アダムスキー「生命の科学」 レクチャー7 対訳

宇宙的記憶

レクチャー7
LESSON SEVEN

 

宇宙的記憶
Cosmic Memory

 

 

人間は記憶力を持たないということはないので、記憶力こそ生活の続行にたいして基本的なものとなります。
As man is not a man without a memory, then his memory is essential for the continuence of life.

 

しかしほとんどの人が前生における体験を記憶していない理由は、心が過去に得た重要な価値ある物事を記憶することを全然学んでいなかったためです。
And the reason that most people do not remember their past experiences through various lives is because the mind never learned to memorize the important values gained.

 

心というものは、変動してやまない束のまの諸現象に頼っているのであり、特に「ほとんど価値はない」と自我が感じるような重要でない物事に執着したがります。
It has depended upon effects which are momentary and they come and go, especially the ones that we call unimportant that the ego feels are of little value.

 

 

日常のきまりきった物事は習慣となり、エゴを支配していますが、これを記憶と呼んではいけません。
Ordinary routine becomes habitual and governs the ego, but this cannot be called a memory.

 

人間は”宇宙的記憶”をつちかわないかぎり何もなりません。
And unless man cultivates Cosmic memory he becomes nothing.

 

 

これを説明するのに、自分の正体に関する記憶を失った人を例にあげましょう。
To illustrate this let us use a man who has lost the memory of who he is.

 

こうした例はときどき起こります。
We have read of these cases.

 

裕福で、よい地位についていて、家族を維持している人が、自分の正体の記憶を失うとします。
Some are well to do, hold good positions and have a family.

 

しかし本人は国内の他の場所で新たに生活を再建し、結婚し、家庭を持ち、普通の労働者として働きます。
Yet when this man loses the memory of his identity he re-establishes life in another part of the country, marries, has a family and works as a common laborer.

 

かつての知人から探し出されても、自分は別人だと主張して否定しますが、これはかつての生活に関する事を何一つ記憶していないからです。
If recognized by a former acquaintance he denies that he is the party for he remembers nothing pertaining to his previous life.

 

これは、最初の個性が心にたいして死滅してしまい、一方肉体はなおも正体を保っていることを意味します。
This means that the first personality is dead to the mind while the body still maintains the identity.

 

 

ところが人間の宇宙的な自我の正体ということになれば、右と同様の事が無数の人にもごく普通に起こっているのです。
This is a common occurrence to millions of people when it comes to cosmic and ego identity.

 

これこそほとんどの人が前生についての記憶を持たない理由です。
And is the reason why so few people are aware of their past lives.

 

これでもって、現世でもそうであるように前生においても、”意識的な真の自我”と”個性すなわちエゴの心”との分離があったことがわかります。
This shows that in the past as in the present there was a seperation of the conscious real self and the personality or ego mind.

 

というのは前に述べたように、意識こそは人間の唯一の真の永続的部分であるからです。
For as we have stated before, consciousness is the only real eternal part of you.

 

そしてあらゆる行為が記録されるのはこの意識のなかであるのです。
And it is in this consciousness that all activity is registered.

 

したがってもし人間の心がこの意識と混ざり合わぬかぎり、本人は自分の正体を見失うことになるのです。
Unless a man's mind blends with this consciousness he does lose his identity.

 



 


「決心を強めること」<< Prev | Next >>「宇宙的記憶を持つ方法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)