アダムスキー「生命の科学」 レクチャー10 対訳

意識が心を拡張させる

意識が心を拡張させる

 

 

心の拡張とは何でしょう?
And what would be the extension of our mind?

 

それにはまず知識を得ようという欲求が基礎とならねばなりません。
A desire for knowledge must be the foundation.

 

例として一つの機械装置をあげましょう。
I will use a mechanical device as an example.

 

天文学の初期の時代に宇宙空間の星々を見るために小さい機械(望遠鏡)が発明されました。
In the early days of astronomy a small optical instrument was constructed to look into space towards the stars.

 

これは光点として見られる物についてもっと詳細に観察しようとする一装置を通じての一種の視覚の拡張でした。
It was a sort of extension of sight through a mechanical device to see and learn more about what was seen as a light.

 

そしてその光点が固体かどうか、もしそうならばその表面に何があるかを知ろうとしました。
And to try and tell if it was solid, and if so what was on it.

 

月は地球に最も近い大きな物体でしたからまずそれが観察され、その表面に山や穴があることが判明しました。
As the Moon was the closest large object, it was the first to be observed and mountains and craters were seen on it.

 

肉眼ではこんな物は見えませんので、これは”機械の目”であったといってよいでしょう。その”機械の目”が知識を拡張するのを助けたわけですが、これはまったく「知りたい」という欲求があったためです。
The physical sight could not see these, so we could say that this was a mechanical eye which helped to extend knowledge, all because there was a desire to know.

 

つまり人間の内部の何物かが「この地球以外に生きる場所はもっと沢山ありますよ!」と常に人間に語ってきたからです。
For something within man has always told him that there was more to life than this earth.

 

時代が流れるにつれて種々の観測装置により遠方を見る技術が発達してきました。
As time passed, progress has been made in an extended view through the instruments.

 

現在は,パロマー山上の二〇〇インチ望遠鏡が、不可視の宇宙空間に存在する、以前は未知の天体に関する知識を人間にもたらしています。
And today the 200 inch telescope on Palomar Mountain is bringing knowledge to man of bodies previously unknown, existing in invisible space.

 

これはまだ序の口にすぎません。電波望遠鏡がもっと多くの知識を伝えてくれるからです。
And this is just a beginning for electronic instruments will reveal much more.

 

顕微鏡についても同様のことが言えます。
This is also true through a microscope.

 

 

人間の各感覚器官は自分自身にしか関心を起こしませんので、意識というものがなかったら右の発達は望めなかったでしょう。
Could this have all taken place had it not have been for the consciousness of man, as his senses were concerned only with themselves?

 

人間の不可視の部分であるこの意識なるものは、万物の生命の因子をますます探索せよと人間をうながします。
But this consciousness, the invisible part of man, urges the factual man to explore more and more into the cause of form life.

 

ところが肉体人間は自己を”因”から分離させてしまったため、人間は宇宙のなかでは一微小物にすぎないけれども重要な存在であるということや、人間の義務は宇宙空間に存在する物について知ることであるということに気づくように、不可視な物に焦点を合わせてそれを視野に浮かび上がらせるのに観測装置が必要であったのです。
As the factual or sense man had disassociated himself from his Cause counterpart the instruments were necessary to bring the invisible back into focus that he might realize that he is only a speck in the Cosmos, but an important one. That his duty is to know about that which is in the Cosmos.

 

そして意識は観測装置でもって宇宙を探索せよと心をせきたてますので、人間はこの文明でかつて知られなかった宇宙についての知識をますます獲得し続けています。
And since the consciousness urged the mind to venture into space with instruments man continues to get more and more knowledge about space which has never been known before in this civilization.

 



 


「万物のあらゆる行動は宇宙に記録される」<< Prev | Next >>「機械のかわりに意識眼を用いること」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)