アダムスキー「生命の科学」 レクチャー2 対訳

人体の創造の不思議

人体の創造の不思議
THE CREATION OF A HUMAN FORM

 

 

妊娠している女は自分の体内に受胎の状態が起こっていることを知っていますが、彼女の心は人体の創造について何が行なわれるのかを知っていません。
A pregnant mother knows that a conception has taken place within her being, but her mind does not know what is to be done in the creation of the form.

 

何度も彼女は「どうなっているのだろうか」と考えます。
Many times she wonders what is going on.

 

胎児を生長させているようなタイプの英知を正確に知っている心という者はこの世に存在しません。
There is not a mind in the world that knows exactly the type of intelligence that is responsible for the growth.

 

受胎から出生に至る青写真がすでに作られていることは事実ですが、刻々と新しい人体を作りあげている英知の写真は撮られていません。
It is true that pictures have been taken from conception to birth, but not of the intelligence that brings about the form from moment to moment.

 

この英知は人間の心、母親の心などを超越したものです。人間の心は体内で何が行なわれているかを知らないのです。
This intelligence is superior to the minds of men and that of the mother, for they know not what goes on.

 

このことは心が自分よりももっと偉大な英知に従属していることを証明しています。
This proves that the mind is subject unto a greater intelligence than its own.

 

しかし心はこの高度な英知の指導に身をゆだねるならば英知とひとしくなる可能性を持っているのです。
Yet the mind has the potential of attaining equality if it allows itself to be guided by the higher intelligence.

 



 


「心は本当の知る者ではない」<< Prev | Next >>「偉大な英知とは内部の意識」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)