アダムスキー「生命の科学」 レクチャー6 対訳

心は現象に頼っている

心は現象に頼っている

 

 

ひとたび心が、その生活中に多くの不快事をひき起こしたみずからの弱さに気づくならば、最初は苦痛と感じても、ただちに意識による指導に自分をゆだねなければなりません。
Once the mind realizes its weakness that has caused much unpleasantness during its life, it should then be determined, even thought it is painful at the beginning, to lend itself to conscious guidance.

 

そのときの障害は次のようにやろうとする場合に起こります。
These obstacles could arise when it tries to do this;

 

すなわち、心がたとえ自分のわがままな行路において多くの過失や不安に出合ったとしても、自分がわがもの顔に振る舞っていたあいだに固持していた自分の正体と権威とを失ったという恐怖の念が起こる場合です。
A thought of fear of losing its identity and authority that it has had during its domination even though it encountered many mistakes and uncertainties on its path of self-will.

 

なぜなら心は知識を持たないために、過失を繰り返していた当時の乏しい知識と同じような知識しか持たない心は、さまざまの結果に(現象に)頼っていたからです。そして過失を修正することなしに自分の地位の改善を望みながら言い訳をするのです。
For lacking knowledge, it followed effects with no more knowledge than it had as it repeated mistakes, and alibied for them with a hope of bettering its position instead of correcting the mistakes.

 

 

これは、自分の子供は何も悪い事をしてはいないと思いがちで、子供を矯正しようとしない母親と同じようなものです。
This is no different than a mother who refuses to believe that her child can do anything wrong, and will not correct it.

 

結局子供は母親とともに苦しむことになります。子供の内部で目立っていた弱点を正すことが母親にできなかったからです。
Eventually the child suffers with the parent because the parent failed to strengthen the weakness that was showing up in the child.

 

これは子供の弱点を認めるのを恐れた母親の責任です。
This was caused by the mother's fear of recognizing the weakness in the child.

 

そして矯正するどころか弱点に弱点を付け加えます。
And she added weakness to weakness instead of correcting it.

 

ついに母親は真実に直面しなければならないときがきますが、もはやそれを避けることはできず、矯正は最初の段階よりもはるかに困難になってきます。
Finally the mother had to face the truth, she could no longer avoid it and it was far more difficult than it would have been in the earlier stages.

 

 

自分の命が助かりたいと願う者はそれを失うことになるのだとイエスは言っているではありませんか。
Did not Jesus say, he who is trying to save his life shall lose it?

 

これはエゴが自身を意識にゆずり渡すことによって起こる恐怖を意味するのではないでしょうか。
Isn't this what the ego is afraid of by giving up its will to consciousness?

 

これはまたわれわれが神と呼んでいる創造主を信じないことでもあります。
This is also a lack of faith in the Creator whom we call God.

 

イエスは次のようにも言っています。「自分の生命を捨てる者は永遠の生命を得るだろう」。
For Jesus also said, he who gives up his life shall find life eternal.

 

この意味は、エゴの意志を意識の意志にゆだねる者は永遠の生命にあずかるということです。
Meaning, he who gives the will of the ego unto the will of consciousness shall partake of life eternal.

 

意識は永遠であり、万物を支えているからです。
For consciousness is eternal and proceeds all forms.

 

したがって意識がなければ個体は存在しないでしょう。無意識な個体は死体であるのです。
And without it there would be no forms, for an unconscious form is a dead form.

 

 

人間が自己の心中にあると感じて探し求めている幸福は、人間が自己の意志を意識の意志と融合させてこそ見つかるのです。
The happiness which man feels within his heart and for which he searches can never be realized until he blends his will with the will of consciousness.

 

これは水中で他の水と融合する水滴が海洋の広さを知り得るのと同様です。
Any more than the drop of water, remaining by itself can know the vastness of the ocean.

 

人間がこのことに気づくならば初めて自己の真の正体を知ることになります。
When man realizes this he will know his true identity for the first time.

 

そうなればもはや自己の現実の影の中に生きることも、風が吹くたびにそれにゆさぶられることもなくなるでしょう。
And will no longer live in the shadow of his reality, influenced by every wind that blows.

 

そして放蕩息子が家に帰るとき、天には歓喜の声があがるでしょう。
And there will be rejoicing in heaven when the prodigal man returns to the household.

 

しかしこれには各人の側に絶大な決意と不動の信念とを必要とします。
But this will take a profound determination on the part of each human, with an unshakable faith.

 

人間は自己の利己的な自尊心を捨て去り、自分にもたらされるすべての物に直面しなければならないからです。
For he will have to give up his egotistical pride and face whatever is presented to him.

 



 


「心は習慣の奴隷となりがち」<< Prev | Next >>「放蕩息子の物語の真の意味」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)