisibility;

 

火、水、土、空気とか人間が知り得る以上に精妙なエーテルなどとなってあらわれる。
expressing through fire, water, earth and air, and ether finer than man can know;

 

石を作り出す粗雑な鼓動から光速以上の高次な運動に至るまで利用され、
from the coarse pulsation that produces stone to a motion higher than the speed of light;

 

そして放射線から振動と化してふたたび”基本的な本体”の運動に帰っていく。
from radiation down into vibration and back again the Primal Essence moves.

 

形なきものから最も密度の高い物質と化し、ふたたび高次な状態に帰りながら、各原子は他の万物に関係し、協力しながら位置を変えてゆくのである。
From the formless into densest matter and back again into the higher state, each atom relative unto all others, cooperating and exchanging places.

 

”宇宙”のなかには破壊はなく、絶え間なき活動による新しさだけがある。
Within the Cosmos there is no destruction but only newness by a ceaseless action;

 

あらゆる物質は変化し変形する。
all substance changing and transmuting but never for an instant's time witholding.

 

束の間といえども静止することはない。模様と形という終わりなき装いのもとに、永遠のすばらしい絵画が展開しながら形なきものから形あるものヘと変化するのである。
In an endless array of patterns and designs from formless into formed in unfolding the wondrous picture of eternity.

 

意識の活動の法則以上に大いなる法則はない。その法則にたいして絶え間なき”創造”が依存しているからである。
There is no greater law than that of conscious action, for upon it rests continuous Creation.

 

自らに従って行動するエネルギーは時間と空間とを生み出し、物体と呼ばれる状態の概念を起こさせるところの”宇宙”の相関的な諸元素を生み出している。
Energy acting upon itself gives birth to time and space, the relative elements of the Cosmos that cause conception of the state called form.

 

各物体は幾分か他の物体に依存し、そして共通の一つの根源にさかのぼるのである。
Each thing depends in part upon another and may be traced back to a common source.

 



 




 


「名称」<< Prev | Next >>「知覚と思考」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)