アダムスキー「宇宙哲学」 対訳

化学的な宇宙

化学的な宇宙
THE CHEMICAL UNIVERSE

 

われわれが観察する物の波動に警戒的になるならば、この世には宇宙の言語を話さないものはなく、宇宙の秘密を洩らさないものはない。
There is nothing in this world that does not speak the universal language and reveal the secrets of the Cosmos if we are alerted to the frequency of that which we observe.

 

われわれが宇宙の理解を得ることができるのは、われわれのこの小さな世界を通じてこそできるのであり、このような知識が得られるのは、大地、空気、その他地上のさまざまの形あるものを構成している諸要素に関して、不断の探究を続けることによるのである。
It is through this small world of ours that we can gain our understanding of the cosmos, and such knowledge can come through unceasing research regarding the elements which compose our earth, atmosphere, and the various forms upon the earth.

 

宇宙は常に活動し変化している。科学的な問題について一般の素人が興味を持たなくても、一瞬一瞬自己の周囲に行なわれているその絶え間のない活動を意識していない人はこの世にいない。
The Cosmos is ever active, constantly changing, and regardless of how little interest the average layman has in scientific subjects there is not one individual in the world who is not conscious of that ceaseless activity which is going on about him every moment.

 

草花や樹木の成長、降雨や降雪、液体の蒸発、熱の影響下の金属の膨張および低温下の収縮、植物性物質の溌酵、無機物の酸化など、形あるものの絶え間なき構成と崩壊に、最も観察力のない人でさえも注意しないわけにはゆかないだろう。
The growth of flowers and trees, the falling of rain and snow, the evaporation of liquids, the expansion of metals under the influence of heat and their contraction under cold, the fermentation of vegetable matter, the oxidation of minerals, the perpetual construction and disintegration of forms cannot possibly escape the attention of even the least observant of men.

 

もしわれわれが燃える丸太から立ちのぼるガス類や、火が燃えつきたあとで残った灰などのすべてを注意深く集めることができたならば、その変形の過程において失われた物は何もないことに気づくだろう。
If we were to carefully gather all the gases that rise from a burning log and the ashes that were left after the fire had done its work we would find that nothing had been lost in the process of transmutation.

 

完全な破壊というものは存在しないのだ。
There is no such thing as total destruction.

 

宗教家はこの変化する現象のすべてを多少とも無関心に眺めて、それを”神の業”と名付け、そのうわべだけで価値を認めるが、科学者は外観を紹えて突き進み、全体として生命は不断の化学作用の結果であることや、”原因”の知識ということになれば化学こそ生と死、創造と改造、歓喜と苦痛などにたいして勝利を握っているという興味ある啓発的な事実を明らかにした。
The religionist looks more or less indifferently upon all of this changing phenomena, labels it the "work of God" and accepts at its surface value but the men of science have gone beyond the surface and uncovered the interesting and illuminating fact that life as a whole is the effect of an eternal process of chemicalization and that in the knowledge of Cause chemistry lies the victory over life and death, creation and recreation, joy and pain.

 

宇宙は巨大な化学研究所以外の何ものでもなく、その内部では現象界の無数の形態を作り出すために諸元素が絶えず結合している。
The universe is nothing more or less than an immense chemical laboratory in which elements are combining constantly to produce the innumerable forms of expression or manifestation.

 

水、火、土、空気および大気圏外の想像のできない精妙なエーテル類などは、すべて化学的な合成物である。
The water, fire, earth, air, and the inconceivably fine ethers above the atmosphere of the earth are all chemical compositions.

 

光と暗黒、愛情や恐怖などもすべて化学的な反応なのである。
Light and darkness, love and fear are all chemical reactions.

 

人間の想念でさえも化学的な構成によるものである。
Even our thoughts are of chemical composition.

 

われわれの肉体が無数の化学物質で構成されていることは誰もよく知っている。
We are well aware that our bodies are composed of numerous chemicals;

 

またわれわれはある意識的な想念が充満しない限り肉体が活動しないことも知っている。
we are also aware that our bodies will not act except when permeated with a conscious thought.

 

人間が無意識の状態にあればその肉体は活動しない。
When a man is in a state of unconsciousness his body is inactive.

 

肉体の各器官は、その器官を構成している細胞間に起こる微小な化学反応によって作用し続けるということは事実であるが、それさえも際限なく続きはしない。
It is true that the organs of the body continue to function due to the slight chemical reaction which takes place between the composing cells of the structure but even this will not continue indefinitely.

 

いかなる肉体の運動といえどもその肉体を構成している諸元素の化学反応なくして起こることはない。エネルギーを生み出すためには化学反応を必要とするからである。
The movement of any body will not take place without a chemical reaction of the elements composing the body, for it takes chemical reaction to produce energy.

 

潜在する力は物質の各原子のなかの、”父母性化学物質”として存在するが、あらゆる形態物の活動にとって必要な運動のエネルギーとして知られるものを生み出すのはこれら諸元素の反応なのである。
Potential force exists as the Father-Mother Chemical within each atom of matter but it is the reaction of these elements that produces what is known as kinetic energy which is necessary to the service of any form-action.

 

異なる化学物質だけが化学反応を生み出すのであるから、想念が肉体の活動にとって必要であるという事実は、想念自体が化学物質であることを意味することになる。
Only another chemical will produce chemical reaction and the fact that thought is necessary to the action of the body means, then, that thought itself is chemical.

 

たとえば、だれかが心のおだやかな状態にある場合、本人は食物を食べることができ、その肉体はいささかの対抗的な反応も起こすことなく無機物を消化するが、上等な食事をとりながらその肉体のなかヘ憎悪または恐怖などの激しく集中化された想念をとり入れるならば、化学物質の反応の結果、ただちに医師かまたはかなりの量の重炭酸ソーダを必要とするだろう。
For instance, when a person is in a peaceful state of mind he can partake of food and his body will assimilate the minerals without the least opposing reaction, but eat a good meal and then take into the body a highly concentrated thought of hatred or fear ─ the reaction of the chemicals will very soon demand either the doctor or a good dose of bicarbonate of soda.

 

恐怖、憎悪、利己主義、羨望などは、それが肉体内の化学物質と混ざるとき、激しい反応を生み出す要素となるのである。
Fear, hate, selfishness, envy, etc., are elements which produce violent reactions when incorporated with the chemical contents of the body.

 

化学的な燃焼以外の何ものでもない発作的な怒りは驚くほど肉体を破壊し、苦痛として知られるものを生み出すのである。
A fit of anger, which is nothing more or less than a chemical combustion, will tear down the body structure to a surprising degree and produce what is known as pain.

 

科学者が研究室内で何かの元素類を親和の法則に従って化合させて調和した結果を作り出すならば本人は報われるけれども、もし誤った化学物質を混ぜ合わせると自分自身を粉々にするかもしれない。
If the scientist in his laboratory combines certain elements according to the law of affinity and produces a harmonious result he is rewarded, but if he mixes the wrong chemicals he may blow himself to bits.

 

火のなかに入れられた丸太がその目的を果たしてその元素類は変化しても破壊されないのと同様に、いかなる形態物といえども元の元素類は永遠に存在するのである。
Just as logs placed upon a fire serve their purpose and their elements are changed but not destroyed, the original elements of any form are eternal.

 

水の存在していた場所はかわくだろうが、その液体を構成していた水素と酸素はいつまでも存在し続けて、いつか物体にたち返るかもしれない。
A place where water has been may become dry but the hydrogen and oxygen which compose the liquid go on forever and may at any time return into form.

 

人間の個性を生み出すのは化学物質の作用と反作用なのであって、そのためにこそ個性は常に変化していなければならないのであるが元の各元素の総計である魂は同じままであって、破壊されることなく永遠に生き続けるのである。
It is the action and reaction of chemicals that produce the personality which consequently must be ever changing, but the soul which is the sum total of the original elements remains forever the same ─ indestructible and eternal.

 



 



 


「宇宙の言語」<< Prev | Next >>「古代の知恵か現代の進化か」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀の宇宙哲学」より)
[英語原文] COSMIC PHILOSOPHY by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)