アダムスキー「生命の科学」 レクチャー9 対訳

人間にとっての最重要事

人間にとっての最重要事

 

 

人間にとって唯一の必要なことは、現在人間が発している想念を直視して、それが宇宙の原理といかに異なっているかを調べることです。
All that a person has to do is to look at the thoughts expressed by man today to see how foreign they are to cosmic principle.

 

人間が宇宙の原理を受け入れることがいかに困難であるかをわれわれは知っていますし、また人間と宇宙の原理とのあいだには大きな相違があることもわかっています。
And we know how hard it is for a man to accept cosmic principles, showing the vast difference between the two manifestations.

 

だから人間は完全さを求めようとするのです。おだやかな意識による感じが完全さの表れとして依然として存在しているからです。
This is why he feels that he needs perfection, for the mild conscious feeling is still present as a perfect manifestation.

 

人間が宇宙の原理にたいして異物となっていても、人間はどこかに完全さがあると感じています。
Even though he became foreign to it he feels that there is perfection some where.

 

その”感じ”が人間を完成の方向へ引っ張るのです。
And this feeling pulls him towards its accomplishment.

 

しかし最も安易な道を選ぼうとしてはこの状態に達することはできないでしょう。
But man will never reach this state by taking the highways of least resistance.

 

このことは長い時代を通じて証明されています。
This has been proven through the ages.

 

ただわずかにあちこちで少数の人が正しい道を歩んでいて、大衆の妨害に屈しないで信念をつらぬいています。
Only here and there an individual has traveled on the right path, through self will and not yielding to opposition from the masses.

 

 

人間が自分の足を正しい道に乗せるや否や、目標に向かって本人の肉体細胞の化学的な構成が変化し始めます。
As soon as a man places his foot upon the right path the chemical composition of his cells begin to change towards the goal.

 

本人が持っていた苦痛や病気などは消滅し始めます。なぜなら、本人は以前のような半身(心)のかわりに充分な生命力を応用し始めたからです。
The pains and diseases he has had begin to disappear for he is beginning to use his full life force instead of just half of it as he did before.

 

そして肉体の細胞すべてが新しい生活を開始します。
And all the cells of his body begin to take on new life.

 

知識のドアーはますます開き始めます。
And the doors of knowledge begin to open wider and wider.

 

そして本人の迷いの人生で初めて創造主との親密さを感じるでしょう。
And for the first time since he strayed away he will feel the closeness of his Creator.

 

 

忘れてならないのは、われわれ各人は”宇宙の意識”の中の単一細胞であり、われわれがひとたびこの意識と一体化するならば、必要な知識にたいして制限はなくなるということです。
Remember that each one of us is but a single cell in Cosmic Consciousness and once we become united with this consciousness there will be no limits to the knowledge that we can have.

 

これこそ異星人が得ようと努力している事柄です。彼らはこれをうまくやっています。
This is what the Brothers are striving for and they are well on the way.

 

彼らもこの努力を開始するのに懸命になる必要があったのですが、地球人はほとんどそれをやってはいません。
They too had to struggle to get started and we have hardly started.

 

しかし決心をし、近年になって彼らが与えてくれた知識を応用すれば、われわれも彼らの後を歩む好機を持つことになります。
But with determination, and using the knowledge they have given to us in the recent years we have the opportunity to travel right behind them.

 

自分が何を望むか、また手近にある知識をいかにうまく応用するかは個人しだいです。
It is up to the individual, what he wants and how well he will use the knowledge at hand.

 

 

宇宙は人間が一部分になり得ない物、人間が知ることのできない物は存在しません。
There is nothing in the Cosmos that we cannot be a part of or know something about.

 

 

第10講では、宇宙という家の中にある物をあなたが知覚する方法を説明しようと思います。
In lesson ten I will try to illustrate how you can become aware of the things in the cosmic house.

 

この第9講の初めに心霊学の誤りを指摘したのはそのためです。
And that is the reason I explained entity worship at the beginning of this lesson.

 

第10講では心霊に関してまだ知られていない面や、人間に関する真の意義を述べましょう。
Which involves the present uninformed phases of psychism and the true meaning in relation to oneself.

 

したがって第10講をお読みになれば、人間の各種の体験の相違点がわかるでしょう。
So that when the tenth lesson is given you will know the difference in your experiences.

 

そして心霊的なものに関係しないで自分を発達させる方法を知ることができます。
And know how to proceed without being involved in mystery, such as present psychics experience.

 



 


「二種類の人間」<< Prev | Next >>「意識による旅行」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)