アダムスキー「生命の科学」 レクチャー4 対訳

物質の出生地は空間

物質の出生地は空間

 

 

さて液体を形成するためにガスがやったように、液体の領域内でその活動がゆっくりと行なわれて液体が凝固し始めるときに物体が創造される段階を心に思い浮かべてみましょう。
Now let us visualize the steps of creation into form when the liquids begin to solidify by slowing up their action within the liquid kingdom as the gases did to form the liquids.

 

ひとたび液体が固まり始めると、液状そのものはガスの場合と同様に消滅します。
For once the liquids begin to solidify they vanish just as the gases did.

 

たとえ液体が創造の方向にあって活動的であっても消滅するのです。
Even though they are ever active in the pattern of creation.

 

 

以下は発生する物事の好例です。
This is a good example of what takes place:

 

われわれが美しく晴れた空をながめる場合、ただ空が見えるだけです。
When we look into a beautiful clear sky, we do not see anything but the sky.

 

しかし自分と青空とのあいだには酸素、水素などの目に見えない元素がいくつもあることをわれわれは知っています。
Yet we know that between us and the blue are layers and layers of gases such as oxygen and hydrogen, etc., that we do not see.

 

けれどもひとたびそれらが活動をゆるめると雲が現れます。
But once they slow up their activity a cloud will appear.

 

そして雲の活動が減じるとそれはふたたびもとの状態に返り、ついにはまったく見えなくなってもとの不可視のガスになります。
And once it slows up its activity it may then reactivate itself and become totally invisible as it returns to its invisable gas.

 

しかしここにおいてさえも、何かの変化がもとのガス類のあいだに起こったと考えてよいでしょう。
Yet even here we may speculate that some change has taken place among the original gases.

 

 

ところがもし雲がその活動を減じ続けることによって濃密になるならば、大気はしめっぽくなり始めます。というのはこんどはガスは液状になってきて、水分が地上に落ち始めるからです。これは二度目の活動の領域です。
But should the cloud get heavier by continued slowing up of its action the atmosphere will begin to feel moist for now the gases are coming into a liquid state and moisture will start dropping to earth, which is the second kingdom in action.

 

 

ここに引用した事柄をはっきりさせるために、液体が固体に変化するときの物体の創造を例証しましょう。
In order to clarify what we mean we can use the illustration of the creation of form when liquids transform into solids.

 

一滴の水が土に付着しますと土の中ヘ水は吸収されます。
A drop of water placed on dust will absorb the dust unto itself.

 

さらにもし少量の水に土の表面をゆっくりと流れさせると、土は水のほとんどを吸収しますので液体は消滅して泥のかたまりができます。
And if a small amount of water is allowed to move slowly over dust it will absorb so much that the liquid vanishes and a mud ball takes its place.

 

それはもはや液体ではなく、かたまりをなすために土を含んでいる水分です。
It is no longer liquid, but moisture that holds the dust together to form a sphere.

 

もし入手し得るかぎりの土すべてを吸収するほどの液体があるとするならば、このかたまりがどんなに大きくなるかは言うまでもありません。
Should there be enough liquid to absorb all of the dust that might be available there is no saying how large this sphere could become.

 

 

土の分子すべては芽や種子ばかりでなく、無機物も生み出す可能性のある種々のガスで立っています。
All of the particles of dust are made up of various gases which are capable of producing minerals as well as germs or seeds.

 

そしてひとたび適当な条件が与えられれば、右以外の物をも生み出すことが可能です。
And these can produce other forms once the proper conditions prevail.

 

最初の段階から現在の段階に至るまで、さまざまの度合に活動は続き、それが多くの変化を生み出すわけです。
From the first kingdom to the present, activity continues in varing degrees that produces the changes.

 

 

何らかの源泉から起こった活動が存在する所にはかならずエネルギーも存在することをわれわれは知っています。
We know that wherever there is activity from any source, energy is the result.

 

そしてこのエネルギーを摩擦、静電気、または運動エネルギーなどと分類しています。
We classify this energy as friction, static electricity, or kinetic.

 

このエネルギーは雲が形成されて、かなりの速度で動いていわゆる静電気を帯びるときに見られます。
And it can be seen when clouds are forming and moving at a good rate of speed and take on what we call static electricity.

 

そして充分にチャージされると、雲は電光の形でこのエネルギーを放出します。
And when they have a full charge they discharge this force in the form of lightning.

 

もし二つまたはそれ以上の雲が互いに放電し合って二本の電線のようにエネルギーの交差した線ができるならば、その交点に閃光と爆発とが生じます。
If there are two or more clouds discharging towards each other and cross lines of force like two electric wires, at the point of crossing they produce a flash and an explosion.

 

このとき電光が生じるかもしれません。
And at this point a lightning bolt may be created.

 

この電光は地上で知られている無機物のほとんどを含んでいます。
This bolt contains most of the minerals known on earth.

 

雲の放電に先立って、雲と雲とのあいだには明らかにただの空間しかなかったのですが、交点に電光を生じさせる何かがあったにちがいありません。
Prior to the discharging of the clouds there was apparently nothing but empty space between them, yet there must have been something there at the point of crossing to create a lightning bolt.

 

つまり必要な元素がそこにあったのであって、それを固めて電光のかたちにするのに、適当な条件を必要としたにすぎません。
The necessary elements were there and only needed the proper conditions to solidify them into the form we call a lightning bolt.

 

 

これだけでも空間は各種の元素から成っている証拠となります。この元素が人間に知られている多くの形態を生み出すのであって、各形態は元素の結合の仕方しだいでできるというだけのことです。
This alone is proof that space is made of the elements which produce the many forms known to man that depend only upon the combination of the elements.

 

前述のように個体の出生地は空間にあると言えます。
As stated before, it can be said that the birthplace of forms is in space.

 

不思議なのは、崩壊として知られている法則は出生の法則とも言えることです。
And the miraculous part is that the law known as disintegration can also be called the law of birth.

 

なぜなら形態のいかんにかかわらず崩壊が起こるとき、最初それを作りあけた元素はもとの状態に返ってゆくからです。
For when disintegration takes place, regardless of the form, the elements of which it was made return to the original state.

 

 

あらゆるガス類はいくども周期を繰り返してゆく可能性を帯びています。
All gases contain the potential of repeating the cycle again and again.

 

自然界の万物はこの繰り返しをやっているように見えます。
Everything in nature seems to be doing this.

 

そのことはもとの状態にあるガス類は不変であるように見えますが、一方、個体は発生したり消滅したりしているのです。
Which means that the gases in their original state seem to be constant, while the forms come and go.

 

この現象のすべては、われわれが速度または振動とも言えるさまざまの度合でもってたえまのない活動のなかに起こります。
All of this takes place in a continuous state of action in varing degrees which we could call speeds or frequencies.

 



 


「万物の相互関係」<< Prev | Next >>「人間は宇宙の英知に従わない」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)