アダムスキー「生命の科学」 レクチャー7 対訳

人間は半分死人である

人間は半分死人である

 

 

したがってある意味ではわれわれ人間は半分死人なのであって、つまり人生の半分だけしか生きていないのです。
So in a way we are half dead, or living only half a life.

 

イエスは言っています。「死者に死者を葬らしめよ」と。
And Jesus said, let the dead bury the dead.

 

これは死体を運ぶ棺の付添人は死体と同様に死んでいるという意味です。
Meaning that the pallbearers bearing the corpse are as dead the corpse.

 

棺の中の死体は生命にたいして無意識のままに横たわっていますが、それを運ぶ人たちも実は”宇宙の生命”についてまったく気づいていないのです。
The form within the coffin lies unconscious of life and the ones carrying it are equally unconscious of life in full, or cosmic life.

 

死体はかつて棺の付添人と同様に精神的な生活をすごしたのですが、ひとたび意識が撤退すると心は沈黙してしまいました。
For the corpse lived a mental life as the ones who bear it do and once the consciousness withdraws, the mental is silenced.

 

なぜなら心は意識という真の部分としての自分に気づかなかったからです。
For it never knew itself as the real part which is the consciousness.

 

 

私があまり意識という語を使いすぎると思う人があるかもしれませんが、”真のあなた”であるのはこの意識です。
Some may feel I use the word consciousness too often, yet it is this consciousness that is the real you.

 

それはまた万物の裏面であり、基本的な力であり、精神生活において最も重要な部分です。
It is also back of all creation ― the primal force ― the most important part in a mental life.

 

なぜなら意識は生活のあらゆる行動の記録係なので、生活を続けようということになれば、心は自己の体験を記憶しなければならないからです。
For the sense mind must remember its experiences if life is to continue, as consciousness is the recorder of all actions in life.

 

もし心が自己を意識と結びつけなければ、その(心の)記憶は長く保たれません。心は永遠のものでないからです。
If the sense mind does not associate itself with the consciousness its memory is short for it is not eternal.

 

しかし前述したように、意識と結びつければそれは永遠のものになるのです。
But as we have said before, it can become eternal by blending with consciousness.

 

 

ここであなたは言うかもしれません。「おれにだって意識はあるよ」と。
You may say here, but I am conscious.

 

これはある程度真実です。というのは、あなたは意識的でなければ生きてゆけないからです。
That is partially true for if you were not you would not be alive.

 

しかしあなたは人間が神と呼んでいる、創造主としての”宇宙の意識”を意識していますか? この”意識”という英知は宇宙のみならず、創造された結果(現象)をも知っているのです。
But are you conscious of cosmic consciousness as the Creator whom we call God is? For this conscious intelligence is aware not only of the cosmos but all the created effects.

 

言いかえれば、意識の記録は原因と結果から成っているのです。
In other words its records consist of cause and effects.

 

ですから、われわれが人間が創造された目的を果たそうと思えば、宇宙の意識というわれわれの生命の他の半分をつちかう必要があります。
And if we are to fulfill the purpose of our creation we must cultivate the other half of our life which is cosmic consciousness.

 

そうすれば、かわって意識がその記録のすべてとともに、永遠の生命をもたらすのです。
For this in turn brings life eternal with all of its records.

 



 


「神の目、すなわち意識」<< Prev | Next >>「宇宙の意識と一体化する方法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「21世紀/生命の科学」より)
[英語原文] SCIENCE OF LIFE - STUDY COURSE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)