アダムスキー「生命の科学」 レクチャー7 対訳

宇宙の意識と一体化する方法

宇宙の意識と一体化する方法

 

 

ではどうすればこれがなされるでしょうか?
And how is this done?

 

それは学校その他の場所で物事を暗記するのと異なるものではありません。つまり意識が自分の心に充分に印象づけられたと確信するようになるまで反復して唱えることによってなされるのです(訳注=「私は意識と一体である!」という言葉を常に繰り返して言う反覆思念の技術を意味する)。
It is no different than memorizing things while in school or elsewhere, and is done with repetition until you are sure that it is well impressed upon the sense mind.

 

これを行なえばけっして忘れることはありません。
When this is done you will never forget.

 

しかしこれは”宇宙の全体性”においてなされるべきであって、”宇宙的視覚”すなわち”神の目”で見ることによって達成できるのです。
But this should be done in the Cosmic Allness, and can be done by seeing with Cosmic Sight or God's eyes.

 

 

あなたを混乱させるような多くの主義主張にとらわれないようにしなさい。
Do not become too absorbed with labels as they may confuse you.

 

これまであなたの心中によく起こっていたのと同じ種類の反応を期待してはいけません。
Do not expect the same kind of reaction as you have been accustomed to from the mental side.

 

あなたは花の生命を知覚するとき、その結果(現象)を生み出した英知にも気づくでしょう。
For when you become aware of the life of a flower you will also be aware of the intelligence that produced the effect.

 

花というものはあなたが聞きなれている音声というかたちで話しかけはしませんが、英知に話しかける英知としてあなたに反応を示すでしょう。
The flower will not speak to you in sounds you are accustomed to but it will react to you as intelligence speaking to intelligence.

 

同じようにしてあなたは万物に話しかけることができます。なぜならその場合あなたは外形だけに気づいているのではなくて、外形を通じて現れている英知にも気づいているからです。
And all forms can be addressed in the same manner, for you will not be recognizing the form alone, but-the intelligence manifesting through the form.

 



 


「人間は半分死人である」<< Prev | Next >>「花に呼びかけると花が応答して動く」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)