アダムスキー「テレパシー」 第2部 第2章 対訳

物質はすべて意識を持つ

物質はすべて意識を持つ

 

 

肉体の細胞を作りあげている原子のどれも自身の内部にフィーリングの要素を持っています。それが意識です。
Each atom making up the cells of the body possesses within itself the element of feeling - which is consciousness.

 

したがってある物体の細胞が他の物体の細胞に自身の活動状況を伝えるのはまったく可能なことです。
Consequently, it is quite possible for the cells of one form, to convey the state of their activity to the cells of another form.

 

ある肉体の細胞が他の肉体の細胞から放たれる波動を感じるとき、神経の原形質内に衝動が生み出されて、ただちに求心神経を通じて脳ヘ運ばれ、そこで意識的な想念に翻訳されます。
When the cells of one body are impressed with vibrations from the cells of another body, the impulse is created in the nerve plasm and immediately carried through the afferent nerves to the brain, where it is decoded into a conscious thought.

 

細胞なるものが意識を持つ小さな実体で、波動となって放たれる印象を感受したり伝達したりすることができ、またはそれ自身のメッセージを作ることが可能であるという考えを認めるのは困難かもしれません。
It may be difficult to accept the idea of cells as little conscious entities, capable of receiving and passing on vibratory impressions, or of forming their own messages;

 

しかし研究機関の科学的な実験の結果、物質はすべて意識を持つということが決定的にわかっています。
but experiments which have taken place in our laboratories have proved conclusively that all substance is possessed of consciousness.

 

たとえば、ヒヨコの体内から取り出された生ける組織が、脳、脊髄、感覚器官などの助けをかりずに生かされていて、
For instancy living tissue taken from the body of a chicken has been kept alive for years without the aid of brain, spinal cord, or sense organs;

 

しかもただ保存されているのではなく、活発に成長し、細胞をふやしている例があります。
not merely preserved but actively growing, or multiplying in cell composition.

 

この組織はもし適当な熱、水分、必要な食物がなければ、たしかに生きつづけることはできません。
It is true that this tissue could not continue to live if it were not supplied with proper heat, moisture, and the necessary food;

 

しかし、この生ける組織の細胞がもしも意識ある実体でないとすれば、自己維持のために供される諸要素を吸収する方法を、どのようにして細胞は知ることができるでしょうか。
but if the cells of this living tissue were not conscious entities, how could they know how to assimilate the elements provided for their maintenance?

 

肉体細胞には英知があるという証拠を、私たちの生活のあらゆる瞬間が豊富に示してくれます。
Every moment of our lives provdes us with ample evidence of the intelligence of the body cells.

 

私たちが日常のきまりきった仕事にとりかかっているあいだ、この多忙な細胞は肉体の複雑な機能を監督しているのです。
While we go about our daily routine, these busy cells oversee the intricate functionings of our bodies.

 

意識的な心の助けをかりずに、細胞は私たちが食べる食物のエッセンスを抽出し、肉体の各部ヘ適当な割合で分配し、廃物を捨てているのです。
With no assistance from our conscious mind, they extract the essence of the foods we eat, parcel it out to the various parts of the body in proper proportions, and discard the waste.

 

明らかにこれは私たちが肉体の自然な機能として認めるに至った状況にすぎませんが、
Admittedly, this is only what we have come to accept as a natural functioning of the body;

 

しかし分析してみますと、それは人間がまねることのできない奇跡を演じています。
yet when analyzed, it represents a miracle that man cannot duplicate.

 

このことは大自然の行なっている仕事にたいして素晴らしい洞察力を私たちに与えるではありませんか。
Does it not give us a wonderful insight into the workings of nature?

 

ところで、”宇宙の英知”をあらわしている”宇宙の因”以外に”自然”とはいったい河でしょうか。
And what is Nature but Cosmic Cause expressing Cosmic Intelligence?

 


 


 


「テレパシー診断の実例」<< Prev | Next >>「想念は肉体に強い影響を与える」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)