アダムスキー「生命の科学」 レクチャー4 対訳

超能力開発の根本的基本

超能力開発の根本的基本

 

 

この大いなる英知とともに働くときに異星人が用いる方法は、心のかわりに自己の意識でもって万物を観察することにあります。
The method that the space people use in working with this great intelligence is, to observe all forms with their consciousness instead of the mind.

 

わかりやすく言えば、彼らは観察される個体があたかも自分であるかのようにその個体について意識的になるのです。たしかに相手は自分であるのです。全体から切り離された物は何もないからです。
In plain they become conscious of the form as though they were the form, which they really are for nothing is separated from the whole.

 

こんなふうにして一つの心としての人間は全体と融合するのです。
And in this way man as a mind blends with the whole.

 

 

人間が一定の基準としなければならないような模範は存在しません。まったくひとしい二人の人間は存在しないからです。
There is no specific pattern that can be given by which man must work, as there are no two people alike.

 

したがって本講座は他の修養団体のごとく一定の信条を設けたりしません。
So no set formula is given in this course as in others.

 

ただ目覚めて、あなたの内部で働いている意識的な英知に気づくようになればよいのです。
Just become awakened or aware of the conscious intelligence that is operating within your being.

 

そうすればこれはいつかあなたの思考上の習慣となるでしょう。
And eventually this will become habitual to the mind's way of thinking.

 

そして心と英知(意識)とは現在見られるような二つの分離体としてでなく、一体化するでしょう。
And the mind and the intelligence will become a unit instead of two separate parts as they are today.

 

これが異星人が進化した方法であって、それゆえに彼らは言葉を発しないで万物と会話を交わすことができるのです。
This is the way the space people have developed and they now can commune with any form without words.

 

 

われわれが自己の何たるかを知ろうとすれば異星人の用いているのと同じ方法を用いなければなりません。
If we are to know what we feel that we should ― who we are ― and what we have been, then we must use the same method that they have used.

 

ただ一つ銘記しなければならないのは、われわれは”好ききらい”に従って他人を非難したり、分割したり、排他的になったり、恨んだりしてこの知識を持つことはできないということです。
There is one thing that we must remember, we cannot judge and divide and discriminate, or resent, according to likes and dislikes and have this knowledge.

 

一度あなたが”記憶の芽"からくる印象類をキャッチするならば、あらゆる種類の印象(波動)がくるでしょう。
For once you get impressions coming from the memory buds there will be all kinds.

 

その印象類のなかにはあなたにとって好ましくないものもあるでしょうし恐ろしいものもあるでしょう。
And some you will have a tendency to dislike or even be frightened by them.

 

それは、この地球上にはエゴが好まないようなきわめて低い段階の生命現象があるからです。
For remember here on earth there are very low stages of life's manifestation that the ego might not like.

 

しかしこうした低い現象もなければ生命界は完全になりません。あらゆる面が必要なのです。
But without these manifestations life would not be complete, for all phases are necessary.

 

しかしそれらが一度理解されると、それらにたいする非難は停止します。
But once they are understood the judgement against them ceases.

 

これは(生命界の低い段階は)ちょうど残酷な場面が展開される舞台上の演劇のようなもので、これがないと生命の各面が真に表現されないことになります。
Like a drama on the stage where cruelty is resented, yet without it the phases of life would not be truely expressed.

 

 

大きな魚が小さな魚を飲み込むのを見るのは、われわれにとって残酷に思われますが、それは人間がニンジンを食べるのを見るのが残酷だというのと同じです。
It seems cruel to us to see a big fish swallow another, but it is just as cruel to see a man eat a carrot.

 

なぜならニンジンも人間や魚と同様に分子からできている生きものであるからです。
For it is a living thing made of molecules just as you or I, or the fish.

 

しかもこの記憶の運び手(分子)は最も残酷といえるものから最高に至るまでの生命界のあらゆる面の記録を持っています。
And the memory carriers do have records of all phases of life, from what we might call the cruelist to the highest.

 

 

これがときとして二元性の起こってくる理由です。
This is where duality sometimes comes in.

 

あなたはある人を深く愛しながら、しかもその人を傷つけることがあるでしょう。
For you may love someone dearly and yet you do injury to them.

 

この矛盾は低い性質および高い性質の各記憶細胞によって起こります。
This conflict is caused by memory cells of a lower nature, and those of a higher nature.

 

もしわれわれが自分の自我について何かを知っていれば、互いに関連し合うこの二つの記憶細胞を調和させるところですが、普通はそうしないで両極端に分けて、いずれか一方を支持しようとします。
If we knew something about our self we would combine these memories in relation to each other instead of the extremes with nothing between to support either of them.

 

こうした理解力の不足が謎や考え違いを起こす原因となっています。
This lack of understanding is the cause of mysteries and misunderstandings.

 

人間はみな同じ存在ですから、他人を傷つければ自分を傷つけることになります。
And when we hurt anyone we hurt ourself for we are all the same.

 

これはわれわれの心がすぐれた触媒作用をなすように訓練されていないためです。
We do this because our mind has not been trained to act as a good catalysis.

 

これは心が生命の存在理由を知っているときにのみなされるのです。
This can only be done when the mind knows the reason for life.

 

 

われわれが創造主のようになろうと思えば、われわれは動揺することなく生命界のあらゆる面を見なければなりません。
For if we desire to be as our creator we must face all phases of life without being disturbed.

 

創造主は何らの差別をすることなく創造物を見つめています。
The Creator faces his creation without discrimination.

 

もし創造主がある物を好み、ある者をきらったりすれば、創造主自身を分裂させることになり、人間以上にすぐれた業績をあげることはできません。
For should he like one and dislike another he would be dividing himself, and thus do no better than man.

 

あらゆる段階の創造物はその創造主によって愛されています。各創造物の目的が知られているからです。
But all phases of creation are loved by its creator for its purpose is known.

 

差別をするのは人間だけの特徴であって、これによって多くの苦痛が生じていますが、これはエゴの心が自身を全体から離しているためです。
It is a human trait to discriminate and through this many hurts are received because the ego mind separates itself from the whole.

 

 

リンゴは物質でできていて、人間と同様に意識的な生命によって支えられていますが、われわれがそれに食いついても悲鳴をあげたりしません。
The apple is made of matter and supported by conscious life the same as we arc v yet it does not scream when we bit into it.

 

なぜでしょう?
Why?

 

その理由は、宇宙の法則にたいしてたえず反抗的な自由意志なるものを与えられた人間の持っているような”心”をリンゴは持たないからです。
Because it does not have the kind of mind that man has, endowed with a free will which is in constant opposition to Cosmic law.

 

 

人間も肉体的な苦痛を感じないようになれるでしょうか?
Can a man become immune to pain?

 

なれます。焼けている石炭上をハダシで歩いてしかも何ともない人が存在したりします。
Yes, we hear of those who can walk on hot coals without pain.

 

この人たちは心の訓練の仕方を心得ているのであって、心は訓練されることを望む必要があったのです。
But they have learned how to discipline their mind, and the mind had to be willing in order to be disciplined.

 

これでもってわかるのは、心がいかに不快な状態に直面しようとも、それは法則の誤用によって心自身が作り出すのであるという事実です。
This shows that whatever unpleasant conditions the mind faces, it is of its own creation through misapplication of the law.

 

したがって生命がさし出すもろもろの祝福を楽しもうとすれば、心は宇宙の原理の自発的な探求者になる必要があります。
So it behooves the mind to become a willing student of cosmic principle if it is going to enjoy the blessings that life offers.

 

こうして、人間の積んだ体験によって本人が得た価値を思い出すときに過去からの記憶が人間に役立つのです。
This is where the memories from the past can serve man in recalling values he has gained through experiences he has had.

 



 


「心は人体内の英知に気づかない」<< Prev | Next >>「意識、英知、生命力」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)