アダムスキー「生命の科学」 レクチャー8 対訳

疑惑や恐怖を起こさぬこと

疑惑や恐怖を起こさぬこと

 

 

完全な啓示がこないうちに意識が洩らそうとしている事柄について疑惑を起こしてはなりません。
One should not question what the consciousness has to reveal before the full revelation comes.

 

また何物をも恐れてはいけません。恐怖は人生のレッスンの連続を中止せしめることになるのです。
And you should fear nothing ― for that could cause you to lose the sequence of the lesson.

 

あなたはすでに知っているように、心はいままで行なわれてきた誤った教えに従ってきたために、理解できない物事を恐れやすく、不快なものを排除しやすいのです。
For as we know the mind has been accustomed to fear that which it does not understand, and reject that which is unpleasant, due to the wrong teachings it has been subjected to.

 

しかしわれわれは、あらゆる現象は互いに調和し合っていること、また宇宙が完全であるためにはそうなくてはならないことなどを知っています。
But we know that every manifestation fits into every other one, it must be so in order for the Cosmos to be complete.

 

このことが心によって理解されるとき、美しい情景が展開し、はめ絵の各部分は完全な絵を作るために適当な場所に落ち着きます。
And when this is understood by the mind a beautiful unfoldment will come, each part of the puzzle falling into place to make a complete picture.

 

 

And it will not reject anything.

 

 

もしあなたが短気または利己的な仕事を通じて心からくる干渉に気づくならば、子供をしつけるような調子で心を訓練しなさい。
Should you become aware of an interference from the sense mind, either through impatience or egotistical effort, discipline it as you would a child.

 

これはただちに行なう必要があります。そうしないと、そのはめ絵から何かが失われて、その結果混乱を招くでしょう。
This must be done immediately, for if you don't, something will be missing from the picture which could result in confusion.

 

 

以上の部分を読者はしっかりと把握する必要があります。今後この講座で”宇宙の意識の海”を探究するからです。
This portion of the lessons should be firmly adhered to, for in the forthcoming lessons we will venture into the Cosmic Sea of Consciousness.

 

これで読者によっては多くの啓示がくるでしょう。そして心は自分が見るものを嫌悪する傾向が起こるかもしれません。
This will bring many revelations according to the individual, and the mind may have a tendency to dislike what it views.

 

たとえばあなたは、過去世(複数)で無数の異なる表情をしている自分の姿を見るかもしれません。そして(透視した)光景によっては心にとって好ましくないのもあるので、心はそれらに差別をつける傾向があります。
i.e. You may see yourself in a million different expressions in past existances, and the mind may tend to discriminate between the scenes, as some will not be flattering according to the mind.

 

言いかえれば心は真実に直面することを学ぶ必要があるのです。
In other words, the mind must learn to face reality.

 

というのは、生命はただ単に甘味だけでできているのではなく、その計画中には酸味もあるからです。
For life is not made of just the sweet, as the sour is also in the plan.

 

その両者を組み合わせることによってわれわれはこころよい結合状態を得ます。
Yet by putting the sweet and the sour together we get a pleasant combination.

 

人間の肉体と心を発達させて、より精化された状態にしようと思えば、右のようにしなくてはなりません。
It must be this way if man's form and mind are to progress and develope into something finer.

 

人間が充分な知識を持とうと思えば、何物をも排除してはならないのです。
Nothing can be omitted if one is to have full knowledge.

 



 


「意識のささやきを聴くこと」<< Prev | Next >>「真の神秘は存在しない」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)