アダムスキー「テレパシー」 第1部 第2章 対訳

あらゆる生命体は宇宙の英知のあらわれ

あらゆる生命体は宇宙の英知のあらわれ

 

 

自然界の複雑な融合状態をたどってみますと興味ある研究ができます。
Tracing the intricate blendings of nature makes a fascinating study.

 

個々の物すべてが他の物すべてと織り混ぜられているのです。
Every level is interlaced with all others.

 

たとえば小さな昆虫と穴に住む動物は、共通の福利のために重要な役割を分担しています。
For example, the little insects and burrowing creatures contribute their important share to the common welfare;

 

彼らの地下の活動は土地の空気の流通をよくし、青草の繁茂を助けているからです。
for their subterranean activity aerates the soil to promote lush growth.

 

いまこの考えを一歩すすめて、地上の生命体を永統させる上で昆虫が実際に果たしている不可欠の役割をとりあげてみることにしましょう。
Now, let us take this thought a step further, and look at the indispensible part insects actually play in the perpetuation of life-forms on earth.

 

もし昆虫が突然に姿を消したら地球上にいったい何が起こるかをあなたは少しでも考えたことがありますか?
Have you ever stopped to consider what would happen to our planet if insects were to be suddenly withdrawn?

 

おそらく生物と無生物の両方にわたって生命は停止するでしょう。
Life, both animate and inanimate, would cease.

 

”母なる大自然界”は授精作用を行なうために、この小さな生きものに大きく依存しているのです。
Mother Nature depends largely upon these tiny life-forms for pollination.

 

花を繁殖させるのは花から花ヘ精出して飛びまわっているミツバチや他の昆虫であることを思い出してください。
Remember, it is the bees and others of the insect world, laboriously traveling from blossom to blossom that propagates for her.

 

したがってこれらのものが果たしている絶対に必要な役割がなければ、あらゆる植物は絶滅するでしょう。
So without the vital part they play, all vegetation would eventually die out.

 

うろつきまわる獣から幼児を守るために作る巣の足がかりとしての高い安全な木の枝を小鳥はもはや持てなくなるでしょう。
The bird would no longer have the high, sheltering branches of the tree in which to build a nest to protect her young from prowling animals.

 

小鳥の食糧源としての昆虫、ウジ虫、毛虫などはいなくなり、
Her food supply of insects, grubs and worms would be gone;

 

山野の野イチゴは授精することなく、実を結ばないでしょう。
and the wild berry bush on the hillside, no longer pollinated, would not bear.

 

植物が死滅すれば草食動物は餓死してしまい、
With the dying of the vegetation the herbivorous animals would starve;

 

自然のエサを絶やしてしまった食肉動物も飢え果てるでしょう。
the carnivorous ones, their natural prey extinct, would follow suit.

 

こうなれば食物を生物と無生物の両方に頼っていた人間は生きることができなくなるでじょう。
And Man, relying upon both the animate and inanimate phases of manifestation for food, could not survive.

 

このようなことについて書物を書けばいくらでも書けるでしょうが、それでもこの問題を完全にカバーすることはできないでしょう。
Volumes could be written on this, yet never cover the subject completely.

 

しかし私は右の簡単な実例からして、まじめな探究者ならば多くの現象に好奇心が起こると信じます。
But I believe from the simple illustrations given that the sincere student will find much to intrigue his thoughts.

 

生きものの相互依存の理解が基本をなすのであって、その後に人間は次のような真理、すなわち「実際にはあらゆる生命体はただ一つの”宇宙の英知”のあらわれである」ということが悟れるのです。
Understanding the interdependency of life-forms is essential before man can grasp the universal truth that, in reality, all life is an expression of the one Cosmic Intelligence.

 

自然界の驚異を観察すればするほど、自分が万物と一体であることを私はますます深く感じました。
The longer I contemplated the wonders of nature, the more I realized my oneness with all I beheld.

 

生けるものすべてが同じ空気を呼吸しており、
All forms breathed the same air;

 

すべてが同じ太陽や風の祝福を楽しんでいるのであって、
all enjoyed the blessings of the same sun and wind;

 

すべてがただ一つの根源によって生かされているのです。
all obtained their sustenance from the one source.

 

実際、差別というのは存在しません。
In fact, no division existed;

 

万物は同じ”自然の法則”のもとに創られたのです。
all were created under the same law of Nature.

 


 


 


「驚異に満ちた自然界」<< Prev | Next >>「テレパシーで生きる動物たち」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)