アダムスキー「生命の科学」 レクチャー7 対訳

神の目、すなわち意識

神の目、すなわち意識
THE EYES OF GOD, OR CONSCIOUSNESS

 

 

われわれはこれまでに各種の宗教的信仰で、神はあらゆる行為をも見ていると教えられてきました。しかし心はあらゆる結果(現象)の背後にある不可視な原因までも見抜かないことをわれわれは知っています。
We have been taught in our religious faiths that God sees all acts, yet we know that the sense mind does not see the invisible cause back of every effect.

 

このことは、人間は見なければならない物の半分を見ていないことを意味します。
This means that we see less than half of what is to be seen.

 

しかし神の一結果としての人間は、神が見る物を見る可能性を持っているのです。
But we as an effect of God have the potential of seeing what God sees.

 

神が見るようにわれわれが見ないのは、われわれが生命を理解していないからです。
The reason that we do not see as He does is because we do not understand life.

 

 

イエスは「あなたがたは目を持っているが、見ない」とか「盲者が盲者を導く」と言っています。
Jesus made the statement, ye have eyes yet see not, and also, the blind lead the blind.

 

そうです。家が窓を持っているように、われわれは目を持っています。
Yes, we do have eyes, as your home has windows.

 

もし窓自体が話すことができれば、「私を通じてこそ森が描かれるのだ」と言うかもしれません。
And the windows would say if they could speak, through me the forest is pictured.

 

もし私が鏡になるならば、森を映すかもしれません。しかし森の生命までは映しません。
And if I became a mirror I would reflect the forest, but not its life.

 

 

視覚器官は結果(現象)を映しているだけで、結果の生命までも映してはいないのです。
The sense of sight is reflecting the effects, but not the life of the effects.

 

それは窓または鏡と同じです。
It is like the window or mirror.

 

何かを映すためには原因がなければなりません。
But to have a reflection there must be a cause.

 



 


「永遠の記憶を保つには」<< Prev | Next >>「人間は半分死人である」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)