アダムスキー「生命の科学」 レクチャー10 対訳

基本的な自律訓練法

基本的な自律訓練法

 

 

そこでひとつ基本的な段階から始めることにしましょう。
So now let us proceed with the first step:

 

まずあなたのセンスマインド(心)をリラックス(ゆったり)させること。これはセンスマインドが自分のためを思って、それ自身(センスマインド自身)にたいする関心を捨ててしまう場合にのみ達成できます。
First your mind must relax, and this can only be done when the mind loses interest in itself in its own behalf.

 

たとえば一人の少年が野球に熱中しているとします。ところが野球以外の物事を学んだり見たりしようとすれば、本人は野球にたいする関心をセンスマインドから完全に追い出して、新しい物事に全注意力を集中させねばなりません。これと同様です。
Like a boy who is interested in baseball, but if he wants to learn and see something else he has to put his first interest completely out of his mind and give full attention to that which he is about to learn or see.

 

 

人によっては肉眼を開いたままでこれを行なうのは困難かもしれません。目に見える物によって注意力を乱されるからです。ですからやってくる印象類や映像に完全な注意力を集中するには、目を閉じるのが最上でしょう。
For some this will be difficult with their eyes open, for the attention will be distracted by things that are seen, so it will be best to close the eyes in order to focus the full attention on the impressions or pictures that come.

 

しかし最初は一度に五分間ないし一〇分間程度にとどめるべきです。
At first this should not be done for more than five or ten minutes at a time.

 

初めから多くを得ようと思ってはいけません。
And do not expect too much at the beginning.

 



 


「印象の受信の仕方」<< Prev | Next >>「両手を見つめる練習」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)