アダムスキー「生命の科学」 レクチャー8 対訳

意識のささやきを聴くこと

意識のささやきを聴くこと

 

 

ただしこの講座を読むだけではだめで、これを生かすことが必要です。
Reading these lessons will not do it, but living them will.

 

そうすればあなたは自分を支配することになります。
And when you have done this you will have mastered yourself.

 

そして地上にある諸要素はあなたに役立つでしょう。
And the elements that are here will serve you.

 

人間は”父”の可能性を持つ唯一の生命体であるからです。
For man is the only form that has the potentials of the Father.

 

しかし創造された目的を果たそうとするのなら、まず最初に意識を”父”と認めて、もとの”父”のもとへ帰らねばなりません。
But he must first recognize consciousness as the Father, and return back from whence he came if he is to fulfill the purpose for which he was created.

 

 

人間は自分のためにと思いながら自分の心にいつまでも役立つことはできません。
Man cannot forever serve his mind ― for himself.

 

だれでもすべて同様です。こんなことで天国のような生活状態を実現させて楽しめると思ってはなりません。
Or other minds for other men and expect to realize and enjoy a heavenly state of fife.

 

 

われわれはすべて意識ある実体なのであって、意識という静かな小さな声は、心ががなり立てて指示する方法よりももっとよい方法があるぞと自分にささやき続けます。
We are all conscious beings and the still small voice which is consciousness keeps impressing us that there is a better way than the mind has promoted.

 

方法を語ってくれるのはあちこちにいる教師や説教師ではなく、万人の内部にひそむ意識なのです。
It is not some teacher or preacher, here and there, that can tell us how, but the consciousness that is within each, as it is within him.

 

長いあいだよき生活の方法を人間に気づかせてきたのはこの意識なのであって、人間の心がその支配権を意識にゆずり渡すまでは、意識はやはり人間にささやき続けるでしょう。
For it is THIS that has made man aware of a better life for centuries, and it will continue to do so untill man's sense mind gives its dominion over to consciousness.

 

このことが起こると、人間は知ることになります。人間は再び分裂を感じることはなく、自分が創造主から分離していると感じることもないでしょう。
And when this happens man will know, for he will never again sense any divisions or feel himself separated from the Creator.

 

 

他の惑星の人々はこの生命の理解力を生かしているのですが、彼らもそれに到達するまで長い道をたどっています。
The space people live this understanding of life, but they also have a long way to go to attain it.

 

しかし彼らは正しい道に足を置いてきていますので、ついには目的を達するでしょう。
However they have set their foot upon the right path and eventually will accomplish what they have set out to do.

 

一方、地球人は各種の大通りや回り道を作ってきましたが、それらは創造主の家にでなく、結局あらゆる場所へ通じることになってしまいました。
While we have promoted various highways and by-ways that have proven to lead everywhere except to the household of the Creator.

 

万物を創造主と一体化せしめる”意識”というカギを与えてくれた他の惑星の兄弟たちに、われわれは感謝してよいでしょう。
We can be thankful to the Brothers for giving us the key of consciousness that unites all creation as one with the Creator.

 

 

回り道といえば、意識は生命の海ですから万物はその内部で生きています。
And speaking of the by-ways ― as consciousness is the sea of life everything is living within it.

 

そして宇宙は初めも終わりも知らないので、われわれは多くの興味ある物を包括している広大な大建築物の内部に住んでいることになります。そのためわれわれの興味の対象は一つの物から他の物へと変わります。
And as the Cosmos knows no beginning or ending, we are living in the embrace of a vast structure which has many interesting things in it, and our attention of interest will shift from one thing to another.

 

これは非常に高い搭の頂上に立つことにたとえてもよいでしょう。
This could be likened to standing on the top of a very high tower.

 

東方を望めばその方向にある物が見え、西方を望めば、その方向の物が見えます。
While facing east things will be seen that are in that direction, and to the west, the same, etc., etc.

 

同様に心が”意識的な知覚”に興味を持てば、それは意識という家のなかのあらゆる物を見たがることになります。
So when the sense mind is interested in conscious perception it will want to see everything within the household of consciousness.

 

これは冒険かもしれません。というのは、知識を求めようとするこの飢えは短気を促進するかもしれないからです。その結果は混乱が起こるでしょう。
This could become a hazard, for this hunger for knowledge could promote impatience, and confusion would be the result.

 

それゆえ心は自制を学ばねばなりません。
So the mind must learn self control.

 

心は永遠に学ばねばならぬことを忘れてはなりません。
And remember it has eternity in which to learn.

 

この悟りによって心は物事の連続の中に一歩一歩知識を得るのです。
With this awareness it will gain knowledge step by step in the sequence of events.

 

分裂や神秘をひき起こす割れ目も存在しないでしょう。
And there will be no gaps or divisions that cause divisions and mysteries.

 

心が持つ興味は時間というものに関係のない性質のものであるべきで、ただ一歩一歩が何を差し出そうとしているかを知るだけでよいのです。
The interest of the mind should be of such a nature that time is not involved, only learning what each step has to offer.

 

すると次の一歩を踏み出さねばならぬとき、心からくるかもしれない異質の要素を何ら伴うことなく例の混和状態が起こるのです。
Then when it is time for the next step to be taken the blend will be there without any foreign element that could come from the mind.

 



 


「生活に大変化が生じてくる」<< Prev | Next >>「疑惑や恐怖を起こさぬこと」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)