アダムスキー「生命の科学」 レクチャー9 対訳

人間の宇宙的半身

人間の宇宙的半身

 

 

これが達成できると自由というものがわかってきます。
Once this is accomplished freedom will be known.

 

なぜなら、そのときこそ本人は、こんなふうにして宇宙空間を旅することをまだ知らなかった人々のために知識の伝導装置として自分の肉体を用いながら宇宙を旅することができるからです。
For then the individual can travel the Cosmos, using his body for the transmission of knowledge to those who have not yet learned to travel in this way.

 

これは現在人類に役立っているラジオ、テレビという機械類に比較できます。
This is comparable to our radio, television and wireless that serves mankind today.

 

心は知識の送受信機として働くからです。
For the sense mind acts as a receiver and transmitter of knowledge.

 

これがほんとうの霊的な発達なのですが、いわゆる心霊学のこの面はまだ理解されていません。
This is true psychic development, but this phase of what is called (psychic) has never been understood until now.

 

 

おわかりのように、この点の発達はまったく”あなた”にかかっています。
As you can see this true phase depends upon nothing but yourself.

 

昔の解釈などは関係ありません。
And the old interpretations of guides etc., are not involved.

 

これまで何度も強調しましたように、いままであなたは自己の半身(心)でもって他の半身を探し求めながら、その半身(心)の領域内でほとんどすべてを生きていたのです。
And as we stressed throughout the lessons, until now you have been living almost entirely within the realms of the sense mind with half of yourself searching for the other half.

 

言いかえれば意識として知られる宇宙的な部分(他の半身)を恋い焦がれていたわけです。
In other words longing for the cosmic part known as consciousness.

 

というのは、「もっと知らねばならないものがありますよ!」と肉体人間にささやくのは、その半身である宇宙的な部分であるからです。
For it is the cosmic one that makes the sense man feel that there is something more to be known.

 

人間はこの半身を見つけ出すまでは落ち着いたり満足したりできるものではありません。
And man will not rest or be content until he finds that other half of himself.

 

 

聖書には次の言葉があります。「天になるごとく地にもならしめたまえ」
We read in the Bible; As it is in Heaven so it is on Earth.

 

これを言いかえれば「意識においてなっているごとく心においてもならしめたまえ」ということになります。
Or, as it is in consciousness so it must be in the sense mind.

 

 

正常な細胞のすべては、右の可能性を心に印象づける意識として働いています。
All normal cells operate as consciousness impressing the sense mind with its potentials.

 

宇宙細胞は人間をえこひいきしませんので、人間が過失をおかしても肉体人間に自身をゆだねています。
And as the cosmic cells are not a respector of persons they lend themselves to the sense man even though the man makes a mistake.

 

人間はその過失というレッスンから学ぶことができ、自己の感受する印象を実行に移す正しい方法を求めることができるからです。
For he can learn from the lesson and seek the corrective way of executing his impressions.

 

あらゆる細胞はテレパシーとして知られる”言語”すなわち無言のままにやってくる”印象”という言語を用いています。
All cells use the language known as telepathy ― the language of impressions that came in silence.

 



 


「宇宙的細胞の応援が必要」<< Prev | Next >>「印象の種類」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)