アダムスキー「生命の科学」 レクチャー12 対訳

本講座の要約

本講座の要約

 

 

長い時代を通じて多くの習慣が人間の心の主人公になってしまいました。
After centuries of living as society has, habits have become the masters of men's minds.

 

これは世代ごとに強化されています。
And this has been strengthened by each generation.

 

従って以前述べましたように、習慣を除くのは容易ではありません。
So, as said before, it is not easy to get rid of them.

 

しかしわれわれはそれを根気よく続けて、古い習慣を新しい知識と取り替えねばなりません。
But we must keep diligently at the task and replace old habits with new knowledge.

 

これが自分の半身(意識)を知る一つの方法です。
This is the way to find and know the other half of yourself.

 

 

第1講では生命の分析と因を知覚することと物事の因果関係に気づくことの重要さについて述べました。
The first lesson dealt with the analysis of life and the awareness of cause and the importance of being aware of cause and effects at the same time.

 

したがって心を観察するか、または意識による印象の感受によるかしてあなたの感知力を増すように努力し続けなさい。
So continue to increase your awareness whether by mental observation or conscious impressions.

 

 

第2講では心とその構成部分について説明しました。
In lesson two we explained the mind and its component parts.

 

だからあなたの心が外界の諸現象に完全に惑わされないように注意しなさい。
So see to it that your mind is not purely occupied with outside perceptions.

 

またあなたの心が肉体の構成とその目的を知ることにひとしい関心を持つようにしなさい。
And demand that your mind takes equal interest in being aware of the component parts of your body and its purpose.

 

肉体や他の万物の働きの驚異を感知しなさい。
Ever aware of the marvel of its working and that of all other forms.

 

 

第3講は宇宙の法則の応用法です。
The third lesson was on the application of Cosmic Law.

 

その法則があなたの生活の主人公になるまで少なくともある程度は日常生活でこの法則を確実に応用しなさい。
Be sure that you apply this law in your daily life at least to some degree until it becomes the master of your life.

 

その法則が万物の中で働いていることを見るようにしなさい。それが万物を刺激しているのです。
See this law in operation in every form, for it motivates all forms.

 

 

第4講では人間の知覚し得る最小の物から最大の物に至るまで万物の相互関係が説明されました。
In lesson four the relationship of all creation was explained from the smallest to the greatest manifestation that one can conceive.

 

万物が互いに頼り合っていて、分裂なしに互いに関連し合っている状態を観察しなさい。
See it all interrelated with no divisions, each dependent upon the other.

 

 

第5講では、英知と生命力は意識からくることを説明しました。
In lesson five we explained that the intelligence and power of all life comes through consciousness.

 

また、いかにして創造主があらゆる生命体を通じて自己を表現しているかについて話しました。
And also how the Creator is manifesting Himself through all form life.

 

 

第6講は”新鮮さ”に関する章でした。
Lesson six was on newness.

 

肉体を若返らせるにはまず心を若返らせねばなりません。
In order to rejuvenate the body one must rejuvenate the mind first.

 

これは心が、発達しているあらゆる新しい物に関心を持つときに達成されます。
And this is done when the mind is interested in all new things which is progress.

 

 

第7講は、過去の体験から益を得るための”宇宙の記憶”と記憶の重要性に関するものでした。
Lesson seven was on Cosmic memory and the importance of memory in order to benefit from past experiences.

 

心が記憶を永遠に保つ意識と融合しないかぎり、心は記憶のよき保持者とはなりません。
The mind is not a good retainer of memory unless it blends with the consciousness where memory is eternal.

 

 

第8講では、宇宙の一体性と、人間が他のものからの分離感を起こすのは知識の欠乏からであることを述べました。
Lesson eight is on Cosmic Oneness and how when one may feel separate from another or other forms the feeling comes through lack of knowledge.

 

イエスは「あなたが他人を傷つけるならば、それは私を傷つけることになる」と言っています。
As Jesus has said, "if you hurt any one of these you have hurt Me."

 

”全体”のなかには分裂や分離はありません。
There is no division or separation in the Allness.

 

われわれは万物の創造主である意識を心の支配者たらしめるならば、寂しさや分離感は消えるでしょう。
And if we let the consciousness which is the creator of all forms replace the domination of the mind the feeling of loneliness and separation will vanish.

 

こうした孤独感は創造主すなわちわれわれの宇宙的な半身の親密さで置きかえられます。
And these feelings will be replaced by the closeness of the Creator or our own Cosmic counterpart.

 

 

第9講は、宇宙的細胞と物欲細胞の活動に関する記事でした。
Lesson nine is on Cosmic and carnal cell activity.

 

これは、人間の利用に適する物を作るために自然界の物質を用いて組み立てる物に似ています。
This is like any thing that we construct by using nature's materials to make things suitable for man's use.

 

心の習慣を通じてわれわれは物欲細胞を作り出しています。
Through habits of the mind we create carnal cells.

 

”息子”としての心は”父”の能力を有しているからです。
For the mind like the Son has the potentials of the Father.

 

心が”父”を信用しない場合、心は自分の力だけで働いているようなふりをします。
When the mind does not give credit to the Father it assumes that it operates on its own.

 

これは宇宙の法則の誤用によって創造主と心との分離を引き起こします。
And this brings a separation between the Cosmic Creator and the mental creator through the mis-use of the Cosmic Law.

 

だから父と息子は一体となって働かねばならないのです。
This is why the Father and the Son must work as one.

 

「私と父とは一体である」とイエスは言いましたが、
As Jesus said, "I and the Father are One.

 

”心である私”と意識とは一体であるのです。
I the mind and consciousness are one.

 

すなわち心としての私は意識の行なう物事以外の何もしないということです。
Or I of myself do nothing but the Father that worketh through me does all of the work."

 

つまり私自身は何もやらないが、私を通じて働いている”父”はあらゆる仕事をするという意味です。
Meaning, I the mind do nothing but the consciousness through the mind does it all.

 

意識の伴わない心は死物であるからです。
For a mind without consciousness is dead.

 

 

第10講は意識による旅行でした。
Lesson ten is on Cosmic Traveling.

 

イエスは、人間の心が存在する所には本人もいるのだと言っています。
Jesus said that wherever a man's heart is there he is also.

 

これは、人間が意識的に存在を知覚する場所には本人もそこにいるという意味です。
It means that man is wherever he is consciously aware of being.

 

 

宇宙空間の探険に関する第11講は、意識としての空間を説明しています。
Lesson eleven on the exploration of Cosmic Space explains space as consciousness.

 

ゆえに心がそれと混和するならば、それは空間のいかなる場所をも探険できるのです。
And how when the mind blends with it it can explore any phase of space.

 

その解説に返りますと、人間の心が存在する場所には本人もいるということになるのですが、この意味を分析してみましょう。
Returning to the statement, where a man's heart is, there he is also, let us analyze the meaning of this.

 

たとえば、建物のなかに歩いて入って行く人は、内部の何か一つの物に心を引きつけられて、建物の中の他の物は目に映りません。
i.e. A person walking into a building can be attracted to one single thing and fail to see the other things in the building.

 

これは”警戒性探知力”の説明のために引用したのです。
I will use this as an illustration of alertness.

 

二人の男がビールを飲みに酒場へ入ります。
Two men enter a tavern for a glass of beer.

 

一人は観察力が鋭くて、大きな美しい絵がかかっているとか、魅力的な女性がただ一人でテーブルに向かって座っているとか、その他多くの物が心に焼きつきます。
One is very observant and many things register on his mind such as a large beautiful picture and an attractive lady seated alone at a table.

 

飲み終わると二人は店を出て行きます。
When they have finished their refreshment the two men leave.

 

そこで観察力の鋭い男は並はずれた絵や魅力的な女性について話し始めますが、
The observant one commented on the unusual picture and the attractive lady there alone.

 

飲むことにしか関心のなかった他の一人はそんなものを見ていませんので、相手の話しを聞いて関心を起こし、もう一度店へ引き返してそれを見ようと言います。
The other man who had been interested only in the drink had not seen any of these things but his interest was aroused and he suggested that they go back so that he could view them.

 

これと同様に、二人の人間は意識的に旅行することができるのですが、探知力のある人は他の人よりももっと多くの物を見る理由を示すためにこの例を用いただけです。
I use this only to show how two people may travel consciously yet one will see much more than the other.

 

 

第12講はいうまでもなく第11講までの要約であって、読者が生命を理解しようというまじめな努力によってこの講座を自分の一部にされることが期待されます。
The twelfth lesson is of course the summation of all of the lessons and I hope that all who have taken this course have made it a part of themselves through their sincere effort to understand life.

 

これはまだほんの序の口にすぎません。与えられた多くの要点を復習するたびごとに、あなたは”宇宙的自我”の発達を拡大することになるからです。
This is but a beginning for each time you restudy the many points given, you will enlarge the development of your Cosmic self.

 

あなたは自分自身以外に他の何物も必要はありません。永続的な発達に必要な道具類のすべてをあなたはすでに持っているのです。
You do not need anything else for you have all of the tools necessary for your continued development.

 

 

地球上のあらゆる物は発達し続けていますので、ときおり新しい知識が他の惑星の兄弟からもたらされているということが考えられます。
As things on earth keep on developing it is possible that new knowledge will be coming from time to time from the Space Brothers.

 

ゆえにあなたが知らせてもらいたいと思うならば、当方へご連絡ください。名簿中にあなたの名を加えておきます。
So if you choose to be informed you may ask to have your name entered on the list.

 

またあなたがこの講座をいかにうまくマスターしたか、この講座に関してどのような疑問を持っているかを知らせてください。
And also let us know how well you have done with the lessons and what questions you have pertaining to the course.

 

個人的にいちいち回答を差しあげるのは不可能ですが、時機がきたら質疑応答のブックレットを作るつもりです(訳注=アダムスキーは一九六五年に他界した)。
It probably will be impossible to answer your questions individually, but when time permits we will compile a booklet of questions and answers.

 

 

スペースブラザーズ(他の惑星の兄弟)は読者の多くがこの講座を通じて充分に発達し、研究グループを組織することを望んでいます。
The Brothers would like to know how many of you have developed sufficiently through this course to organize a group for this study.

 

そうすれば、あなたは”自我”を理解するのに自分ばかりでなく他人をも援助することになるでしょう。
And in this way you would be helping others, as well as yourself, to understand the self.

 

そうすることによってわれわれはさらによき社会を持つことになるのです。
And by so doing we could have a better world's society.

 

 

あなたが研究してきたこの講座は各個人の目的を果たすためにスペースブラザーズから祝福されています。
The lessons that you have received have been blessed by the Brothers for each individual's purpose.

 

ゆえにこれは、永続する発達の大通りの完備した個人宛の贈り物として栄光ある講座です。
And they should be honored as an individual gift containing an everlasting avenue of development.

 

心は与えられた教えのすべてを記憶することはできませんので、心が発達を続けるためには何度も読み返さねばなりません。
For we know that the mind cannot remember all of the phases given and you will have to go back and re-read many things in order for the mind to continue its development.

 




 


「たえまなき進歩の報い」<< Prev | Next >>「この講座を毎日読むことが大切」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)