アダムスキー「生命の科学」 レクチャー9 対訳

呼びかけあう細胞の活動

呼びかけあう細胞の活動

 

 

前述のように、人体は無数の細胞から成り立っており、各細胞は生命活動で特殊な使命を持って活動していますが、それは集団的に行なわれています。
As we stated before, the human body is made of billions of cells, each with a specific mission in life which is carried out in group form.

 

しかも各細胞は構造物を存在させるために各自の分布的な目的を果たしています。
Yet each cell fills its geographic purpose for a structure to be.

 

こうした活動のすべてはセンスマインド(心)に依存していないことを忘れてはなりません。
And remember all of this activity is independent of the sense mind.

 

なぜならセンスマインドや視覚、聴覚などを生ぜしめるのは細胞であるからです。そして心がこのことに気づくとき、心は細胞から知的な指示を仰ごうとします。
For it is the cells that bring about the sense mind and sight, hearing, etc., and once the mind realizes this, it looks to the cells for intelligent instructions.

 

だから心はこの地球のみならず宇宙空間の他の惑星などのあらゆる生命体と通信することが可能になるのです。
And it can communicate with any phase of life here on earth, in space, or on other planets.

 

現在は科学もこのことを認めています。
Even the scientists admit this now.

 

 

このことに関心のある人は──探究者は関心を持つべきなのですが──一九六四年六月号の『リーダーズダイジェスト』の一九五ページを読むとよいでしょう。
One who is interested in this, and the student should be, can read the June 1964 issue of Readers Digest, page 195.

 

この記事における科学者の次のような声明は私のいままでの説明が正しいことを裏書きしています。
The scientists say here, supporting my earlier statements, quote;

 

「これらの進行する酵素は、細胞間の空間を越えて呼びかけては知識を交換し合う他の細胞の声なのであって、そのため無数の細胞が肉体の各部を形成するように集合し、分割や繁殖においては調和して活動し、適宜な所を得、特殊な各部を形成するのである」
"These traveling enzymes are the voices of other cells calling across intercellular space, swapping information so that the millions of cells gathered to create body parts act in concord in dividing and multiplying, taking their places and assuming special shapes." end quote.

 



 


「宇宙的細胞と肉体細胞の活動」<< Prev | Next >>「死者の霊が語るのではない」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)