アダムスキー「生命の科学」 レクチャー8 対訳

宇宙の一体性

レクチャー8
LESSON EIGHT

 

宇宙の一体性
Cosmic Oneness

 

 

前講では土星の宇宙船に乗った体験をお伝えしました。
In lesson seven we spoke of my experience in the Saturn space ship.

 

そのとき述べましたように、最初私が巨大な母船に入ったとき、私の心は各装置にひかれてしまいました。
And as stated, when I first entered the big ship my mind was attracted to the instruments.

 

しかし私はその旅行の本来の目的にそうように、自身を意識的な知覚体にするため、この関心を静める必要がありました。
But I had to quiet this interest in order to place myself in the realization of conscious awareness that I might be worthy of the primary purpose of this trip.

 

そのときの心は解答も聞かないでやたらに多くの質問をしたがる子供のような状態でした。
The mind was like a child that wants to ask a lot of questions without listening to the answers.

 

そこで心を静めて聞くようにし、好奇心を起こさないようにしたわけです。
So the sense mind was quieted to listen and not be curious.

 

これは価値のあることでした。土星における会議中に私は”聞く”準備ができたからです。
This was of value for I was ready to listen through the sessions of the Council.

 

そのときでさえも心はさまざまの疑問を起こしたのですが、私はそれらを無視し、それを口には出しませんでした。
But even then the sense mind had questions which I ignored, giving them no expression.

 

そこで会議の終わりには私の心はもはや疑問を起こしませんでした。すべての解答が与えられていたからです。
So at the end of the Council my mind had no questions, all had been answered.

 



 


「土星旅行における船体との一体化の体験」<< Prev | Next >>「心は意識から教わることができる」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)