アダムスキー「生命の科学」 レクチャー11 対訳

遠隔指導の実例

遠隔指導の実例

 

 

私が一九三〇年代の初め頃に教えておりました当時、一人の研究者があいにく病気になり、会合に出席できないことがありました。ところが次の週に一同が集まったとき、その人は「出席できなかったけれどもあなたの指導を受けた」と報告しました。
Many times when I was teaching in the early thirties a student would be sick and would not be at the class, yet on the following week when they returned he would report that he had not missed the class.

 

私は会合を指導しながら、しかも一方では本人の病床で指導していたことが後に判明したのです。
For I was at the bedside giving the instructions yet I was not missed in the classroom.

 

つまり私は心と肉体を通じて多数の出席者を指導しながらも、同時に私の意識は病人の所へ行っていたわけです。
I was there before the students giving instruction through my mind and body while at the same time my consciousness was at the bedside of the one who was sick.

 

これは一個のマイクロフォンを使用して二個のスピーカーから放送するのと同じです。
It is like using two speakers with one microphone.

 

私が出席者に伝えていた事柄を意識によって肉体中の心にも伝えていたわけで、
Consciously I was conveying to the mind in my body that which was given to the students.

 

一箇所では私は肉体という形をなし、他の場所では想念体であったのです。
In one place I was a solid form and in the other a thought form.

 

 

ここで想念体というものについて説明しましょう。
And now I will explain what I mean by a thought form.

 

影が肉体の現れであるように、人間は意識の想念的な現れです。
Man is a thought manifestation of consciousness like a shadow is a manifestation of a form.

 

それで右の会合の場所では私は固形物(肉体)として現れていて、離れた病床ではその固形物の影として現れていました。
So in the classroom I was manifesting as a solid form and at the bed side I was manifesting as a shadow of that form.

 

肉体はある場所にいながらも想念体はいかなる遠隔地へも送られて他人によって感受されます。
A thought form can be sent and felt at any distance while a solid form cannot.

 

これは会場の外でさえも何度も起こっています。
This has happened many times even outside of the classroom.

 

私がパサデナで講演をしていたとき、ある人が「病気の友人を救ってやってくれ」と依頼してきたことがありました。
When I was lecturing in Pasadena someone would ask my help for a sick friend.

 

そこで私は予定どおりに講演を続けて、しかも同時に病人のマクラ元へ行ったのです。
I would deliver the lecture on a normal bases and at the same time go to the bedside of the sick person.

 

私は意識的に同時に二箇所にいるのですから、病人の氏名も住所も知る必要はありません。
I did not need to know the person nor the address for consciously I was in both places.

 

その後、私の援助を依頼した女性に会ったら彼女は喜んでいました。病気の友人はただちに快方に向かい、まもなくべッドを離れて快復への途上にあるというのです。
When I next met the person that had asked for my help she was happy for the friend had improved immediately and in a short time he was out of bed and well on the road to recovery.

 

こんな体験は病人にかぎったことはなく、その他多くの種類のトラブルを除いた経験を私は持っています。
My experiences are not limited to sickness alone for I have been able to help out in other types of trouble.

 

これらは私の睡眠中には起こらず、他の何かの仕事を行なっているときに発生します。
These things did not take place during my sleeping hours but when I was active with something else.

 

だからこうした体験は意識による旅行であったのです。
So this has been my experience with conscious traveling.

 

 

しかしその後UFO問題に興味をうばわれてしまってから、そのような体験は起こらなくなってしまいました。
But when my interest was taken up with flying saucers these experiences ceased.

 

これはイエスが言っていますように、人間は片方を無視することなしに二人の主人に同時に仕えることはできないからです。
For as Jesus said, you cannot serve two masters without neglecting one of them.

 

だが現在は再び(哲学を)教え始めていますので、これからは元の奉仕に返るつもりです。
But now as I start to teach again I am returning to my original service.

 



 


「意識による空間の旅行」<< Prev | Next >>「心霊は関係ない」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)