アダムスキー「生命の科学」 レクチャー5 対訳

心は大体に怠けがち

心は大体に怠けがち

 

 

しかしこれを見出した後にも迷う人があります。
Yet some individuals after finding this go astray.

 

こんな人は無数にいるのです。
And there are millions of such.

 

しかしこれが起こると一つ以上の裂けめが生じ、ときとしてこれらの裂けめを埋めることが不可能になります。人間の心は多くの場合に怠惰であり、最も抵抗のない楽な道を求めようとするからです。
But when this happens more than one gap is made and sometimes these are almost impossible to fill as the human mind in many cases is lazy and seeks the highway of least resistance.

 

こうして心は生涯に多くの裂けめを作り出します。
Thus it creates many gaps through its span of life.

 

そうしてこうした心を持つ大衆は真の幸福、平和、満足をけっして知りません。
And this majority never know true happiness, peace and contentment.

 

その証拠は彼らが宇宙的性質を帯びた生活からはずれていることに表れています。
And the indications are that they are off the beam of life which is of cosmic nature.

 

すぐにイライラしたり、不平を起こしたり、たえず文句ばかり言い、きわめて貧弱なスポーツマンシップを示したりします。
For they are easily irritated, hard to satisfy, fault finding and display very poor sportsmanship.

 

そしていつも自分と同じような性質の浮わついた新しい友人を求めます。
They constantly seek new friends which are not stable, but of the same nature.

 



 


「過失を分祈して訂正する」<< Prev | Next >>「心というジャングル」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)