アダムスキー「生命の科学」 レクチャー9 対訳

死者の霊が語るのではない

死者の霊が語るのではない

 

 

こうした特殊な原因によって、これまで不可解であった世の中のさまざまの神秘的な現象が発生していったわけです。
This particular phase has produced the mysteries of the world before this became known as it is today.

 

各種の心霊団体は、「心が細胞の持つ知性と接触するとき何が発生するか」を知ってはいません。だから心霊団体は霊媒が感受する事柄は死者からくるものと思い込んでいるのです。
The mystic groups do not know what takes place when the sense mind connects with the cell intelligence, so they have classified what they receive as coming from the dead.

 

 

私が説明し得るかぎりでは、宇宙的な各細胞はそれぞれ周囲に、より小さな分子群を従えた一個の送受信局を持っています。
As near as we can tell, each cosmic cell has a master unit with smaller molecules about it.

 

昔の学者はこのことを知らなかったため、この送受信細胞に接すると感受するメッセージは高級霊からくるものと考えていました。
The early scholars not knowing this, contacting this master cell unit, assumed that the information was coming from a highly developed spiritual guide.

 

しかし実際には自身の肉体内部からくる印象を感受していたのです。
But in reality they were getting the impressions from within themselves.

 

人間の肉体は無数の細胞から成っていますので、人体内部には無数の送受信局があるということになります。
As the human body is made of billions of cells, there are billions of master cell units within its structure.

 

それはちょうど数百の働きバチを従えた女王バチが無数に存在するのと同じです。
And trillions of lesser molecules like a Queen bee with hundreds of workers.

 

 

この送受信局は、あらゆる生命体の内部ですべての宇宙的な活動を指令する宇宙的な細胞です。
The master units are cosmic cells that direct all cosmic activity within the body of every form.

 

それを名付けるということになれば、”至上なる英知”または万物の”父”と呼んでよいでしょう。
They could be called, if we were to name them, The Supreme Intelligence, or Father of all creation.

 

 

この細胞を形成する数百の働きバチ(より小さい分子)は宇宙の原理においてひとしいのであって、中心の局の指令に従っています。
The lesser workers that form the cells are equal in cosmic principle and are obedient to the direction of the unit instructors.

 

したがって、心がみずからを宇宙的な秩序ある印象にゆだねるならば、心にとっては分子群(働きバチ)から印象を感受することが容易となります。
So when the sense mind lends itself to a cosmic impression it is easier for it to receive from the molecules or lesser workers.

 

このことを知らない心霊学の学者は、そうした印象類が死者の霊魂からくるものと考えていますが、いかにも霊が語るように思われるのは各細胞が独立した一個の実体であるからです。
A scholar of the mysteries not knowing this accepts the impressions as coming from dead entities, for each cell is an entity in its own right.

 

だから細胞の中心の発信局から発せられた印象が感受されると、それは前に述べたように霊的に高度に発達した実体からくるものとみなされてきたわけです。
And when impressions are received from master units they are classified as coming from a high, spiritually evolved entity as stated before.

 



 


「呼びかけあう細胞の活動」<< Prev | Next >>「クセの悪い習慣細胞もある」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)