アダムスキー「テレパシー」 第2部 第2部の要約 対訳

不和、非難の想念は絶対にダメ

不和、非難の想念は絶対にダメ

 

 

テレパシーによる通信を練習するときに、心にしっかりと刻まなければならないことが一つあります。
There is one thing you must keep firmly in mind when practicing telepathic communication.

 

不和、非難、相手にたいする悪意などをおびた想念を絶対に放ってはならないということです。
Let no thought go out from you bearing discrimination, judgment or harm to another form.

 

またこれと同じような想念をあなたの心に入らせないようにたえず用心深く警戒しなさい。
And at all times guard vigilantly against allowing similar thoughts to enter your mind.

 

全体にたいする理解をあまねくゆきわたらせている宇宙的波動とは、”生命の階段”を登るときに私たちにとって何らかの助力になる以上の三つの経路だけです。
Cosmic impressions, with their all-encompassing understanding of the whole, are the only three avenues which can be of any help to us in climbing the Ladder of Life.

 

私たちは現世の一部分なのですから、生活上の行動と行動のあいだは区分する必要があります。
Since we are part of this world, we must differentiate between the acts in our lives.

 

理解の目的のために分析することは許されていますが、分裂したり他人をとがめたりしてはいけません。
We are allowed to analyze for the purpose of understanding, but must not divide or condemn.

 

私たちは自分の兄弟にたいする審判の座にすわる権利を持っていません。
We have not the right to sit in judgment on our brother.

 

一人間は自分自身のレッスンを学ぶためにこの世界ヘきたのです。
He has come this way to learn his own lessons.

 

そしてちょうど自分が子供にかわって学校ヘ出席しても子供が教育を受けることができないのと同様、私たちも他人にかわって”生命の学校”ヘ出席することはできません。
And just as we cannot attend school for our children and expect them to receive an education, so we cannot attend the School of Life for another.

 

私たちは他人に援助や助言を与えることはできますが、絶対に自分の意志を相手に押しつけようとしてはなりません。
We can offer a helping hand or a guiding word, but at no time should be try to force our will upon him.

 

忘れてならないのは、他人は私たちがすでにマスターしたレッスンを学ぼうとしてもがいているかもしれませんが、彼はそれを自分自身でマスターする必要がある、ということです。
Remember, he may be struggling to learn the lessons we have already mastered, but he must master them himself.

 

あるわがままな子供の例をあげてみましょう。
Let us use the example of a wayward child.

 

その両親は規律を破る子供を矯正はしますが叱ったりはしません。
The parents will correct the child for a breach of discipline, but they do not condemn it.

 

成長するにつれて子供はしだいに善悪の区別がつくようになるものであることを両親は理解しているからです。
They understand that as the child grows, it will gradually learn right from wrong.

 

宇宙の中のあらゆる人類はレッスンを学ぶ子供のようなものです。そして、その資格で認められるべきです。
All human beings throughout the Cosmos, care children learning lessons ... and should be recognized as such.

 

イエスは次のように言ってこれを例証しました。「父よ、彼らをお許しください。
Jesus exemplified this when He said, "Father, forgive them;

 

彼らは自分たちが何をしているのかわからずにいるのです」
for they know not what they do."

 

もしこの法則に従うならば、宇宙語を用いるのに困難はないでしょう。
If this law is obeyed, we shall have no trouble in employing the Cosmic Language.

 


 


 


「(2)受け入れるべき想念波動」<< Prev | Next >>「超能力開発の練習法」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)