アダムスキー「生命の科学」 レクチャー8 対訳

色による実験法

色による実験法

 

 

だれでも実験できるすぐれた科学実験について一つお知らせしましょう。
May I suggest a scientific experiment which is just as good as any that one may practice.

 

雑誌『ライフ』一九六四年六月一二日号に科学者の発見した色の波動に関する記事があります。
In the June 12, 1964, issue of Life Magazine is an article dealing with color frequency recognized by scientists.

 

これはすばらしい発見です。というのは、人間の成長にとってまったく基本的な二つの発達の面を扱っているからです。
It is good for it deals with two phases of development that are quite essential for one's growth.

 

それは触覚と記憶です。
And they are feeling and memory.

 

その実験というのは、被験者を目隠ししたまま異なる色(複数)の上に三本の指を置かせて、
The experiment is conducted by placing the first three fingers on the different colors while blindfolded.

 

色から放射される波動によって、各色の名称を当てさせることができるというのです。
And one is to detect the vibration or frequency eminating from the color, thus being able to name the color.

 

これはフィーリングまたは触覚の力を発達させるのに役立ちます。
This helps to develope the feeling or touch sensitivity.

 

なぜなら、波動とは、肉体の心にみずからを印するフィーリングにほかならないからです。
For frequency or vibration is nothing but a feeling that imposes itself upon the sense mind.

 

これについては細心の注意を払う必要があります。あなたがこの実験で正しく色を言いあてることができた場合は、そのときのフィーリングをそのまま記憶するように心がけてください。
One should be very careful about this and once you are able to get the color right, endeavor to remember the feeling you get from each color.

 

そうすると的中率を増大させることになり、それが身について多くの分野で役立ちます。
This will develope a certainty that will stay with you and serve in many fields.

 

つまりフィーリングまたは波動は、実際には肉体の各器官に警戒を起こさせる意識なのです。
And don't forget that a feeling or vibration is actually consciousnes alerting the senses.

 

 

 

We will expand on this in the forthcoming lesson.

 



 


「しかし意識を所有する」<< Prev | Next >>「宇宙的細胞と肉体細胞の活動」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)