アダムスキー「生命の科学」 レクチャー8 対訳

しかし意識を所有する

しかし意識を所有する

 

 

しかし人間から絶対に逃げ去らないものが一つあります。それはこれまで心が気づくことのできなかった”意識”です。
But there is one thing that God never takes away ― the consciousnes which the sense mind failed to recognize.

 

意識こそ万物の背後にある”宇宙の英知”なのです。
For it is the Cosmic Intelligence back of all creation.

 

 

この先の各講では、宇宙についてもっと詳細な解説を試みることにし、無知な人々によって応用されてきたよく知られている神秘主義的な方法を用いないで宇宙を旅する方法について説明しましょう(訳注=真の遠隔透視を意味する)。
In the forthcoming lessons I will venture out into the Cosmos and give you some idea how one may travel through the cosmos without involving the well known, and practiced laws of mysticism that have been used by those who did not know what they were doing.

 

 

また肉体細胞の活動についても研究することにします。細胞は人体を構成するのみならず、宇宙全体をも構成するからです。
We will study the cell activities, for they not only make up the human form but the cosmic whole.

 

そして宇宙旅行にさいしてその細胞をいかに応用するべきかを述べましょう。
And we will discuss how we can use them in exploring the cosmos.

 

 

最近科学者は、いかなる構造物の細胞(原子)といえども、それはその構造物の英知であることをついに認めました。
Recently scientists have finally admitted that the cells of any structure are the intelligence of the structure.

 

細胞というものは永遠を通じて一定の目的のためにグループ別に分けられている基礎的なものです。
They are the foundation that has always been, is, and will be, that are grouped for certain purposes.

 



 


「人間は本来何物も所有しない」<< Prev | Next >>「色による実験法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)