アダムスキー「生命の科学」 レクチャー7 対訳

永遠の記憶を保つには

永遠の記憶を保つには

 

 

意識とはさまざまの個体をはらんでは生み出す万物の父母です。
Consciousness is the father and the mother of all form creation which concieves and gives birth to the various forms.

 

そしてその内部には設計画または記憶が常に存在していて、必要なときにはいつでもそれを引き出して照覧することができます。
And within it is the blue print or memory which is ever present that can be reviewed for conformation at any time when the need may arise.

 

しかし心だけではこれはやれません。意識と心の両方の組み合わせが必要です。
But the sense mind cannot do this alone, there must be the combination of the two.

 

なぜなら、われわれが知っているように、心はいつも結果(現象)から学んでいるのであって、今度こそは結果を生み出す原因を理解しなければならないからです。
For as we know, the sense mind learns from effects and now it must understand the cause producing the effect.

 

結果とは一原因の実現ですが、心はコーズマインド(因の心)がこうあれかしと意図したとおりに正確にそれを遂行しないかもしれません。そのため誤解によって過失が生じることもあります。
The effect is the fulfillment of a cause and the sense mind might not execute it exactly as the cause mind intended it to be, so through misinterpretation a mistake could take place.

 

ここに恩寵の法則が入ってくることになり、この法則によって心は自身の誤りに気づいてそれを修正する機会を持つことになります。
And this is where the Law Of Grace enters and through this law the sense mind has a chance to realize and correct its mistake.

 

しかも進歩がなされる前に修正されねばなりません。
And corrected it must be before progress can be made.

 

それは心のためではなく意識のためになされねばならないのです。
And it must be made in behalf of consciousness and not the sense mind.

 

このようにして心はよりよき自我が心にやってもらおうとする物事を行なうように仕向けられるのです。
In this way the sense mind is made to do what the better self wants it to do.

 

これがなされないとしても少しばかりの記憶が残るかもしれませんが、その記憶はゆがめられてしまうでしょう。
If this is not done a slight memory might remain but it will be distorted.

 

 

人間は宇宙的な記憶を持とうとして焦ってはいけません。焦りは法則の誤用を生み出すからです。
One should not be in a hurry to cultivate cosmic memory, for impatience will cause a misapplication of the law.

 

意識は永遠のものであることを常に記憶してください。
Always remember that consciousness is eternal.

 

だから意識はどこへも逃げようとはしませんし、急いでもいません。意識は本来、全包容的であるからです。
Therefore it is not going anywhere, so it is not in a hurry, for in itself it is all inclusive.

 

これを記憶することによって人は多くの過失を避け得るのです。
And by remembering this one will avoid many mistakes.

 

 

永遠の記憶を持ち続け、神すなわち”至上なる意識”の似姿になるためには、人間はそれを(意識を)生かし、配偶者とともに生活をすごすように生涯の伴侶としてともに生活しなければなりません。
To cultivate eternal memory and become the likeness of God or The Supreme Consciousness, one will have to live it and with it as he does with his life mate or partner.

 

自分のみについて考えないで、もう一方の意識をも考えて、調和ある一体性を生み出すように二つを混和させなさい。
Not thinking of self alone but the other as well, thus blending the two to create a harmonious union.

 

これが心と意識とを混和させるのになさねばならぬことなのです。
For this is what must be done to blend the sense mind with consciousness.

 

このことがなされると、人は最初に意図されたように神の姿を現すことになります。
And when it is done the individual will represent God as he was meant to do in the first place.

 

これはちょうど、一人の男とその妻が互いを現し合い、最初の出会いとそれ以後のあらゆる行動の記憶がいつまでも残り、ともに人生を楽しむのと同様です。
As a man and wife represent each other, and the memory of their first meeting and all acts from there on are quite permanent and they enjoy life together.

 

 

心と意識との結婚は、ライオンと小羊とが仲よく横たわっている話で象徴されてきました。
The marriage of the sense mind and consciousness has been refered to as The Lion and The Lamb lying down together.

 

このことが実現すると人間は”永遠”への途上にあることになり、黙示録で約束されたように”記憶の書”があなたの前に開かれるでしょう。
And when this takes place one is on the way to Eternity, and the Book of Remembrance will be opened unto you as promised in Revelations.

 



 


「二人の人間の一体化」<< Prev | Next >>「神の目、すなわち意識」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)