アダムスキー「生命の科学」 レクチャー9 対訳

宇宙飛行士のあり方

宇宙飛行士のあり方

 

 

地球や宇宙空間は宇宙的性質を帯びています。こうして人間はこの地球に生きているあいだ何物を見ることも禁じられていないのです。
The earth and space are of cosmic nature, thus man is not forbidden to view any part, or all, while living here.

 

宇宙飛行士が印象類を感受することによく訓練されているならば、彼らが宇宙空間へ飛び出たとき、この体験を持つでしょう。
I am sure the astronauts will have that experience, once they venture into space, providing they are well schooled in receiving impressions.

 

彼らは生命の二つの状態の中に生きる好機を持つことになります。一つは世間という環境で教育された心と、他の一つは宇宙空間に生きているという意識的な知覚です。
They will have the opportunity to live in two states of life ― one the sense mind educated in the world's environment, the other ― conscious awareness of living space.

 

彼らは宇宙的印象を感受する機会を持つ一方、同時にその心は地上で何が起こっているかを思考することもできます。
They could receive impressions of cosmic space while at the same time their sense minds could be wondering what was transpiring down on earth.

 

彼らは地上の知識と意識で感じる知識とを比較するための素晴らしい好機会を持つことになるのです。
They will have a remarkable opportunity to compare earth's knowledge and conscious knowledge.

 

そしてその二つを融合させて一体化させることもできるのです。
And will be in a position to blend the two into one.

 

彼らは肉体の視覚器官で見える物と見えない物とを考えることになるからです。
For they will be viewing that which cannot be seen with sense sight and that which can be seen with sense sight.

 

さらに彼らは真実な物とそうでない物とのあいだの相違を知るでしょう。宇宙にみなぎる細胞は印象という手段によって彼ら宇宙飛行士と通信するからです。
And they will know the difference between that which is real and that which is not for the cells of the cosmos will communicate with them through impressions.

 

そして宇宙飛行士が他人に話しかけようとする場合、心が知識を音声に変えるでしょう。
And the sense mind will transform the information into sound when the astronauts speak to others.

 

 

しかし宇宙飛行士が地上へ帰還したとき、世界中の人々は飛行士の知識を受け入れるでしょうか。
But will the men of the world accept their knowledge when they return?

 

このことは宇宙飛行士でなく、この段階に達している人々が疑問視している事柄です。
For those who have developed to this stage without being an astronauts are faced with this same doubt.

 

 

もし人間が同胞を信頼せず、体験ある人が内心では人類にたいする関心や、他人に自分の知識や体験をわかち与えようという意欲を持たなければ、一般人はその知識から利益を得ることはできません。
Unless man has faith in his fellow-man and the men of experience have the interest of humanity at heart and a desire to have others share their knowledge and experience, people as a whole will not benefit from their knowledge.

 

ましてや大衆が異星人の知識の恩恵に浴すことはないでしょう。
Not any more than the masses are benefiting from the Space Brothers' knowledge.

 



 


「印象の種類」<< Prev | Next >>「二種類の人間」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)