アダムスキー「生命の科学」 レクチャー7 対訳

宇宙的記憶を持つ方法

宇宙的記憶を持つ方法

 

 

しかし宇宙の意識に自分を同調させた人は、現在のエゴの心のなかに失われている自身の正体をつきとめることができるのです。
Yet another person who has alined himself with cosmic consciousness can locate the identity of an individual whose identity is lost to his present ego mind.

 

 

私は他人にこれを成功させた多くの体験を持っています。
I have had a number of such experiences with others.

 

しかし現在の個人的なエゴの心にそれの過去の体験や関係を伝えるのはときとして困難です。
But it is sometimes difficult to convey to the present individual ego mind its past experiences and relationships.

 

これは自分の心が自己の真の実体の意識すなわち全包容的なるものと混合しなければだめなのです。
That is unless the mind of the individual blends with the consciousness of his own being, the all inclusive.

 

具体的事実と呼ばれる結果の世界に住んでいる大抵の人にとって、これを行なうのは容易ではありません。
This is not easy to do for most people dwell in the field of effects which they call concrete facts.

 

しかし各結果(現象)の背後にはその結果ほどに明らかでない原因がひそんでいることをわれわれは知っています。
Yet we know that behind each effect is the cause which is not as apparent as the effect.

 

 

そこで、もし心が意識と混合しなければ、それは(心は)生命の海の中で失われてしまうことがあるということがわかるでしょう。
So you can see that if the mind does not blend with the consciousness it can be lost in the sea of life.

 

だからこそイエスのごとき偉大な指導者が「肉体を斬る者を恐れないで、魂を斬る者を恐れよ」と強調したのです。
That is why great teachers such as Jesus have stressed, fear not that man that slays the body but the man who slays the soul.

 

 

この言葉の意味を考えてみましょう。
Let us consider the meaning of this.

 

人間は二つの魂を持っています。センスマインド(感覚器官によって形成される普通の心)の魂と意識の魂の二つです。
Man has two souls, the soul of the sense mind, and the soul of consciousness.

 

いわゆる具体的なもろもろの結果(現象)にのみ執着することによって起こる記憶の喪失のために斬られるのは(無価値とされてしまうのは)センスマインドです。
It is the sense mind that can be slain by lack of memory caused by adhering only to the so-called concrete effects.

 

永遠の生命を保つためには記憶というものが基本となることがこれでわかるでしょう。
We can now see that memory is essential in order to have life eternal.

 

 

イエスは自分のセンスマインドを意識と混和させていました。それで彼は「私はこの世にいるが、この世から出た者ではない」と言ったり、その他自身の過去に関して多くの発言をしたのです。
Jesus blended His sense mind with consciousness and thus He was able to say, I am in the world but not of it, and many other statements that He made in reference to His past.

 

記憶を運び、記録の書を含んでいる意識なるものに自己を混和させなかったら、イエスもそうした記憶を保つことはできなかったでしょう。
And He could not have maintained these memories had He not blended with consciousness which carries the memories and contains the book of records.

 

 

これをなすには、人は心にたいして神を信頼するように意識を信頼させねばなりません。
To do this one must make the sense mind trust consciousness like trusting God.

 

これにはときとして盲信ともいうべきほどの強烈な信念を必要とします。
And this in turn calls for faith, oftimes called blind faith.

 

盲信ということをもう少し明らかにしてみましょう。われわれは物を見るのに道具として目という物を持っていますが、窓ガラス自体が外景を見ないのと同様に目自体が物を見るのではありません。
To clarify blind faith a little further, we have eyes with which to see but they do not see any more than a window pane can see what is seen through it.

 

窓越しに外景を見るのは目ではなくて実は”あなた”なのです。したがって目を使用して物を見るのは”あなたの意識”です。
It is you who sees through the window, so it is the consciousness of you that sees through the eyes.

 

なぜなら、あなたが無意識になるならば、視覚器官はなおも存在するにもかかわらず、あなたはもはや見ることはできないからです。
For when you become unconscious the sense of sight is still there but you no longer can see.

 

他の感覚器官の場合も同じことです。
The other senses follow the same pattern.

 

従って人間は仮りにも生命の宇宙的な記憶を持とうとするならば、”意識で見ること”すなわち心が意識と協力することの重要性に気づかねばなりません。
So one should realize the importance of conscious seeing, or sense mind cooperation with consciousness if he is to have a cosmic memory of life.

 

すると人間は記憶のページのなかから永遠に生きる自分に気づくことができるのです。
For then he can recognize himself through eternity from the pages of memory.

 

これは個人が永遠の生命を得ようとする場合の個人の生活の重要な面です。
This is an important phase if individual life if life eternal is to be earned.

 

これがイエスの言葉「自分の(個人の)生命を失う者は永遠の生命を見い出すだろう」の意味です。
And that is what Jesus meant when He said, he who loses his life shall find life eternal.

 

 

われわれは日常においてある程度の宇宙的な生命に気づくように心を訓練しなければなりません。これは二つの面を通じてなされます。
We must train the mind to daily recognize a certain amount of cosmic life and this can be done through two phases.

 

一つは”宇宙の記録”を読みとるのがきわめて巧みな人による場合であり、
One, by someone who is very good at reading Cosmic Records.

 

他の一つは、あなたの意識があなた自身の心に啓示を与えるように仕向ける場合です。
And the other, by allowing your consciousness to give the revelation to your own sense mind.

 

しかしこれをなすには心が意識を信頼しなければなりません。
But to do this your mind must have trust in consciousness.

 

この二つを混和させたとき、あなたは啓示を知るでしょう。なぜならそのときあなたは宇宙的な原因とその諸結果をよく自覚しながら生きることになるからです。
You will know when you have blended the two, for then you will be living in full awareness of cosmic cause and the related effects.

 

たとえば私は異星人とコンタクトの体験を持って以来、二つの生活面のなかに生きています。
i.e. Since I have had the experiences with the Brothers I have been living in two phases of life.

 

一つは、私は普通の態度で日常の義務を果たしながら生活して、しかもかつてないほどに人生を楽しんでいます。
One, as I used to live performing my daily duties in a normal manner, but enjoying life more than I did before.

 

と同時に他方では私の体験や他の惑星から来た人々などについて私は意識的に知覚しています。
While at the same time consciously aware of my experiences and of the individuals that I have met from other worlds.

 

その体験類は日常の行動と同様に私の記憶上で消し去ることのできないものとなっています。
The experiences are as indelible upon my memory as my daily activities.

 



 


「宇宙的記憶」<< Prev | Next >>「意識による知覚力を拡張せよ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)