アダムスキー「生命の科学」 レクチャー7 対訳

土星旅行における船体との一体化の体験

土星旅行における船体との一体化の体験

 

 

ここで私が土星旅行において得た小さな体験をお伝えすることにしましょう。
Here I will endeavor to give a short experience that I had on my Saturn trip.

 

これによってあなたは私とともに意識のなかにあなた自身をいかにうまく置くことができるかということを調べることができますし、こんなふうにして、その土星旅行を私がやったときにそれが私にとって真実であったように、あなたにとっても真実であるかどうかを調べることができます。
And you can see how well you can place yourself in consciousness with me, and in this way you can see if the trip is as real to you as it was to me when I made it.

 

 

カリフォルニアを離れてから私は一機の円盤のなかへ歩いて入りました。
When leaving California I walked into a small scout ship.

 

するとそれは母船へ直行しましたが、その母船は私がそれまでに乗ったいかなるものとも異なるタイプのものでした。
It took me to a mother ship that was a different type from any I had been in before.

 

その内部にはその旅行の目的からそれるほどに私を夢中にさせるような物が多数ありましたので、私なりの性質の心の側から、奇妙に見える装置類のすべてに興味を持ったのです。
There were many things to distract my mind from the purpose of the trip and I was interested, from the mental side of my nature, in all the strange looking instruments.

 

しかしまもなく私は自分が夢中になっていたことに気づいて、各感覚器官の機能を統合して、本来の旅行目的を思い出しました。
But soon I realized my distraction and organized my faculties, remembering the purpose.

 

これは容易なことではありませんでした。心というものはきわめて利己的で、消化し得る以上に食べようとし、そうすることによってそれはあらゆる方向に散ってしまうからです。
This was not easy to do, for the mind is very selfish and wants to eat more than it can digest and by so doing it scatters itself in various directions.

 

しかし私の意識は「帰途にこの装置類のすべてを見る余裕がある」と語りかけてきました。そこでそうこうするうちに私の心を意識に同調させることができたので、私は与えられた必要なレッスンを吸収することができたのでした(訳注=アダムスキーの土星旅行の詳細は本全集第6巻に収録)。
But my consciousness told me that on the return trip I would have time to observe all of these things and in the meantime I was to place my mind in unison with my consciousness that I might absorb the important lessons that were to be given.

 

 

このとき私の感情は心の好奇心と旅行の宇宙的な目的のあいだにはさまれていました。
At this point my feelings were mixed between mental curiosity and the cosmic purpose of the trip.

 

それで精神的に生きる人間として私自身をコントロールすることや、私自身は何の価値もない者で、むしろ価値のあるあらゆる事を学ぼうとしていることを知ることが私の義務であったのです。
So it was my duty as a mentalist to control myself and know that I meant nothing, but what I was about to learn meant everything.

 

言いかえれば、私は意識という教師である私の真自我へ私自身をまかせる必要があったわけです。この教師は私の個人的なオモチャは必要なときに現れることを知っています。
In other words I had to lend myself to my better self which was the conscious teacher, knowing that my personal toys would be there when I needed them.

 

 

これを行なうことに成功すると私の心は無限の視界へ導く巨大なドアーが開かれていたことに気づきました。
When I succeeded in doing this my mind felt that a vast door has been opened to an unlimited vision.

 

そして私は自分の心がそれまでけっして聞いたことのない物事の充分な理解を体験しました。
And I experienced a full comprehension of things that my mind had never heard before.

 

それは無限という感じであり、その母船の船体をも含めて乗員すべてが私の一部であるように思われました。
It was a feeling of no limitation, and everyone, including the ship, seemed to be a part of me.

 

その母船は一個の生きものになったように思われ、洋上客船が沈没するときに、その船長がどんな気持がするかを私はそのとき初めて理解したのでした。
The ship seemed to become a living thing and for the first time I understood how a Captain of an ocean liner feels when his ship is sinking.

 

多くの場合、船長は乗員を脱出させて自分は船と運命をともにします。
In many cases he sends the crew away but he stays with the ship.

 

もし船長が船を離れるということになれば、彼は船が見えなくなるまで見続けますが、そのとき彼の一部分が船とともに沈むように感じます。
And should he leave the ship he keeps looking back until it is seen no more, and he feels that a part of him went down with the ship.

 

そして彼の一部はけっして忘れることのできない船とともに沈んでしまったのです。船の印象はそれほど強烈であったのです。
And a part of him did go down with it which he can never forget, for its impressions were so intense.

 

船の生命は船長の生命でもあったので、船長と船とはきわめて密接に暮らしていましたから、両者は互いに気持をわかちあっていた二人の人間のようになっていました。
You see the ship's life was also the captains life as they had lived together so much that they became like two persons, each sharing the others feelings.

 

一つは船長の英知で、船はその従者でした。この状態を通じて両者は一体化していたのです。
One was the intelligence of the captain, the ship was the servant, and through this they became as one.

 

 

以上は、ひとたび人間が生命との一体化のもとに生きるとき、意識の英知に関連した万物にもたとえられることです。
This is comparable to all form life in relationship to conscious intelligence once man lives the oneness of life.

 

これが、私が宇宙船内にいたときに感じた事柄です。
And this is the way that I felt when I was on the ship.

 

 

第8講ではこのことをもっと詳細に説明しましょう。
In the next lesson we will explain this more thoroughly.

 



 


「意識と一体化すれば病気も消滅する」<< Prev | Next >>「宇宙の一体性」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)