アダムスキー「生命の科学」 レクチャー3 対訳

エゴの心を訓練すること

エゴの心を訓練すること

 

 

われわれが自然の中の調和した融合状態を観察するとき、まったくひとしい二人の人間を見ることはありません。
As we observe the harmonious blend in nature, we do not find the same in man.

 

この理由は、人間は自由意志を持っていて創造主の法則の応用法を知らねばならないからです。
The reason for this that man has a free will and he must learn how to apply the law of the Creator.

 

人間が完全な表現の道具となれば、自由意志を持ってその法則の正しい、または誤った応用法を知るでしょう。
Through which he will learn the right and wrong usage of it, if he is to become an instrument of full expression.

 

これが人間の存在の目的なのです。
And this is the purpose of his being.

 

前講で説明しましたように、人間は感覚器官のすべてを等位に統合しながら自己のエゴの心を訓練しなければなりません。
He must school his ego sense mind in coordinating all of the senses, as we explained in the previous lesson.

 

これは、もし調和あるメロディーを表現しようということになれば音楽家がバイオリンの各絃が他と調和するように調絃するのに似ています。
This is comparable to a musician tuning the strings of his violin that each may blend with the other, if a harmonious melody is to manifest.

 

 

心の意志のかわりに、意識の意志である”神の意志”の指導としてやってくる印象類を応用する方法をエゴは知らねばなりません。
And the ego must learn how to apply the impressions that come from the guidance of the THY WILL which is the conscious will, instead of the will of the mind.

 

調和のある生活を楽しもうとすれば、心の意志は意識の意志に従う必要があります。そうすれば、”神の意志”が行なわれるのです。
If a harmonious life is to be enjoyed, the will of the mind must submit its will to the-will of consciousness, then the THY WILL is done.

 

心の意志と意識の意志のあいだの相違は、意識の(神の)意志は自分を押しつけはしないという点です。
The difference between the two is ― the conscious or THY WILL does not force itself.

 

意識の意志は親切で豊かで美しいのですが、エゴの意志は攻撃的で威張っていて自己中心的です。
It is kind and mellow in its expression, while the ego will is aggressive, domineering and self-centered.

 

意識の意志は恐怖を知りませんが、エゴの意志は生活すべてを通じて恐怖し、多くの過失をおかします。
Conscious will knows no fear ― the ego will fears all through life and makes many mistakes.

 

 

自然界の万物は”宇宙の法則”の意志によって働いていますが、人間だけは別です。
All nature, with the exception of man, operates by the will of Cosmic Law.

 

率直に言えば、自然は自身をその法則すなわち創造主の意志に貸しているのです。
In plain, nature lends itself to the law, or the will of the Creator.

 

人体も自然の万物と同様に同じ法則のもとに働いているのですが、人間の自由意志はそれに反して働いています。
Yet the form of man operates under the same law that nature does, while the free-will of man operates contrary to it.

 

 

神の意志は常に完全な調和をもって表現し、いかなる現象にもゆがみをひき起こしません。
The Divine Will always expresses in perfect harmony and causes no distortion in any manifestation.

 

だからこの意志のもとにある人体はこのように見事に表現されているのです。
That is why the human form under this will manifests so well.

 

しかし人体は自由意志またはエゴの意志によって、いかなる他の個体よりも濫用されています。
And yet it is abused more than any other form known, by the free-will or will of the ego.

 

たとえば人が食事するとき、人間の心または意志は肉体中で食物に何が起ころうとしているかを知りません。
i.e. When one eats a meal, the mind or the will of man knows not what is to happen to the food in the body.

 

もしエゴが楽しい調和ある状態にあるならば食物は肉体にとって有益になりますが、
And if the ego is in a happy harmonious state the food will be beneficial to the body.

 

一方、もしエゴが動揺し、混乱し、緊張し、法則すなわち意識と調和しないならば、必ず不消化に続いて腸内異常発酵による腹痛と便秘が起こります。
On the other hand, if the ego is disturbed, confused or tensed and out of harmony with the law, or consciousness, indigestion is bound to follow causing gas around the heart and constipation.

 

しかし神の意志は人間のゆがめられた意志に自分を貸しません。
Proving the Divine Will, will not lend itself to the distorted will of man.

 

そこで人間は苦痛によってそのゆがみに対する代価を支払います。
So man pays the price for the distortion through pain and suffering.

 

これは人々が学びとるための唯一の方法です。
And this is the only way that some people can learn.

 

 

しかし幸いにも、肉体内である調和の法則が働いています。これは心とは別個な存在です。さもなければ肉体は多年生き続けることはできないでしょう。
Fortunately there is a harmonious law that works through the body independent of the mind, or the body would not last the years that it does.

 



 


「電気自体は責任者ではない」<< Prev | Next >>「人間は反宇宙的になった」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)