アダムスキー「生命の科学」 レクチャー4 対訳

人間は宇宙の英知に従わない

人間は宇宙の英知に従わない

 

 

創造の根本的な力である”因”すなわち目的は不変です。
The primal force of creation, the Cause, or purpose, is constant.

 

一方、現象すなわち”原因の結果”は変わりやすく無常なものです。
While the manifestations or effects of the cause are transitory.

 

このすべてはいろいろな波動や速度または振動によって支配されていて、変化しながらたえず新しい結果を生み出します。
All of this is governed by varing vibrations, speeds or frequencies, which in their change constantly produce new effects.

 

そしてその結果のいずれも他にとって重要です。他の部分がなければ、自力で遂行できる部分は存在しないからです。
And each is important to the other, for no part could perform as it does in the absence of the others.

 

 

こうなると、最初の領域が理解できたり、無の中から形ある現象になるのがどうして可能なのかがあなたは理解できると思います。
I trust that we now have some light, or understanding of the first kingdoms, and how it may have been possible for creation to take place from what appeared to be nothingness, into form manifestation.

 

しかし読者はなおもたずねるかもしれません。「そのガス類は初めにどこから出てきたのか?」
Yet we may go a little further and ask, where did the gases come from in the beginning?

 

「各種のガスが次々と化合したり反発したりする場合に、吸引と反発の生きた法則を、いったい何が、またはだれが決めたのか?」
And what, or who, set the law of attraction and repulsion in action where the various gases either combine with or repel one another?

 

 

最初の二つの段階においてはある種の英知が現象の背後の指令者であったことをすでに述べました。
In the first two stages we find that some kind of intelligence as we call it, was the director behind the scenes.

 

 

われわれは表現または”現れ方”を基礎として知能の段階を分類しているのではないでしょうか。
Do we not classify intelligence on a basis of an expression or manifestation?

 

われわれは人がいかに立派に自分を表現するか、またはいかに立派に物を作り出したり、行動したりするかによって人間の知能の程度を計っているのではありませんか。
Isn't it true that we judge a man's intelligence by how well he expresses himself or how well he produces something or behaves?

 

ですから個人が社会の標準に達していなければその人は低能と呼ばれます。
And if he does not come up to the standards of society he is called a moron.

 

さまざまの結果を生み出すときに、より秩序あるように見えるこのような現れ方は、知性の表現者である人間を戸惑わせることにならないでしょうか。
Doesn't this manifestation which appears to be more orderly in bringing forth results, baffle men representing intelligence?

 

それはたしかに迷惑なことです。そして先ヘすすむにしたがってこのことがよくわかってくるでしょう。
I would say that it does, and we will notice this more as we go on.

 

しかしこのことは万物を支配する宇宙の法則ばかりでなく、全体的な宇宙の英知が存在することを示しています。
It shows that there is an overall Cosmic Intelligence as well as Cosmic laws that governs all creation.

 

そしてこの英知は形態を必要としません。なぜなら英知自体がいろいろの目的のために万物の内部に具体化しているからです。
And this intelligence does not need a form as it embodies itself in all forms for various purposes.

 

そしてガスや無機物の領域を通じて万物はこの英知に従っているのですが、人間だけは別です。
And all manifestations through the gases and mineral kingdoms will themselves to this intelligence except man.

 

 

英知に身をゆだねている物はすべてたえず存在の状態にあるという証拠があります。
We have the evidence that all matter that does lend itself, is in a constant state of existance.

 

そしてこうした物質は常に高次な表現の状態に精化され、万物に役立ち、こうして宇宙の目的を遂行します。
And is everlastingly being refined into a higher state of expression or service to all parts, fulfilling the Cosmic Purpose.

 

これが事実であることをわれわれは知っています。というのは、物質でできている地球は数十億年間存在し、多くの変化を経てきました。
We know this to be true for the earth made of matter has existed for billions of years and has gone through many changes.

 

しかし人間の諸文明は興亡を繰り返しています。
Yet human civilizations have come and gone.

 

ある文明は創造主のもとに続き、ある文明は人間の心の意志によって消滅します。
One continues under the will of a creator, while the other ends through the will of the mind.

 

これは人間の作り出す材料が消滅することを意味するのでもなければ、
This does not mean that the matter of which man is made ends.

 

意識に終わりがあることを意味するのでもありません。
Nor does it mean that the consciousness ends.

 

エゴの心が宇宙の英知を離れて行動したいと主張するときに消滅があるのです。
But the ego mind has an end when it insists on acting independent of the Cosmic Intelligence.

 

永続する唯一のものは”宇宙の意識”と材料なのであって、これはたえまなく活動と更新の過程を通じて働いています。
For the only things that continue on are Cosmic Consciousness and matter, through the process of constant action and newness.

 

 

しかし人体さえも進化しています。これは人体を作りあげる材料自体が宇宙の意志に自分をゆだねて進歩し続けているためです。
Yet even the human form has evolved because matter lends itself unto the Cosmic Will and keeps progressing.

 

そして人体を作りあげている材料は心または自我にある種の影響を与えています。
And the matter of which the human form is made has a certain influence upon the mind or ego.

 

だから心も少しは進歩しているのです。
So the mind has progressed also to a small degree.

 

つまりそれは心自身の意志で進歩するのではなく、肉体の英知から心に働きかける部分があるために進歩するのです。
Not because of its own will but because of the part that the body intelligence plays upon it.

 



 


「物質の出生地は空間」<< Prev | Next >>「物品の波動を感受して知識を得る方法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)