アダムスキー「生命の科学」 レクチャー10 対訳

意識を望遠鏡として用いる

意識を望遠鏡として用いる

 

 

一度にあまり多くの物を見ようとしてはいけません。
Do not try to see too much at one time.

 

少しずつ意識のなかへあなたの心を拡張させながら、望遠鏡を使用するのと同じ方法を応用しなさい。
Use the same method as with the instrument by extending your mind into consciousness little by little.

 

強行しようとしてはいけません。自然のままに行なうのです。
Do not force it, let it be natural.

 

あなたが永遠の生命の海に入るならば多くの時間があるからです。
For if we get into the eternal sea of life there is plenty of time.

 

事を急いで早くテレパシーの能力を開発しようとあせるよりも、ゆっくりと向上するのがはるかによいのです。
It is much better to have a slow growth than to try and grow fast and miss something that could cause confusion later.

 

忍耐をあなたの土台として心をしだいに意識のなかへ浸透させなさい。
Let patience be your foundation and the extension of your mind into consciousness gradual.

 

 

忘れてならないのは、意識は一見奇妙と思われるような印象を心に運ぶことがあるということです。新しい物事はすべて最初は奇妙に思われます。
Remember that consciousness will convey impression to the mind that will seem foreign, like all new things do at first.

 

そして、あなたの心に何らの疑惑をも起こさせないで、やってくる印象や映像にたいして素直に聴き耳をたてたり観察したり、またはわき起こる啓示からもっとよいイメージを作ろうとする幼児のような状態にしておく必要があります。
But let your mind become as a little child listening and observing impressions and pictures that may come without questioning or trying to make a better picture out of the revelations.

 



 


「機械のかわりに意識眼を用いること」<< Prev | Next >>「印象の受信の仕方」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)