アダムスキー「生命の科学」 レクチャー2 対訳

感覚器官の訓練法

感覚器官の訓練法
DISCIPLINE OF THE SENSES

 

 

どうすれば各感覚器官を訓練できるでしょう?
How is one to discipline the senses?

 

視覚は意識の一結果であるのですが、もろもろの結果(現象)に自身をゆだねているその視覚なるものは、自分の見る現象の背後にある原因をめったに探究しようとはしません。
The sense of sight which guides itself by effects, as it is an effect of consciousness, seldom takes the time to study the cause back of what it sees.

 

しかしこれまでにあなたが第一講を充分に学びとっていれば、当然、各形態物が創造された目的を知ろうという願望が起こるはずです。
And by now if you have learned the first lesson well, there should be a desire to know the purpose for which each form has been created.

 

そしてこれは、第二の視覚すなわち意識という視覚でもって結果(現象)がながめられるときに心へ漏らされます。
And this can be revealed to the mind when an effect is viewed with the second sight, so to speak, or with the sight of consciousness.

 

 

And as stated before ― single sighted.

 

 

教室にいる子供がよい例です。
A child in a class room is a good example.

 

すぐれた生徒は授業時間中に自分の意見を持たないで教師の指導に従います。
A good student follows the instructions of the teacher without having any opinions of his own during the time that the lessons are being given.

 

あとで本人はその授業の内容が正しいか、生活のどの部分にあてはまるかを知るために、与えられた知識を調べます。
After this he tests the information given to see if it is correct and where it fits into his own life.

 

ところが別な生徒のなかには教師が何を話そうとしているのかと推測し、話の内容を先に考えるので、
While another student will speculate on what a teacher is going to say, thereby he is ahead of what is being said.

 

要点を見落として明確な知識を持たなくなります。
And he misses important points and has no clear knowledge of the subject.

 

最初の生徒は教師の教えから利益を得ますが、
The first student profits from the instructions.

 

あとの生徒は得ません。
The second one does not.

 

注意深い生徒の場合は聞こうとして心を謙虚にしたのですが、あとの生徒は勇み足となり、価値のある要点を失ったわけです。
In the case of the attentive student ― he humbled his mind to listen, but the second one became aggressive and lost the valuable points.

 

 

意識から学ぶためには、心は素直な態度で各要点をつかむようにみずからを謙虚にしなければなりません。
The mind, in order to learn from the consciousness must humble itself to get each point in a clear manner.

 

というわけは、意識の教えは印象によってのみ伝えられるからです。
For this instruction comes only by impressions.

 

物体を観察しようが物音を聞こうが、印象は心とは別個に与えられます。
Whether observing an object or listening to sounds, impressions will be given independent of the mind.

 

意識と心とは異なって習慣に支配されません。
Consciousness is not governed by habits like the mind is.

 

たとえば私は最初に他の惑星から来た人とコンタクトしたとき、私の心は多くの物事、特に私の習慣的な生活と一致した物事を知りたがりました。
i.e. When I made the first contact with a space person my mind wanted to know many things, especially things that conformed with my habitual life.

 

しかし相手が私の心に印象づけようとした事柄すべてを感受するためには、心をコントロールし、沈黙の状態を続ける必要がありました。
I had to control my mind and remain silent so that I could receive all that he wished to impress upon my mind.

 

何が与えられるのだろうかと私があれこれ思いをめぐらせたならば、その会見の意義をつかむことはできなかったでしょう。
Had I speculated on what was to be given, I would have missed the significants of the meeting.

 

 

その後のコンタクトで私が質問をしてよいという特権を与えられたとき、私はそれをやりましたが、
In later contacts when I was given the privilege of asking questions, I did.

 

どの場合も与えられる知識と私の心とが衝突しないようにその特権を待たなければなりませんでした。
But in each case I had to wait for that privilege to not interfere with what was being given.

 

与えられた多くの知識は当時の私の生活態度に適合しませんでしたが、私は忍耐力を持って、知識を与えてくれる相手を信用しました。
Many things did not fit into my way of life at the time but I was patient and trusted the ones who were giving me the knowledge.

 

最初それはパズルみたいでしたが、ついに全部が組み合わされると、話の全容が明らかになってきました。
At first it was like a puzzle but at the end when all parts were put together the picture was clear.

 

もし私が短気で、知識を与えてくれる相手をさえぎったりすれば、高貴な宝石を失い、混乱だけを身につけたことでしょう。
Had I been impatient and interrupted the individuals who were giving me the information I would have lost the precious jewels and had nothing but confusion.

 

異星人の教師にたいして私が子供のようになったとき、私は多くの特権を与えられ、かつて住んでいた世界のかわりに現在は宇宙の王国に住んでいるのです。
As I became as a child to the instructor, I was given many privileges and I am now living in the Cosmic Kingdom instead of the world that 1 did before.

 

 

意識は宇宙的な教師です。私がいままでやってきたようにやらなければ、あなたは結局、混乱を持つだけでしょう。
The consciousness is a cosmic teacher and unless the student does as I have done in this case, he shall have nothing but confusion in the end.

 

 

多くの人は、なぜ私がこれまでのほとんどのコンタクトのときにあれこれとこまかい事柄を聞かなかったのかと言います。しかし私がそうしていたならば、いま持っている知識を私は持たなかったでしょう。
Many people have asked me why I did not ask this or that, trifling things in most cases, but had I done so I would not have the knowledge that I have today.

 

「幼児のようにならなければ天国に入ることはできない」とイエスは言っています。
Jesus said, lest you become as a little child you cannot enter the Kingdom of Heaven.

 

天国とは因の国です。
Which is the kingdom of cause.

 

また聖書には「隠されている物は必ず漏らされる」と述べてあります。
And the Bible states that there is nothing hidden that shall not be revealed in time.

 

 

忍耐と信念はこうした報いの基礎です。
Patience and faith are the foundation of such a reward.

 

短気な人は挫折します。
For those who become impatient ― become shipwreck.

 

 

また聖書には人間は多くの才能を持つと述べてあります。
The Bible also states that man has many talents.

 

そこで”無限なる”人間が授けられている才能や、宇宙の計画において各人が果たしている重要な役割を観察することにしましょう。この計画においては人間は平等です。
So we will observe the talents with which the Infinite man is endowed.
And the important part which each one plays in the cosmic plan where men are equal.

 



 


「心を意識にまかせること」<< Prev | Next >>「人間の能力はすべて平等」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)