アダムスキー「生命の科学」 レクチャー8 対訳

生活に大変化が生じてくる

生活に大変化が生じてくる

 

 

人間が作り出した差別や裁きの法則は創造の世界には存在しません。
Man's law of discrimination and judgement is non-existant in creation.

 

太陽は正しい者にも不正な者にもひとしく輝くと言われています。
We are told that the sun shines on the just and unjust alike.

 

人間の心には多くの差がありますが、創造主の意識のなかではすべてが宇宙を形成するための必要な部分となっています。
And while differences are many in the human mind ― in the Creator's consciousness all are necessary parts that make up the Cosmos.

 

この各部分がなければ宇宙は完全にはならないでしょう。
And without each part the Cosmos would not be complete.

 

人間とその創造主とのあいだのおもな相違は、創造主は創造の目的を理解していて、そのなかに何らの失敗をも見出しませんが、一方心に振りまわされている人間は、意識すなわち自身の真の部分を理解せず、生活を心に頼ってすごしているという点にあります。
The principle difference between man and his creator is that the Creator understands the purpose of creation and finds no fault with it, while the sense man not understanding consciousness, the real part of himself, lives the mental side of life.

 

こうして人間は創造主の創造物に過失があるものと思い、自分で勝手に不愉快な状態を生み出しています。
Thus he finds fault with the Creator's creation and brings about unpleasant conditions for himself.

 

しかし人間が意識と融合して全生命を生きるならば、創造の目的を知ることになり、不快な状態を作りだしていた差別の習慣にもはや耽らなくなるでしょう。
But when man makes the blend and lives the whole life he will know the purpose of creation, no longer using the law of discrimination which caused the unpleasant conditions.

 

 

それで、われわれが創造主の完全な表現者たらんとするならば、これまで以上に自然を研究しなければなりません。自然は神の意識的な表現であるからです。
So if we are to be a perfect manifestation of the Creator we should study nature more than we have, as it is the conscious expression of God.

 

そして二人の親密な人間が互いに似てくるのと同様に、自然の一体性の法則を観察してそれを応用する必要があります。
And we should observe and adopt its laws of oneness in the same manner that we adopt each other's habits and even look alike.

 

 

あなたが自然という見地からこれをなし得ないということになれば、われわれが過去にやってきたよりもいっそううまくやれる別な方法があります。
If you cannot do this from nature's point of view, we have another method by which we can do better than we have in the past.

 

われわれはクリスチャンではありませんが、イエスの教えを応用してそれを日常生活の一部にしてもよく、
As we are supposed to be Christians ― let us use the teachings of Jesus and make them a part of our daily life.

 

またはあなたがいかなる救世主を信奉していようとも、その教えを実行して自己の習慣にすればよいのです。
Or which ever Messiah you are following ― practice their teachings so that they become habitual with you.

 

これはあなたの親しい人の習慣があなたの一部になるのと同じです。
Just as your associate's habits become a part of you.

 

これを実行するならば多くの不快な物事が理解におきかえられて、あなたの生活に驚くばかりの変化が起こるでしょう。
If you will do this you will be amazed at the changes in your life as the many unpleasant things are replaced by understanding.

 

しかしあなたは自己の心に決心させて、”すべてを知る意識”の指導に従うように仕向けねばなりません。
But you must make your sense mind determined to follow the guidance of The All-knowing Consciousness.

 

そうなるとあなたは次のように言えます。「心であるこの私がなすのではなく、意識が私を通じてすべての物事を行なうのである」。
Then you can say ― "I the sense mind do nothing, but the consciousnes does all things through me.

 

これを達成すれば──われわれは、やらねばならないのですが──生命の新鮮さが自分を通じて現れるのです。
If we can accomplish this, which we must do, the newness of life will manifest through us.

 

そして老衰は若さによって置きかえられ、
And old age will be replaced by youth.

 

病気は健康にかわり、
And sickness will be replaced by health.

 

地球を天国の状態にすることになるでしょう。
And we will be on the way in making the Earth a Heaven.

 



 


「創造主は老人ではない」<< Prev | Next >>「意識のささやきを聴くこと」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)