アダムスキー「生命の科学」 レクチャー11 対訳

宇宙空間の探検

レクチャー11
LESSON ELEVEN

 

宇宙空間の探検
Exploration of Cosmic Space

 

 

前講では宇宙空間の探険法を述べようと約束しました。
In the last lesson we promised you an expedition into space.

 

そこで一つ次のような解説を提供して、あなたがこの論理的な手順をいかにうまく感知するかを調べてみることにしましょう。
So we will take this step and see how well you will perceive this logical procedure.

 

 

昔の人は宇宙空間は何もないカラッポな状態だと思っていましたが、これは肉眼で何も見ることができなかったからです。しかし種々の観測装置の発達した近年は、宇宙空間は活動的であって物体を生み出す不可視の元素類に満ちていることをわれわれは知っています。
In the early days the mind felt that space was empty because the physical sight could not see anything in it, yet in recent years with instruments we find that space is active and full of invisible elements out of which forms are created.

 

意識はこのことをたえず心に伝えようとしているのですが、肉眼が不可視な現象を見ることができなかったために、心はそれを認めようとはしませんでした。
Consciousness has been trying to convey this to our minds consistantly but the mind would not accept it as the sight could not see the invisible manifestations.

 

それで種々の装置によってのみ意識が正しかったことが証明されました。
And only through the instruments has the consciousness been proven right.

 

 

あらゆる惑星や天体は、肉眼には見えないけれども意識には見える宇宙空間の諸元素から生まれます。
All planets and form bodies are born from the elements of space invisible to sense sight but not to consciousness.

 



 


「両手を見つめる練習」<< Prev | Next >>「意識で遠方を見る方法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)