アダムスキー「生命の科学」 レクチャー6 対訳

あらゆる細胞には同一の力と指導が適用されている

あらゆる細胞には同一の力と指導が適用されている

 

 

集団化した細胞の一例をあげましょう。
Here is an example of grouped cells.

 

まず心と関係のある細胞について述べます。
First we will use the ones associated with the mind.

 

肉体は燃料を必要としますので、心は過去の習慣に従って食物を摂取するのに抜け目がありません。
The mind is alerted to take on food due to past habits for the body needs fuel.

 

しかし前にも述べましたように、食物が肉体的に入ってくるとき、心はそれがどのようになるのかを知りません。
But as stated before, the mind does not know what is to be done with the food when it enters the body.

 

だがこの処理法を心得ている一団の細胞がいて、心が何か他の事で浮かれ騒いでいてもこの一団は仕事を遂行します。
But there is a group that does know, and while the mind is entertaining itself with something else this group goes on with its work.

 

私は次の例を講演や講座で何度も引用してたいそう効果がありましたので、ここで再び引用することにしましょう。
I have used this example for years in lectures and class work, but it illustrates very well so I will use it again.

 

一度食物があなたの体内に入ると、心とは別個の英知が食物を扱う仕事を引き受けます。
Once the food enters your body the intelligence independent of the mind goes to work on it.

 

この英知ある働き手を四つのグループに分けることにします。各グループは他のグループの利益のために働いています。
We will class these workers in four groups, each working in behalf of the other.

 

 

まず第一のグループは発酵作用を起こします。
The first group starts the fermentatation.

 

第二のグループは抽出される化学物質の完全な混和を行ないます。
The second group makes a perfect blend of the chemicals extracted.

 

第三のグループは発酵中に生じるガスを排除します。
The next group eliminates the gases that are produced during the fermentation.

 

第四すなわち掃除グループは残された老廃物質を捨てます。
Finally the scavengers throw off the waste matter that is left.

 

この過程が自然に行なわれるならば、あなたはけっして病気を知らないでしょう。
If this process functions naturally you will never know a sick day.

 

しかし心に関連している細胞群が、心が怒気を帯びることによって右の正常な作業を遂行している細胞の各グループに干渉するならば、どのような不快な結果が起こるかはみな知っているとおりです。
But if the ceils related to the mind interfere with the cells that are doing the work, by the mind becoming angry, we know what the uncomfortable results will be.

 

 

このことは宇宙の計画が規律正しいことと、心は安定しない物なのであって指導を必要とすることを示しています。
This shows that the cosmic plan is orderly, but the mental is not stable and needs guidance.

 

 

前述のとおり、肉体は無数の細胞から成っていて、その細胞は肉体の完全な維持と機能を果たすためにグループ別に分けられています。
As stated before, the body is made of trillions of cells, grouped for perfect maintenance and operation.

 

これは宇宙の構造と異なりません。また肉体はそれを支える宇宙の力のすべてを持っているのです。
No different than the structure of the cosmos, and the body has all of the cosmic force supporting it.

 

従って人間の心がエゴのかわりに宇宙の計画のために働くならば、いかなる不快な結果をもけっして知ることはありません。
And when the human mind is working in behalf of the cosmic plan, instead of self, it never knows any unpleasant effects.

 

そのとき心はあらゆる差別、裁き、好ききらいから解放されるからです。
For then it is free from discrimination, judgements, and likes and dislikes.

 

 

足指の細胞群は手の指の細胞群とは異なりますが、各グループは肉体を完全な表現体にするために互いに協力し合います。
The cells in the toe are different from those in the finger but each group is working with the others to make the body a perfect manifestation.

 

そしてある同一の力と指導があらゆる細胞にひとしく適用されています。
And the same power and guidance lends itself to all alike.

 

これは地球の細胞構造における宇宙的表現と同様です。
This is no different than the cosmic expression in the earth's cell structure.

 

無機物の最低の表現から自然の無数の物質に至るまで同一の力と英知がさまざまの程度に現れているのです。
For from the lowest expression in the mineral kingdom and through the millions of nature's manifestations the same power and intelligence is expressing in varying degrees.

 

この法則は不変であり、ある一個の肉体または惑星を他の物よりもよけいに特別扱いにしようとはしません。
This law is constant and does not change to favor one form, or a planet, above another.

 



 


「新鮮な想念によって肉体は若返る」<< Prev | Next >>「宇宙の意志に自分の意志をゆだねること」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)