アダムスキー「生命の科学」 レクチャー4 対訳

心は人体内の英知に気づかない

心は人体内の英知に気づかない

 

 

これが、人間の”意志”が右の過程の”意志”に身をゆだねなければならぬ理由です。ただし人間の意志が自己の正体やその存在の理由を知ろうとするならばです。
This is the reason that the Will of man must will itself to the Will of this process if it is to know what it has been and its reason for being.

 

私は右の知識の一端にやっと到達したにすぎない地球の科学に関連して以上の事柄を伝えました。
We bring this to you in relation to our present science which is only on the brink of this knowledge.

 

前述のように異星人は数千年間右の知識を持っていて、それを応用しています。
And as stated before, the space people have known and used it for thousands of years.

 

人間が真の自我を知ろうとすれば右の知識は根本的に重要です。
And if man is ever to know his true self, this knowledge is very essential.

 

右の知識の中に生命の絶対的な確実性があるからです。
For within it lies the absolute certainty of life.

 

 

心だけで生きているわれわれはみな自分の肉体内で何が起こっているかについてほとんど知っていないという事実を認めねばなりません。
We all must admit that as mentalists we know little about what is going on in our bodies.

 

しかしある種の知識が肉体を通じて働いていて、「どうしたらよいか」を心は知らないのに肉体は知っているということがわれわれにはわかっています。
But we do know that a certain kind of knowledge is operating through the body that knows what to do when the mind does not.

 

ゆえに心はこのことを既成事実として盲目的に受け入れてきたわけです。
So the mind has been accepting this on blind faith as an established fact.

 

しかし心が調和的なおだやかな状態を保とうとすれば、人体内で起こる物事のすベてを知ることが心の義務であり特権であるのです。
Yet it is the duty and privilege of the mind to learn all that takes place within the form if it is ever to have a peaceful existance.

 

こうして心みずからが創造された目的を果たし、不安によってひき起こされた混乱と恐怖によってもたらされた諸状態を排除することができるわけです。
And thus fulfill the purpose for which it was created and eliminate the conditions brought on by confusion and fear caused by uncertainties.

 

そのとき心は現在やっているような過失をくり返さないでしょう。
Then the mind would not repeat mistakes as it does today.

 

 

心というものは人体内の意識的な英知の働きにほとんど気づいていないということはおわかりでしょう。
You can see that the mind is seldom aware of the conscious intelligent operation within the form.

 

われわれが眠っているとき、意識は人体を働かせますが、心は何も知りません。
For when we sleep the consciousness operates the form while the mind knows nothing.

 

こうして、けっして休むことのないある種の英知が存在することが実証できます。
Thus proving that there is a form of intelligence which never rests.

 

だから心も”知る者”となるためにはこの英知と一体化しなければなりません。
And the mind must unite with this intelligence in order to be the knower.

 

これが達成されると人間は現在堪え忍んでいる不快な生活法のすベてを解消するでしょう。
Once this is done man will eliminate all the unpleasant ways of life he now endures.

 

そして人間はあらゆる個体内で起こっている物事やその目的を知るようになります。
And he will know what goes on in every form known, and its purpose.

 

区分というものはもはや謎をひき起こさなくなるでしょう。
And divisions will no longer cause mysteries.

 



 


「DNAが生命体の基本」<< Prev | Next >>「超能力開発の根本的基本」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)