アダムスキー「生命の科学」 レクチャー4 対訳

万物の相互関係

レクチャー4
LESSON FOUR

 

万物の相互関係
The Relationship Of All Creation

 

 

先講では、混乱をなくすためにできるだけ簡潔に万物の相互関係を説明しようと述べました。
In the last lesson we stated that we would explain the relationship of all creation as simply as possible in order to eliminate confusion.

 

そこで人間にたいして役立っている多くの領域について扱うことにしましょう。
We will deal with the many kingdoms that serve man.

 

その領域のどれがなくても人間は生きることができないし、”宇宙の計画”は完成されないからです。
For without each he could not live and the Cosmic Plan would not be complete.

 

 

人間が自分自身に関連する生命界のあらゆる面を理解することは、英知の最高表現としての人間の義務です。
It is man's duty as the highest expression of intelligence to understand all of life's phases in relation to himself.

 

 

分析としてまずわれわれの理解力ではほとんど無のように思われる不可視なガス類から始めることにしましょう。
For analysis we will start with the invisable gases which seem to our understanding almost nothing.

 

このガス類のなかには密度と用途の異なるさまざまの種類があります。
But within this kingdom are groups that vary in consistancy and purpose.

 

そしてこのガスから固定化した多くの個体が生じます。
And from these come the many forms, as they solidify.

 

 

このガス状の中に最高の活動が存在しています。
In the gaseous state the highest activity exists.

 

そして各ガスはたえず融合したり分離したりしてその領域内で各種の結合状態を生じています。
And the gases continuously combine and separate to bring forth the different combinations within the kingdom.

 

あるガスは化合してからゆっくり活動を始め、それを続けてついに一個体となります。
Some combine and slow up their action and continue to do so until they become a form.

 

その緩慢な段階の初めの部分では、われわれが化学元素として分類している液状となりますが、
In the first part of the slowing stage they become liquids which we classify as chemical elements.

 

その段階においては一つの化学元素は他の元素と化合してもとの状態とは異なる様相を呈してきます。
Thus in the liquid stage one chemical element mixes with another and creates phases that are different than they were originally.

 

 

この混合の過程を通じて活動が続きながら極端な熱と極端な冷気とその中間の数多くの変化が発生します。
Through this mixing process extreme heat and extreme cold and the many variations between result as the action continues.

 

そしてある種のガスと液体の化合は、おだやかなまたは激しい燃焼を起こします。
And some combinations of gases and liquids cause mild or violent combustions.

 

しかしこの活動からガスといくぶんかの物質とから成る液体の凝固が起こります。
But out of these come the solidification of liquids that are composed of gases and parts of matter.

 

だがまだきわめて希薄であるために顕微鏡その他の装置を用いてそれを検出することはできません。
But they are so fine that we have not as yet been able to make a microscope or instruments able to detect them.

 

しかしそれらは存在するのであって、この惑星上にある、われわれが知っている物を生み出すために、存在しなければならないのです。
Yet they are there, and have to be in order to produce what we know exists on this planet.

 

 

そこでわれわれは当然あらゆる惑星と物質はほとんど同じ物でできていると考えます。
So we naturally assume that all planets and forms are made of very much the same materials.

 

ただちがうのはそれらの大きさ、密度または構造の粗さなどです。
And they vary only in size and fineness or coarseness of structure.

 

 

この点においてわれわれはもとヘ返って分析し、自己再生に必要な成分のすべてを具体化する一形態を作り出すために、そのような段階がどのようなものかを考えてみましょう。
At this point let us go back and analyze, or speculate on what the steps would be to build a form emboding all of the elements necessary for self reproduction.

 

 

この太陽系の一惑星は例としてよい場所になります。
One of the planets of our system would be a good place to start.

 

それは表面に多くの個体を次々に生み出している無数の惑星を代表しているからです。
As it represents one of billions of planets which in turn produce the many forms borne upon it.

 



 


「偉大なバーバンクのテレパシー」<< Prev | Next >>「物質の出生地は空間」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)