アダムスキー「生命の科学」 レクチャー11 対訳

真のトランスとはどのような状態か

真のトランスとはどのような状態か

 

 

言いかえれば、”宇宙の父”と”宇宙の母”はその創造物をけっして見捨ててはいないのです。
In other words the Cosmic Mother and the Cosmic Father never wean their creation.

 

心がこのことを理解しない場合、心は神秘家がやっているようにさまざまの不可思議な現象に名称をつけがちになります。
When the mind does not understand this process it has a tendency to label the effects as the mystics have done.

 

心は理解しない物事にたいしていかに名称をつけやすいかの例をあげましょう。
Let me give you an example of how the mind labels things it does not understand.

 

そこで”変容の山”におけるイエスの体験について説明します。
For this we can use the experience of Jesus on the Mount of Transfiguration.

 

そのときイエスの心は意識によって恍惚となっていました。彼は自身の心の意志を意識の意志にゆずり渡していて、自身は聞き手と観察者になっていました。
His mind at that time was entranced by consciousness for he had given his mental will over to the will of consciousness as he became a listener and observer.

 

そうなったとき彼の顔は変化し、彼の心と意識がかつて表現したことのある多くの個々の容貌を現しました。そのとき自分では何が起こっているかに充分気づいていました。
And when he did this his face changed to represent the many individual forms through which his mind and consciousness had expressed before and he was fully aware of what was going on.

 

これを見ていた弟子たちはイエスの容貌がいろいろ変わるのを見て、モーセその他の人間たちが現れたとイエスに語りました。
And the disciples that were watching him observed the many changes of facial expressions and told him that to them he had appeared as Moses, etc.

 

するとイエスは「私の生命は多数の人の生命である」と答えました。
His answer to them was, "My life is the life of the many."

 

言いかえれば彼はそうしたさまざまの人々の生涯を経てきた(訳注=過去世で、その人々であった)のであって、意識がそのことを彼の心のスクリーン上に再演し、こうして他人が見ているあいだに彼の心の生命を現世の段階にもたらしたわけです。
In other words he had lived all of those stages of life and the consciousness reviewed the stages on the screen of his mind, thus bringing his mental life up to the present stage while the others observed.

 

 

これは、もしあなたが自分の誕生日にまでさかのぼろうとする場合、あなたの心を恍惚とさせるかまたは現在までの成長に関心を持たせるのと異なりません。
This is no different than if you were to go back to the day of your birth, entrancing your mind or interesting it with your growth to the present day.

 

あなたの意識が自分がこれまで経てきたさまざまの発達段階や体験類を心に伝えるのです。
Your consciousness would bring to mind the various stages of your development and experiences through which you have gone.

 

そのために容貌の変化が現れるわけです。
And with this would come the many changes of facial expressions.

 

イエスにもそのときこれと同じことが起こったのであって、彼は弟子たちが見ているあいだにそれを実現させたのです。
And this is what happened to Jesus at that time for he was having the experience of realization while the disciples were just observing.

 

 

これが唯一の真のトランスであって、そこには心と意識が一体となって働くという宇宙の原理があります。
This is the only true entrancement that there is ― a Cosmic principle where the mind and consciousness work together.

 

世間のいわゆるトランスは、単なる幻影、希望的観測、自己催眠などであり、心が指導霊または高級霊の指導を受けていると思い込んでいるときは特にそうです。
All other phases of so-called entrancement are either illusions, wishful thinking or self hypnotism, especially when your mind is impressed with guides or highly developed souls.

 

いわゆる指導霊がきたという感じがするときには用心しなさい。そんなものよりもあなたの半身である意識こそ頼りになる唯一のものです。
Beware when you get a feeling of a so-called guide for there is only one that you can trust and that is consciousness ― the other half of yourself.

 

だからこそ聖書では「自分の前に偽りの神を持つな」と言っているのです。
That is why the Holy Writ says have no false gods before Me.

 

人間だろうが他の何であろうが、万物は多くの体験と変化を経てきているのです。
For every form whether it be man or anything else has gone through many experiences and many changes.

 

われわれが永遠の生命を受け入れるならば、永遠の未来と同様に永遠の過去も存在するのです。
If we accept life eternal there is just as much eternity in the past as we look forth to in the future.

 

 

だからイエスは言っています。「私がこの世の人間ならばそれと戦うけれども、私はこの世の者ではない」。
That is why Jesus said, If I was of this world I would fight for it but I am not of this world.

 

彼がこの世界へ(転生して)きたのなら、われわれもみな(転生して)別な場所からきたと考えても不合理ではありません。
If he came to this world is it not logical that we all have come from someplace else?

 

彼は”父の家”には多くの住み家があることを明言しています。
For He made it plain that in the Father's House are many Mansions.

 

しかし現象としての人間の心が記録の保持者である意識に従属しないかぎり、このことを知ることはできません。
But the human mind as an effect cannot know this unless it submits itself to consciousness which is the keeper of the records.

 

それが達成できると”啓示”がやってくるのです。
And when it does the revelations come.

 

 

以上は透視や意識による旅行ばかりでなく、いわゆるテレパシーをも含んでいます。
This does not include visions and travel only but also what we call telephathy.

 

したがってあなたは映像の形で啓示を得るのみならず、想念の印象をも感受するでしょう。
So you may not only get revelations in the form of visions but the impression of thoughts and what they represent.

 

忘れてならないのは、われわれは必ずしもこれまで高貴な性格の持主ではありませんでしたので、何かの映像や印象(訳注=過去世における自分の姿など)を感受してもそれは自己の現段階の理解力にとって心地よいものではないかもしれませんが、それはやはりわれわれの発達の一部分、生命の一部分であったということです。
And remember we have not always been noble characters so some scenes and impressions may not be too pleasant to our present understanding yet they were a part of our development, a part of our life.

 

したがって歴史の一部分としてそれらを受け入れるべきで、排除してはいけません。それらはあなた自身であるからです。
So they should be accepted as a part of history and not rejected for they are you.

 

「私が長生きできるものなら、いろいろなことをやってみたい」と何度私たちは繰り返して言ったことでしょう。
How often have we said if I had my life to live over I would do things differently.

 

われわれは過去の行為を是正することによって高貴な方向に成長するのです。
We grow towards nobility by improving upon our past deeds.

 



 


「心霊は関係ない」<< Prev | Next >>「たえまなき進歩の報い」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)