アダムスキー「生命の科学」 レクチャー3 対訳

意識による生活をすごすことに尽きる

意識による生活をすごすことに尽きる

 

 

また私が読者に普通の生活をすごすことを禁じなかったことにご留意ください(訳注=特殊な行法や祈りなどのともなう異常な生活をすすめなかったの意)。
Also notice that we did not forbid you to live a normal life.

 

あなたにすすめたいのは、心による生活ではなくて「意識による生活をすごすこと」、これに尽きます。
All that is asked of you is ― live a conscious life and not a mental one.

 

そしてあらゆる物事を適度に行ない、それを応用しなさい。
And do, and use, all things in moderation.

 

これこそ人生の目的を果たすのに必要なすべてです。
That is all that is necessary to fulfill the purpose of life.

 

こんなふうにして他の惑星の友は知識において成長し、天国のような生活を送っているのです。
This is how our space brothers have grown in knowledge and live a heavenly way of life.

 

 

法則の両面を応用しなければ現象またはよい結果は持てないということを記憶してください。
And remember you cannot have a manifestation or good results if you do not use both sides of the law.

 

その両面とは客観と主観、因と陽、女性と男性です。
The objective and the subjective, or the negative and positive ― male and female.

 

この一面のみを応用して他方を排除しながら好結果を期待することはできません。
You cannot use one and exclude the other and expect good results.

 

一例として電気の問題に返りましょう。
Let us go back to electricity for an example.

 

電気は二つの面すなわち負と正から成る一つの力です。
Electricity is one power consisting of two phases, negative and positive.

 

負正のいずれか一方のみでもって有効な力を得ることはできません。
One phase cannot be used in the absence of the other and give useful power.

 

両者が組み合わされてバランスが保たれると現象は完全に表れます。
But when they are combined and balanced the manifestation is perfect.

 

 

宇宙の法則もこれと同様です。
So it is with the law of the Cosmos.

 

あなたがご存じかもしれない陽性の独断的な考え方は、好結果をもたらさないでむしろ多数の人を傷つけます。
Positive Thinking, that you may have heard about, has hurt more people than it did good.

 

神の目的を分割してよい結果を生み出すことは不可能です。
God's purpose cannot be divided and give good results.

 

たとえ人間は長い時代を通じてやってきたように理解力の欠乏または利己的な攻勢力で物事を行なう習慣が身についてきたにせよ、およそ創造主の法則を裁いてその一部を除外することはできません。
Nor can one judge His laws and omit parts of them, be it through lack of understanding or egotistical aggression, which has been done through the ages.

 

しかるに人間は万物の存在する理由を知ることもなく創造主の創造物を非難しています。
People judge the Creator's creation without knowing the reason for each part.

 

こうして人間は創造主そのものを非難し、創造主の英知の上位にエゴの心を高めているのです。
And in this way they have been judging the Creator and exalting the ego mind above His Intelligence.

 

 

ところが、人間は創造主のものであるわれわれの意識から自分を分離させることによって人間自身の誤った創造物に夢中になっています。
And we have become lost in our own mis-creations by separating ourselves from our consciousness which is of the Creator.

 

そのため人間は知的な巨人とはなったけれども意識的見解を持たぬ精神的低能となり果てています。
We have become intellectual giants, but moral morons from a conscious point of view.

 

 

意識という海の中へあらゆる生き物を集めるかわりに、人間はそれを分割し引き離してきました。だから人間は自分や全生物をつらぬいて現れている神の生命を見ることができないのですが、他の惑星の友は見ることができるのです。
Instead of gathering all form life into the sea of consciousness we have divided and separated, and this is why we cannot see God's life manifesting through us and all form life, as our space brothers do.

 

というわけは、進化した異星人が、たとえ人間だろうが他の動物であろうが、とにかく一つの生物を見るときは、その外形だけを見ないで、それを支えている意識を見るからです。
For when they look upon a form, be it of man or any other expression, they do not see just the form, they see the consciousness that supports the form.

 

これは生き物を通じて現れている創造主を見ることなのであって、そのとき人間の意志でなく”父の(神の)意志”が行なわれることになるわけです。
This is seeing the Creator expressing through the form when the THY WILL and not the mind will is done.

 

彼ら異星人の世界や、そこにすむすべての生命体は創造主の意識的な現れであり、またそのように尊ばれているのです。
Their world and all life on it are conscious manifestations of the Creator, and are so honored.

 



 


「意識は恐怖を知らない」<< Prev | Next >>「創造物を批判するな」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)