アダムスキー「生命の科学」 レクチャー5 対訳

過失を分析して訂正する

過失を分析して訂正する

 

 

あなたは、自分が過失をおかしたかどうかについて確信が持てなければ、結果を注意深く分析してごらんなさい。
If you are not sure whether a mistake has been made or not, make a careful analysis of the effect.

 

誤りをやったと感じるならば訂正する方法が示されるでしょう。
If you feel that you have, the way to make the correction will be shown.

 

もしその訂正の行為が他人と対立することになるならば、その他人になりなさい。そうすれば時間の損失なしに何をしたらよいかがわかります。
And if the action is against another human being, become that person, and you will know what is to be done without loss of time.

 

あらゆる過失は人間を宇宙的印象から切り離し、二点間に真空または空隙のような状態を生じさせます。
For every mistake cuts one off from cosmic impressions and creates a condition like a vacuum or gap between two points.

 

これは電話が通話中に切れるのと同じです。
It is no different than being disconnected while talking on the telephone.

 

これが電話線の故障によって起こるとし、話し手がその故障に気づかないとすれば、話し手は送話を続けますが、聞き手は印象を受けません。
If this is caused by a break in the line, and the one making the call is unaware of the break, he continues to talk but the receiver is not getting the impressions.

 

修理されるまでは印象を感受しないでしょう。
And he will not until the correction is made.

 

そこで聞き手にとって通話はとだえてしまって、空隙は混乱で満たされることになり、何を話そうとしていたのかといぶかります。
So the intervening conversation is lost to the receiver, and the gap is filled with confusion and wondering what was to have been said.

 

こうして感受されるべきはずの事柄はゆがめられてしまいます。
And in this way, what would have been received is distorted.

 

 

訂正されない過失が他の過失と対立する場合、けっして解決されない謎が生じます。
In the case of an unconnected mistake against another, a mystery is created that may never be solved.

 

そして一定の時間の経過後に謎が生じるならば、本人の”感じ”はもとのそれと同じではありません。
And if it is done after a lapse of time the feeling will never be the same again.

 

そこで訂正を無視したことによってロスが生じるわけです。
So there is a loss through the neglect of correction.

 

しかしこうした状態下にあってもなお訂正はきわめて重要です。
And yet the correction even under these conditions is very important in order to carry on.

 

なぜなら、その線にそったどこかで、失われた言葉または印象が、たとえ別な理由のためであっても、みずからを繰り返すであろうからです。そしてこの知識を持つ人は、その失われた言葉を用いて空隙を埋めることができます。
For somewhere along the line the lost words or impressions will repeat themselves, even if for another reason, and he who has the knowledge can use these words to fill in the gap.

 

これは多くの場所に調和する窓ガラスと同じことです。
It is no different than a window pane that will fit into a number of places.

 

 

人は過失を避けようとして過度に用心深くなってはいけません。
One must not be overly cautious in avoiding mistakes.

 

過度に用心深くなると何事もできなくなります。これは価値がありません。
For then he would be doing nothing ― this has no value.

 

重要なのはなるべく早く過失に気づいてそれを訂正することです。
The important thing is to realize and correct mistakes as soon as possible.

 

なぜなら、人は言葉または交際によって自分に適している物を見失うならば、それを発見するのにときとして数年、数世紀をも要するからです。
For when one misses something that was meant for him, either by word or association, it somethimes takes years or even centuries to find it.

 

自分の現世のすべてともいうべき物を探し求めていた人々を私は知っています。
I have known people who were searching for something all of their present life time.

 

彼らは自分が何を求めているかを知っているときもありますが、知らないときもあります。
Sometimes they know what they are looking for and sometimes they don't.

 

しかし彼らはそれを見い出す時機を知っています。なぜなら不安定な神経感覚は消えて、彼らはあたたかく楽しい感じを持ち、行なっているあらゆる物事を楽しんでいるように思われるからです。
But they do know when they find it for the uncertain nervous feeling vanishes and they eminate a warm pleasant feeling and seem to enjoy everything that they do.

 

彼らは未来に関心はなく、日々を満足して楽しく生きているように見えます。
They are not concerned with the future and seem content and happy to live from day to day.

 

しかし彼らはなし得るすべてを学びとろうという意欲を持っていて、自分の望む物を持っていると思われる人々との交際を求めます。
But they have a hunger to learn all that they can, and seek association with those whom they feel have what they want.

 

これは、空隙、すなわち人生のどこかで失われた物を満たしているよい傾向です。
This is usually a good indication that they are filling a gap ― a something lost somewhere in life.

 



 


「得意になってしゃべらないこと」<< Prev | Next >>「心は大体に怠けがち」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)